C COFFEE

イメージ写真

JOURNAL

COFFEE

コーヒーの効果は?ダイエットや肌への影響も解説

健康面や美容面で、嬉しい効果が期待できると言われているのがコーヒーです。
近年は、コーヒーダイエットでも注目を集めています。

このコラムでは、コーヒーを飲むことによって得られるメリットについて紹介しています。
ぜひ、コーヒーを飲みながらチェックしてみてください。
気になるデメリットについても、併せて解説していきます。

目次

  1. コーヒーの効果と言われているものはこんなにある
  2. コーヒーは肌やダイエットに効果はある?
  3. コーヒーの効果にデメリットはある?
  4. まとめ

コーヒーの効果と言われているものはこんなにある


コーヒーには、さまざまな成分が含まれています。
それぞれの成分別に、期待される効果についてまとめていきましょう。

コーヒーの効果①眠気覚まし(カフェイン)

コーヒーに含まれる成分と言えば、カフェインをイメージする方も多いのではないでしょうか。
カフェインを含む飲料にはさまざまな種類がありますが、コーヒーは特に多くのカフェインを含んでいる飲料として知られています。

つまり、カフェインの効果を実感しやすい飲み物だと言えるでしょう。

カフェインに期待される効果として有名なのは、覚醒効果です。
人間の脳内で眠気を作り出すのは、「アデノシン」という物質ですが、カフェインにはこの物質をブロックする働きがあるとされています。

カフェインを摂取することで、頭をスッキリさせられるでしょう。

・仕事に集中したいとき
・やらなくてはならないことがあるのに、眠くてその気になれないとき
・朝起きて、なかなか行動できないとき

このような場面でコーヒーを飲めば、カフェインパワーを実感しやすいはずです。

コーヒーの効果②代謝アップ(クロロゲン酸)

コーヒーに含まれるクロロゲン酸には、飲んだ人の代謝を高める効果があるとされています。

クロロゲン酸とは、コーヒーの色や香りのもととなっている物質で、ポリフェノールの一種。
体内で脂肪の分解を促進して、体に脂肪が蓄積するのを防いでくれると言われています。

脂肪燃焼&代謝アップの効果は、実はカフェインにも期待できるものです。
両方を含むコーヒーなら、ダブルの効果が期待できるのではと、注目されているのです。

コーヒーの効果③リラックス

コーヒーの香りは、人を心地よい気分にさせてくれます。
コーヒーを飲まなくても、その匂いを楽しむだけで、気持ちをリラックスさせてくれることもわかってきています。

コーヒーの香りをかいだとき、人の脳内にはアルファ波が放出されると言われています。
アルファ波とは、人が心からリラックスできたときに出される脳波です。

香りだけで効果が期待できるため、コーヒーの味や苦みが苦手な方でも、効果が期待できるでしょう。

コーヒーは肌やダイエットに効果はある?


近年、コーヒーを摂取することによる、ダイエット効果や美容効果が注目されています。

女性に嬉しい効果について、わかりやすく解説しましょう。

コーヒーの肌への効果

コーヒーに含まれるクロロゲン酸は、抗酸化作用を持つポリフェノールの一種です。

抗酸化作用はさまざまな部分に良い影響を与えてくれますが、美容面でも効果が期待されています。

・シミの予防
・しわの改善
・毛穴を目立たなくする

加齢と共に、肌に関するお悩みを抱える方は少なくありません。
コーヒーを飲めば、体の内側からケアできるかもしれません。

一説には、普段から1日2杯以上のコーヒーを飲んでいる人は、飲んでいない人と比較して、シミができにくいとも言われています。

コーヒーのダイエット面での効果

ダイエット面では、カフェインやクロロゲン酸による、脂肪燃焼が期待できると言われています。

カロリーが低いコーヒーは、置き換えダイエットにも適しています。
摂取カロリーを減らしつつ、脂肪燃焼効果を高められるとしたら、非常に効率の良いダイエットが可能です。

コーヒーの効果にデメリットはある?


メリットも多いコーヒーですが、実はデメリットも存在しています。
2つ紹介するので、事前に頭に入れておきましょう。

カフェインは摂りすぎるとデメリットも

コーヒーに含まれるカフェインは、過剰摂取に注意したい物質の一つです。
多くのメリットを感じられる一方で、摂取し過ぎると、以下のような悪影響をもたらす可能性があります。

・覚醒作用により、寝つきが悪くなる
・カフェイン中毒になる恐れがある
・(妊娠中)胎児の成長障害につながる可能性がある

カフェインのデメリットを最小限にするため、欧米各国では、すでに一日当たりのカフェイン摂取量の上限が示されています。

カフェインによる影響をどの程度受けるのかには、個人差がありますが、摂取し過ぎには注意しましょう。

コーヒーのステインは着色する恐れも

コーヒーを飲むと、歯の表面にステインと呼ばれる汚れが付着することがあります。

ステインによる着色汚れは、簡単に落ちないことでも知られています。

コーヒーを飲んだ後はできるだけ早く歯磨きをしたり、難しいときには水を飲んだりすることで、汚れ予防につながります。

まとめ


コーヒーを積極的に飲むと、さまざまなメリットを期待できると言われています。
眠気覚ましやリラックス効果は、よく知られた効果です。

これらに加えてダイエット効果や美肌効果まで期待できるとしたら、「これまで以上に積極的に飲みたい!」と思う方も多いはずです。

とはいえ、コーヒーを飲み過ぎると、カフェイン中毒やステイン汚れなど、予想外のデメリットが生じてしまう可能性もあります。

1日2~3杯を目安に、適度に取り入れていくのがおすすめです。
コーヒーがもたらす効果を、より良い形で活用していきましょう。

ーーーーーーーーーー
毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE
C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。
すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。
毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています