イメージ写真

JOURNAL

COFFEE

コーヒーのリラックス効果を解説!一番効果がある豆は?

「コーヒーを飲むと、何となく気持ちが落ち着く」と感じる方も多いのではないでしょうか。
それは決して気のせいではありません。
実際コーヒーには、人の心をリラックスさせる成分が含まれているんです。
この記事ではコーヒーを飲むとなぜ落ち着くのか、リラックス成分に注目して解説します。
リラックス効果をさらに高めるためのコツも紹介するのでぜひ参考にしてみてくださいね。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

コーヒーはなぜ落ち着く?リラックス効果を生む二つの成分

「コーヒーを飲むとリラックスできる」と感じる理由は、コーヒーに含まれる成分にあります。
まずはリラックス効果をもたらす、2つの成分について解説します。

コーヒーのリラックス効果①カフェインによるもの

コーヒーに含まれる成分と言えば、カフェインを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
カフェインには、人の心を解きほぐし、リラックスさせる効果があると言われています。

ある大学で行われた実験によると、ストレスを与えられたあとにカフェインを摂取させたラットには、ストレスを大きく軽減させる効果が認められました
生理食塩水を使った場合のストレス反応の減少は約15%、コーヒーの場合は63%、カフェインでは66%にも上ったというのです。
すべてを比較した場合の差は明らかであり、カフェインのリラックス効果の根拠と言えるでしょう。(※1)

コーヒーのリラックス効果②香りによるもの

コーヒーのリラックス効果を語る上で、もう一つ忘れてはいけないのが、香りによる影響です。
コーヒーの香りをかいだとき、人間の脳内ではα波が放出されます
このα波とは、人間がリラックスしているときに出される脳波で、コーヒーの香りはそのきっかけになることがわかっています。

人間の脳にα波を放出させる香りは数多くありますが、コーヒーの香りが持つパワーは非常に大きいと言われています。
心地よい香りは、身も心も癒してくれるということなのでしょう。

コーヒーのリラックス効果をもっと高める方法

コーヒーのリラックス効果を高める画像

心身共にリラックスすることを目的にコーヒーを飲むなら、ぜひ以下の3つの方法を意識してみてください。
コーヒーならではのリラックス効果を、さらに高められること間違いなしです。

リラックス効果の高い豆を選ぶ

ひと言でコーヒーと言っても、その性質は豆の種類によってさまざまです。
コーヒーにリラックス効果が期待できる理由の一つは「香り」ですが、豆の種類によって、その香りも大きく異なります。

過去に行われた実験では、コーヒー豆の種類によって、放出されるα波の量には大きな差があることがわかっています。

・ブラジルサントス
・グアテマラ
・ブルーマウンテン
・モカマタリ
・マンデリン
・ハワイコナ

これら6種類のコーヒー豆の中で、もっとも多くのα波を放出させたのは、グアテマラとブルーマウンテンでした。

一方で、ハワイコナやマンデリンの香りをかいでも、あまりα波は放出されないことがわかっています。(※2)

リラックス効果を求めるなら、グアテマラやブルーマウンテンといった種類を選択するのがおすすめです。

リラックス効果の高い焙煎度を選ぶ

コーヒーのリラックス効果をさらに高めたいなら、焙煎度は「深煎り」がおすすめ
深煎りにすると、コーヒー豆からはより香ばしく、深い香りが漂うようになります。

ちなみに、リラックスではなく集中力を求める場合には、「中煎り」を選択するのがおすすめです。
香りの効果を頭に入れた上で、ぜひ場面に応じて使い分けてみてください。

コーヒーを飲む環境を整える

身も心もリラックスするためには、コーヒーを飲む環境も重要なポイントです。
どれだけ効果の高いコーヒーを用意しても、忙しない気分や状況の中では、リラックスするのは難しくなるかもしれません。

リラックス効果を実感するためには、仕事や勉強、家事などで一息ついた瞬間に、お気に入りの空間でコーヒーを楽しむのが一番です。
仕事が片付かないときは、デスクから離れ、ソファに腰かけるだけでも効果が期待できますよ。
香りや味をじっくりと楽しむための、心の余裕も大切にしてみてくださいね。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

デカフェやカフェインレスコーヒーでもリラックス効果はある?

近年流行中しているのが、カフェイン量が少ないデカフェやカフェインレスコーヒーです。
妊娠中や授乳中、夜遅くでもカフェインを気にせず摂取できる人気のドリンクですが、リラックス効果は期待できるのでしょうか?

デカフェやカフェインレスコーヒーを選んだ場合、当然ながらカフェインによるリラックス効果は弱まります。
一方で、香りによるリラックス効果は十分に期待できます

また、「コーヒーを飲みたいのにカフェインのせいで飲めない」となると、ストレスを抱えてしまいがちです。
デカフェやカフェインレスコーヒーを上手に取り入れ、ストレス解消につなげることで、リラックス効果も期待できそうですね。

コーヒーのリラックス効果まとめ

コーヒーを飲むと何となく心が落ち着くのは、気のせいではありません。
「なぜ?」と疑問に感じる方も多いでしょうが、コーヒーに含まれるリラックス成分が、心と体を解きほぐしてくれているのです。
より高いリラックス効果を期待するなら、豆の種類や焙煎度、飲むシチュエーションにもこだわってみてください。
自分なりの「リラックスコーヒー」を見つけてみてはいかがでしょうか?

コーヒーの効果は?ダイエットや肌への影響も解説

※1
ラットにおける拘束ストレスに伴う神経伝達物質放出に対するコーヒーの抑制作用(日本栄養・食糧学会誌)
※2
Journal of International Society of Life Information Science

毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE

C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RELATED ARTICLES

この記事に関連する記事はこちら

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています