イメージ写真

JOURNAL

DIET

お腹だけ痩せないのはなぜ?タイプ別ぽっこりお腹の理由や解消方法

ダイエットで一番落としたいのはお腹のお肉なのに、体重が落ちてもお腹だけは全然痩せない…。
お腹痩せの難しさに悩んでいる方は、多いのではないでしょうか?
お腹のサイズダウンを狙う場合は、カラダ全体のダイエットとは少し違う視点が必要です。
今回はお腹が痩せないときに考えられる理由と、理由別の対策をご紹介します。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

お腹だけが痩せないのはなぜ?タイプ別に理由を紹介

お腹が痩せない理由の画像

ダイエットして体重はそれなりに落ちたのに、お腹だけはいまいち痩せていない。
それはお腹が太っている理由に対して正しい対策を取れていないからかもしれません。

お腹につく脂肪は内臓脂肪と皮下脂肪の2種類あり、それぞれ取るべき対策が違います。
さらにお腹がぽっこり出ている理由は脂肪が原因ではない場合も多いんです。

お腹ぽっこりの理由は色々

お腹痩せは、まずその原因を知ることから。
お腹ぽっこりのよくある理由には、以下のようなものがあります。

1.皮下脂肪タイプ

女性の場合多いのがこの皮下脂肪タイプです。
皮下脂肪とは筋肉と皮膚の間にある脂肪のこと。
いわゆる下半身太り、お腹からお尻、足にかけて全体的に脂肪が付いているケースも多く、指で厚みのある肉をつまむことができます。

2.内臓脂肪タイプ

どちらかというと女性より男性によく見られるのが内臓脂肪でお腹が出ているタイプです。
脂肪や糖質の多い食事を好む人に多く、全体的には痩せているのにお腹だけが張り出しているならこのタイプかもしれません。
皮下脂肪の場合は指で肉をつまむことができますが、内臓脂肪の場合はつまみにくい状態です。

3.便秘タイプ

便秘がちな人でいつもお腹がぽっこり出ている場合は脂肪ではなく便秘が原因のお腹太りかもしれません。
たんぱく質中心の食生活を送っている場合や糖質制限ダイエットをしている場合、生理前などは特に便秘になりがちです。

4.むくみタイプ

ウエストにくっきり洋服の跡がついてしまう、冷え性である、などの場合は水分の排出が出来ていないむくみが原因のお腹太りの可能性も。
カラダに水分を溜めやすくなる生理前には特に、お腹周りがきつくなることも多いとされています。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

原因別お腹痩せの方法

なんとなく自分のお腹が痩せない原因に心当たりが見つかったら、お腹痩せまであと少しです。
それぞれのタイプ別に、おすすめの対策をご紹介します。

1.内臓脂肪タイプは食事コントロールと有酸素運動

内臓脂肪は皮下脂肪に比べ、つきやすく落としやすいと言われています。
糖質と脂質を控えめにすることのほか、運動は水泳やランニングなどの有酸素運動が効果的
有酸素運動で脂肪を燃焼させるのをメインに筋トレも取り入れればより効率的にお腹の内臓脂肪を減らすことができます。

2.皮下脂肪タイプは筋トレメインで

内臓脂肪に比べると落としにくいのが皮下脂肪。
運動は筋肉量を増やして代謝を上げる筋トレを中心に行うのがおすすめです。
糖質や脂質を控えめにするのは内臓脂肪の対策と同じですが、筋肉を作るために必要なタンパク質まで減らしすぎないように注意が必要。
筋トレを習慣化して全身を引き締めていく地道な努力こそぷよっとしたお腹をなんとかする近道です。

3.便秘タイプは腸活

便秘でお腹がぽっこり出ている場合日常生活に腸活を取り入れましょう。
注意したいのが、腸活したつもりが逆効果になっているパターン。
不溶性食物繊維を大量に摂りすぎると逆に便秘になってしまうこともあるため、正しい腸活の方法で行うことが大切です。

腸活におすすめの食べ物・飲み物は?効果を引き出すポイントも

4.むくみタイプはマッサージ

むくみが原因でお腹がサイズアップしていそうな場合、全身の巡りを良くすることで水分の排出が促されます。
オイルやクリームを使ったマッサージはむくみ解消に有効な手段の一つですが、お腹だけを集中的にマッサージしても効果は薄いかもしれません。

全身の流れをよくするためには足元からマッサージを行うと、効率よく水分の排出が行われます
塩分を摂りすぎないことも大切ですが、摂りすぎてしまった場合はバナナやアボカドなどカリウム豊富な食べ物がおすすめです。

お腹が痩せない間違ったダイエット法とは?

ダイエットをこんなに頑張っているのに、お腹が痩せずぷよぷよのまま…なぜ?
それは間違った方法で頑張っているからかもしれません。

こんな方法でダイエットしていませんか?

1. 急激にハードな食事制限をする

ダイエットの定番でありながらリバウンドする可能性が大きく、痩せたいところはなかなか痩せないという危険なダイエットがハードな食事制限。

野菜しか食べない、や断食などの食事制限をすれば一時的に体重が落ちますが、それは主に水分が減ったもの。
続ければ痩せてはいきますが筋肉が落ちていき痩せにくいカラダになります。
またお腹の脂肪は残ったままというケースが多いのも特徴です。

2.糖質だけを制限する

糖質制限もダイエットの定番ですが、それだけ行っていてもお腹はなかなか痩せないかもしれません。
お腹の脂肪はカラダの中でも落としにくい部分。

糖質制限で体重が落ちてもお腹は太いまま、顔だけがげっそりした…なんてこともあります。
糖質を控えめにしながらも、軽い運動や便秘解消、マッサージも併用するのがおすすめです。

3.腹筋を頑張りすぎる

お腹痩せ=腹筋!と思っていませんか?実はこれも落とし穴があります。
ほかのダイエットを併用せずにお腹の筋トレのみを頑張ると、脂肪は残ったまま筋肉と重なりいわゆる「固太り」の状態になることも。

こうなってしまうとますます落とすのが大変になります。
筋トレは有効ですが、ほかのダイエットと併用するのが大切です。

それでもダメな場合はチャコールコーヒーでの置き換えがおすすめ

色々試してみたけど挫折してしまった、全然効果が出なかった…という場合、チャコールコーヒーでの置き換えがおすすめです。
体の余分なものを吸着して排出してくれるチャコール(炭)を配合したコーヒーなら、今まで置き換えダイエットで効果が出なかったという人でも成功することが多いよう。

普通のコーヒーよりも香ばしくて美味しい!とハマる人も多いチャコールコーヒー、試してみてはいかがでしょうか?

チャコールコーヒーの飲み方|飲むタイミングやダイエットの際に注意することは?

対策を併用してすっきりしたお腹に

ダイエットしてもなかなか痩せないお腹、実は一つではなく複合的な原因になっていることも多いもの。
「余分なものをため込まない生活を心がけながら、ワークアウトも習慣化する」といった対策の併用が実践できればベストです。
今すぐ取り入れられることを探しながら、すっきりしたお腹を目指しましょう。

コーヒーで置き換えダイエットできる?効果的なやり方を紹介

毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE

C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RELATED ARTICLES

この記事に関連する記事はこちら

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています