C COFFEE

イメージ写真

JOURNAL

COFFEE

コーヒーのローストの違いを解説!自宅ではできる?

自宅でより本格的なコーヒーを楽しみたいなら、無視できないのがローストについてです。
プロ以外には難しい点も多いものですが、基本的な知識を身に付けておくとよりコーヒーを楽しめます。
この記事ではコーヒーローストの基本について紹介します。ぜひ、参考にしてみててください。

目次

  1. コーヒーのローストとは?
  2. コーヒーのローストの種類
  3. コーヒーのローストは自宅でできる?
  4. コーヒーのローストまとめ

コーヒーのローストとは?


コーヒーのローストとは、「コーヒー豆の焙煎」を指す言葉です。
コーヒー豆と言えば、茶色く香ばしい豆をイメージする方も多いことでしょう。

しかし、もともとコーヒー豆は、薄い緑色をしています。
それを炒って加熱することで、私たちがイメージする茶色のコーヒー豆に仕上がるというわけです。

では、なぜコーヒーはローストする必要があるのでしょうか?
ロースト前のコーヒー豆を細かくしてコーヒーを入れようとしても、味や香りが全く異なる飲み物になってしまいます。

残念ながら、決して「美味しい」とは言えないものです。
つまりコーヒー豆の焙煎は、コーヒーならではの味や香りを引き出すために、欠かせない作業なのです。

・香ばしさ
・独特の苦み
・爽やかな酸味

これらの味のポイントは、「コーヒー豆がどの程度の温度で、どのくらいの時間加熱されたのか?」によって決まります。

より具体的に説明すると、155℃前後で現れるのが、メイラード反応と呼ばれるものです。
コーヒー豆に含まれる糖とアミノ酸が反応し、茶色い色味や香ばしい香り、独特のうま味を生み出してくれます。

温度が180℃前後まで上昇すると、糖のみが反応するカラメル化という現象が発生します。
茶色い色味や香ばしい甘い香りを引き立てるほか、コーヒーに苦みをプラスしてくれます。

同じコーヒー豆を使っていても、ローストの種類によって全く異なる雰囲気になるのは、このためです。
だからこそ、好みのコーヒーに出会うためには、豆の違いだけではなく、ぜひローストにもこだわってみてください。

コーヒーのローストの種類


では、コーヒーのローストには、どのような種類があるのでしょうか?
ローストの種類は、全部で8つあります。
それぞれの特徴や違いについて、確認しましょう。

コーヒーのロースト①ライトロースト

コーヒーのローストは、大きく以下の3つに分けられます。

・浅炒り
・中煎り
・深煎り

浅炒りの中でも、もっとも焙煎時間が短いものを、ライトローストと言います。
豆の状態は、うっすらと色づいた段階で、コーヒーらしさはありません。

ライトローストの豆でコーヒーを入れてみると、コーヒーらしい香りやコクは、ほとんど感じられないでしょう。
一方で、各種成分が分解されて発生した酸味は強く感じられます。

コーヒーらしさよりも、フルーティーな味わいを楽しみたい方にはおすすめですが、一般的にはほとんど出回っていません。

コーヒーのロースト②シナモンロースト

ライトローストよりも、もう少しだけ焙煎が進んだものをシナモンローストと言います。
こちらも浅炒りの一種で、その名前のとおり、シナモン色の見た目をしています。

ライトローストよりもややコーヒーらしい雰囲気に近付きますが、まだまだ豆の青臭さや酸味が気になる状態です。
コーヒーの香りや味わいよりも、酸味の方が際立っています。

こちらのローストも、あまり一般的ではありません。
しかし、酸味の強いコーヒーが好きな方が、あえてシナモンローストを選ぶケースもあります。

焙煎が進んでいないため、ほとんど苦みが感じられない点も、シナモンローストの特徴と言えるでしょう。

コーヒーのロースト③ミディアムロースト

ここからは中煎りに分類されるローストです。
苦みと酸味のバランスが良く、またコーヒーらしい香りやコクもプラスされてきます。

コーヒーファンの中でも、支持率の高いローストだと言えるでしょう。

ミディアムローストの見た目は、薄い茶色です。
豆を挽いてコーヒーを入れてみれば、コーヒーらしい香ばしい香りを楽しめます。

一方で、ほのかな苦みとスッキリとした飲み口も特徴です。
カフェやレストランで提供されるアメリカンコーヒーは、ほとんどこのミディアムローストのコーヒー豆が使われています。

コーヒーのロースト④ハイロースト

ミディアムローストよりもさらに焙煎が進み、美しい茶色の状態になったものをハイローストと言います。
コーヒーの苦みや酸味、コクや甘さをバランスよく感じられる焙煎度で、初心者にも人気です。
口当たりはまろやかで、やや苦みを感じるものの、飲みづらさを感じるほどではありません。

バランスの取れた味わいで、スッキリ感も楽しめます。

お店で提供されるレギュラーコーヒーの中には、このハイローストの豆が使われるケースが多く見られます。
やや浅めではありますが、万人受けするコーヒーに仕上がるでしょう。

コーヒーのロースト⑤シティロースト

ハイローストよりもやや黒っぽい見た目をしているのが、シティローストです。
シティローストからは、深煎りに分類されます。

特に日本やアメリカなどで人気があり、一般的に親しまれている焙煎です。

お店で提供されるレギュラーコーヒーのほか、エスプレッソにも使われています。
苦みと酸味、そしてコーヒーならではの奥深さを、バランスよく楽しめるローストです。

コーヒーのロースト⑥フルシティロースト

シティローストよりも、さらに豆の色は黒くなります。
焙煎が進んだことで、コーヒーの香ばしい香りを存分に楽しめるでしょう。

酸味が少なくなる半面、苦みとコクが増していきます。
コーヒーならではの芳醇な香りを楽しめるため、コーヒー通にファンも多い焙煎です。

コーヒーのロースト⑦フレンチロースト

コーヒー豆の色は、ほぼ黒に近い焦げ茶になります。
フレンチローストの特徴は、豆の表面が油分でおおわれている点です。

ツヤツヤとした、美しい見た目を楽しめるでしょう。

フルシティローストよりもさらに苦みとコクが増すため、アレンジコーヒーのベースとして使われることが多いです。

たとえば、生クリームと合わせるウィンナコーヒーや、たっぷりのミルクと合わせるカフェオレは、フレンチローストがよく合います。

コーヒーのロースト⑧イタリアンロースト

コーヒーローストの種類の中で、もっとも焙煎が進んだものをイタリアンローストと言います。
まるで焦げているかのような黒い豆からは、香ばしくスモーキーな香りが漂ってくるでしょう。

苦みとコクが非常に強いため、ブラックのままで飲むのは難しいかもしれません。

もともとはカプチーノやエスプレッソなど、イタリア風アレンジのベースとして使われていたことが、名前の由来です。

ただし近年のエスプレッソは、もう少し浅炒りの豆が使われるケースも多いようです。

コーヒーのローストは自宅でできる?


日本では焙煎済みのコーヒー豆を店で購入するスタイルが一般的ですが、必要な道具さえそろっていれば、自宅でローストすることも可能です。

コーヒーのローストに欠かせないのは、コーヒーロースターと生のコーヒー豆。
コーヒーロースターは、安いものであれば1,000円程度からでも購入可能です。

また、生のコーヒー豆も、比較的安価に購入できます。

必要なアイテムとロースト時のポイントなどは、こちらの記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

コーヒーのローストまとめ


今回は、コーヒーのローストについて基本的な情報をまとめました。
好みのローストを知り、店で購入するのも良いですが、自分自身の手で挑戦してみるのもおすすめです。

一般的に、コーヒーとして親しみやすいのはハイローストやシティローストですが、場合によっては別のローストを選んでみるのも良いでしょう。

・今日はスッキリ楽しみたいからミディアムローストで
・気分を変えてフレンチローストでウィンナコーヒーにしよう

このように、コーヒーの楽しみ方もさらに広がることでしょう。

ーーーーーーーーーー
毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE
C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。
すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。
毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています