イメージ写真

JOURNAL

COFFEE

コーヒーの効果・メリットとは?適切な摂取量もご紹介

眠気覚ましや香りによるリラックスなど、コーヒーの効果で思いつくものは色々。
でも、よく知られているもの以外にも意外な効果があるのをご存知ですか?
この記事では毎日コーヒーを飲むコーヒー好きにとっては気になるコーヒーの効果について、目的や場面別にご紹介します。
ぜひコーヒーを飲みながらチェックしてみてくださいね。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

コーヒーの効果・メリットって何?

コーヒーの効果で誰もが思いつくのが、眠くなったときにすっきりさせる「眠気覚まし」とコーヒーの香りによる「リラックス効果」ではないでしょうか。
でもそれ以外にも嬉しい効果やメリットが沢山あるんです
コーヒーの効果とメリット、いくつ知っていましたか?

コーヒーの効果①眠気覚まし(カフェイン)

コーヒーに含まれる成分と言えば、カフェインをイメージする方も多いかもしれません。
カフェインを含む飲み物や食べ物は多いけれど、中でもコーヒーは特に多くのカフェインを含んでいる飲料として知られています。

このカフェインに期待される効果として有名なのは、覚醒効果です。
人間の脳内で眠気を作り出すのは、「アデノシン」という物質ですが、カフェインにはこの物質をブロックする働きがあるとされています。

カフェインを多く含むコーヒーを飲むことで、スッキリするのはこのためです。

コーヒーの効果②リラックス

コーヒーの香りは、人を心地よい気分にさせてくれます。
カフェに入った瞬間に漂うコーヒーの香りにほっとしたことがある人もいるのではないでしょうか?
それもそのはずで、コーヒーを飲まなくても、その香りを楽しむだけで気持ちをリラックスさせてくれるという研究結果が出ているんです。

コーヒーの香りを感じると人の脳内には人が心からリラックスした時に出る脳波「アルファ波」が放出されると言われています。

仕事の合間などにリラックスしたいときには嬉しい効果です。

コーヒーの効果③美肌

コーヒーにはクロロゲン酸という成分が多く含まれていますが、これは抗酸化作用を持つポリフェノールの一種です。

抗酸化作用はアンチエイジングを気にする人にはお馴染みの効果。
例えばこんな効果が期待できると言われています。

  • シミ予防
  • しわの改善
  • 毛穴を目立たなくする

一説には、普段から1日2杯以上のコーヒーを飲んでいる人は、飲んでいない人と比較して、シミができにくいとも言われています。
スキンケアだけでなくコーヒーを飲むことで肌や老化のケアができるなら、これ以上嬉しいことはないですよね。

コーヒーの効果④ダイエット

ダイエット面でも実はコーヒーには効果が期待されています。
コーヒーはカロリーがほとんどなく、ダイエット中にはぴったりの飲み物ですが、カロリーが低いだけでなく燃焼をサポートする効果もあると言われているんです。

その理由はカフェインとクロロゲン酸。
二つとも燃焼運動をサポートしてくれる効果が期待されている成分なので、トレーニング前や後に飲めばさらにダイエットを加速してくれるかもしれません。

コーヒーで置き換えダイエットできる?効果的なやり方を紹介

コーヒーの効果⑤さまざまな健康効果も

上に挙げたもの以外にも、コーヒーにはさまざまな健康効果があると言われています。
コーヒーを毎日飲む人は大腸がんになりにくいという研究結果もあるとか。

毎日飲むコーヒーで健康を維持できるなら、嬉しいですよね。

コーヒーの効果にデメリットはある?

メリットも多いコーヒーですが、実はデメリットも存在しています。
それほど神経質になることはありませんが、念のためチェックしておきましょう。

コーヒーのデメリット①カフェインは摂りすぎると逆効果

コーヒーに含まれるカフェインは、過剰摂取に注意したい物質の一つです。
多くのメリットを感じられる一方で、摂取し過ぎると、以下のような悪影響をもたらす可能性が指摘されています。

  • 眠りが浅くなったり寝つきが悪くなる
  • カフェイン依存症になる

カフェインのデメリットを最小限にするため、欧米各国では一日当たりのカフェイン摂取量の上限が示されています。

カフェインによる影響をどの程度受けるのかには、個人差がありますが、摂取し過ぎには注意しましょう。

コーヒーのデメリット②ステインが着色する恐れも

コーヒーを飲むと、歯の表面にステインと呼ばれる汚れが付着することがあります。

ステインによる着色汚れは日常的なケアで落とすことができますが、蓄積すれば歯科医院でのクリーニングが必要になってきます。

コーヒーを飲んだ後はできるだけ早く歯磨きをしたり、難しいときには水を飲んだりすることで、汚れ予防につながります。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

コーヒーの適切な摂取量はどれくらい?

美容や健康に嬉しい効果が沢山のコーヒーですが、飲みすぎるとデメリットがある場合も。
コーヒーの1日の摂取量は2~5杯程度と言われています。

水の代わりに沢山飲むのではなく、朝やランチ後、リラックスタイムに、などコーヒーを楽しむ時間を決めておくのがおすすめです。

コーヒーは1日何杯までOK?飲みすぎに注意!

大好きなコーヒーでボディメイクするならチャコールコーヒーがおすすめ

毎日を幸せな気分にしてくれるコーヒーでダイエットをサポートできたり、ボディメイクできるなら嬉しいもの。
体の余分なものを吸着して排出してくれるチャコール(炭)を配合したチャコールコーヒーを選べば、毎日のコーヒー時間が綺麗を作る時間に変わります。

体重や体型が気になるという人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

チャコールコーヒーの飲み方|飲むタイミングやダイエットの際に注意することは?

まとめ

コーヒーを積極的に飲むと、さまざまなメリットを期待できると言われています。
眠気覚ましやリラックス効果は、よく知られた効果です。
これらに加えてダイエット効果や美肌効果まで期待できるとしたら、「これまで以上に積極的に飲みたい!」と思う方も多いはずです。

とはいえ、コーヒーを飲み過ぎると、カフェイン中毒やステイン汚れなど、予想外のデメリットが生じてしまう可能性もあります。

1日2~3杯を目安に、適度に取り入れていくのがおすすめです。
コーヒーがもたらす効果をフル活用して美味しくスマートな生活を送ってくださいね。

毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE

C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RELATED ARTICLES

この記事に関連する記事はこちら

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています