C COFFEE

イメージ写真

JOURNAL

DIET

太らないおやつでダイエットを楽しく!おすすめはこの3つ

美味しいコーヒーを用意して、ドーナツやケーキ、クッキー、アイスクリーム…
次々と新しいスイーツも登場するし、毎日のおやつタイムは欠かせない!という方も多いのでは?
ダイエット中だからといって幸せなおやつタイムを諦めるのは辛いもの。
今回はダイエット中でも毎日楽しめる、太りにくいおやつや太りにくい食べ方についてご紹介します。

目次

    1. ダイエット中でもおやつはOK?実は食べたほうが太らない場合も
    2. 太りにくいおやつ選びのポイントは?
    3. 太らないためにはおやつの時間帯も大切
    4. 糖質たっぷりのおやつが食べたいときの裏技
    5. 太りにくいおすすめおやつ
    6. 賢いおやつ選びで楽しくダイエットを

ダイエット中でもおやつはOK?実は食べたほうが太らない場合も

ダイエット=おやつは我慢というイメージがありますが、実はこれは間違い。
おやつを我慢して空腹感が強くなりすぎると、次の食事でついつい食べすぎてしまいます。
適度な満腹感を保てば食事の量もコントロールしやすくなるので、おやつを活用したほうがダイエットも成功しやすくなるというわけです。
とはいえどんなおやつでもOKというわけではないので注意が必要。
太りにくいおやつ選びのコツをご紹介していきます。

太りにくいおやつ選びのポイントは?

おやつを選ぶとき、最初に気を付けたいのがカロリーです。
ダイエットしているしていないに関わらず、一般的におやつ(間食)のカロリーは1日200キロカロリー以内におさめるのが理想と言われています。
しかしその範囲内ならどんな食べ物でもよいかというと、そうではありません。
太りにくいおやつは、以下のようなものがおすすめです。

糖質が低め

ダイエットの敵、糖質。
完全に糖質をカットするのもカラダに悪いけれど、ダイエット中は控えめにするに越したことはありません。
一般的におやつといえば甘いものが多く、それらには糖質がたっぷり含まれています。
甘さ控えめのものや、砂糖の代わりに糖質ゼロの甘味料が使われているものなどを選ぶのがベターです。
コンビニやスーパーに売られている食品の多くは成分表示がされているため、糖質10g以下のものを目安にすると摂りすぎを防げるかもしれません。

噛み応えがある

ダイエット中のおやつ選びで意識したいポイントの一つが噛み応えです。
プリンやアイスクリームといった柔らかいものより、お煎餅やナッツなどしっかりとした噛み応えがあるもののほうがおすすめ。
噛み応えのあるものは少量でも満足しやすく、あごや口元のエクササイズにもなります。

太らないためにはおやつの時間帯も大切

おやつといえば、イメージするのは午後の3時です。
午後3時までにおやつを食べれば、エネルギーとして使われるため太りにくいという説を効いたことがある方もいるかもしれません。
しかしあるポイントさえ押さえておけば、何時に食べてもOKなんです。
そのポイントとは「食後4時間あけること」。
朝食を7時に食べた場合は11時、ランチを12時に食べた場合は16時が目安です。
この時間帯に軽くおやつを食べることで、空腹になりすぎるのを防ぐことができます。

糖質たっぷりのおやつが食べたいときの裏技

糖質控えめだったり、噛み応えがあったりするものを少量だけ…。
いつもはそう心がけていても、たまには何も考えずに甘くてハイカロリーなおやつが食べたい日もあります。
そんな時は食物繊維と一緒に食べると、血糖値が上がりすぎるのを防ぐことができます。
食物繊維が配合されているコーヒーなどのドリンクを用意しておけば、急にケーキの差し入れが…なんていう時にも便利です。

太りにくいおすすめおやつ

ここからは太りにくいおやつでおすすめのものをご紹介します。
どれも身近なスーパーやコンビニで手に入りやすく、種類も豊富なので飽きにくいというメリットがあります。
ダイエット中の定番おやつにしてみてくださいね。

アーモンドやくるみなどのナッツ

アーモンドやくるみ、マカダミアナッツなどのナッツ類は糖質が低くビタミンなども豊富な、ダイエット中におすすめのおやつです。
油や塩分などを余計に取らなくて済む素焼きのものが理想的ですが、フレーバータイプでも少量食べるぶんには問題ありません。
最近は糖質ゼロの甘味料を使用した甘いナッツも登場しているので、おやつはやっぱり甘くないと!という場合はそういったものを選ぶのも手。
ついつい食べすぎてしまうという方は小袋に分かれているものをどうぞ。

ダークチョコレート

チョコレートは一見ダイエットには不向きに思えますが、ハイカカオタイプのダークチョコレートはダイエット中でもおすすめできるおやつです。
濃厚なダークチョコレートは少し食べるだけでも満足感があり、無糖のコーヒーや紅茶にもぴったり。
こちらも食べ過ぎないように個包装のものを1日に何個まで、と決めておくのが良さそうです。

フルーツ

甘さたっぷりのフルーツですが、果糖は比較的血糖値が上がりにくいといわれており食物繊維も豊富で太りにくいおやつです。
中でもキウイ、イチゴ、オレンジなどはビタミンCもたっぷりで積極的に摂りたいもの。
バナナやリンゴは食べ応えがありますがカロリーも高いため、食べる場合は半分程度にしたほうがよさそうです。

賢いおやつ選びで楽しくダイエットを

多忙な1日の中で貴重なリフレッシュタイムでもあるおやつの時間。
ダイエット中でも賢くおやつ選びをして、ストレスを溜めないようにしたいものです。
時にはダイエットを忘れてハイカロリーなスイーツを楽しむこともOK。
メリハリをつけてダイエット成功を目指しましょう。

ーーーーーーーーーー
毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE
C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。
すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。
毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています