イメージ写真

JOURNAL

COFFEE

デカフェコーヒーとカフェインレスは同じ?おすすめの使い分け方も

コーヒーは大好きだけど、カフェインの摂取がちょっと気になるというときは誰にでもあるもの。
夕方以降の時間帯や妊娠・授乳中、あるいは胃の調子が少し悪いときなど、カフェインの刺激を気にせずにコーヒーを飲めれば嬉しいですよね。

今回はカフェインを取りたくないときに便利な「デカフェ」「カフェインレス」コーヒーについて解説します。
この二つの違いや、どんな時におすすめなのか、気になる味など、ぜひチェックしてみてくださいね。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

デカフェコーヒーって何?カフェインレスやノンカフェインとの違い

まずは、デカフェコーヒーとは何なのか?の基礎知識を抑えておきましょう。
カフェインレスやノンカフェインなど、同じような意味で使われる言葉との違いについても解説します。

デカフェコーヒーとは

デカフェとは、もともとカフェインを含んでいる飲み物や食べ物から、何らかの方法でカフェインを取り除いたものを指します。
デカフェとは、英単語の「decaffeinated」を省略したもので、「カフェインを取り除いた」という意味があります。

コーヒーなどのカフェインを含む飲み物は、眠気を覚ましてくれたり集中力をアップしてくれたりとメリットも豊富ですが、以下のようなデメリットも考えられます。

  • 取りすぎは胃などの消化器官に負担をかける
  • 妊娠中や授乳中の摂取に注意が必要
  • 寝る前に取ると寝付けなくなる場合がある

一般的なコーヒーからカフェインを取り除いたデカフェコーヒーなら、こうしたデメリットを気にすることなく、いつでも好きなときに楽しめます。
「コーヒーの味や香りは好きだけど、カフェインはちょっと…」という方を中心に、人気を高めているのがデカフェコーヒーなのです。

ちなみにデカフェコーヒーは、一般的なコーヒーよりも苦みが少なく、マイルドな口当たりになります。
味の奥行きやコクは若干減少するものの、「普通のコーヒーよりもすっきりしていて飲みやすい」と感じる人も少なくありません。

ただし「本来含まれているものを、何らかの方法で除去する」という特性上、カフェインを完全にゼロにするのは難しいと考えられています。
デカフェと言っても、100%カフェインが取り除かれているわけではないという点は頭に入れておいてください。

カフェインレスコーヒーとは

カフェインレスコーヒーは、デカフェのようにあとからカフェインを取り除くのではなく、最初から含有量が少ないコーヒーを意味します。
カフェインレスコーヒーの場合も、完全にカフェインがゼロというわけではないので、注意しましょう。
カフェインの含有率が0.1%以下であれば、カフェインレスコーヒーを名乗れます。

ノンカフェインコーヒーとは

ノンカフェインコーヒーは、最初からまったくカフェインが含まれていないコーヒーを意味しています。
デカフェやカフェインレスとは違って、こちらの場合は完全にカフェインゼロです。
同じようなものに思えても、それぞれカフェインが含まれている量は異なることを知っておくと選ぶときに便利です。

デカフェコーヒーは体に悪いという噂の理由

デカフェは体に悪いの画像

デカフェコーヒーが体に悪いと言われる理由は、カフェインを取り除くための方法にあります。
コーヒーからカフェインを取り除く方法は主に以下の3つ。

  • 有機溶剤を使う方法
  • 超臨界二酸化炭素を使う方法
  • 水を使う方法

どの方法も安全性が確立されており、「デカフェコーヒーが体に悪い」という事実はありません
ただ、有機溶剤などの薬品を使って作られたものはちょっと抵抗があるという人もいるかもしれません。
このような場合、水を使ってカフェインを除去するデカフェを選ぶのがおすすめです。
スイスウォーター社が特許を取得した安全性の高い技術で、対象のデカフェには「スイスウォータープロセス」と記載されています。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

デカフェやカフェインレスコーヒーのカフェイン量は?

デカフェやカフェインレスコーヒーには、ごく少量とはいえ、カフェインが含まれています。
いったいどの程度なのか、気になる方もいるのではないでしょうか?

カフェインレスコーヒーについては、先ほどもお伝えしたとおり、0.1%以下です。
この0.1%という数字は、カフェインレスコーヒーを名乗るための最大値ですから、もちろんこれより少ないケースも多くあります。

一方でデカフェの場合、カフェイン含有率が0.2%~0.3%以下の商品が多いようです。
ただし日本には、デカフェのカフェイン含有率に関する、明確なルールは存在していません。
商品によっても異なるという点を、頭に入れておきましょう。

デカフェコーヒーを飲むのにおすすめの場面

デカフェおすすめの画像

カフェイン含有率が低いデカフェコーヒーは、生活の様々なシーンを彩ってくれます。
たとえばこんな時に楽しんでみてはいかがでしょう?

夕方以降~寝る前のコーヒータイムに

夕方以降に一般的なコーヒーを飲むと、カフェイン効果で睡眠の質が下がってしまう恐れがあります。
しかしデカフェコーヒーなら、夕食後やお風呂上りのリラックスタイムでも安心。
コーヒーの香りでリラックスすれば、さらによい眠りにつけそうです。

妊娠中や授乳中に

カフェイン摂取量が気になる妊娠中や授乳中にも、デカフェコーヒーはおすすめです。
疲れやイライラが溜まりやすい時期だからこそ、自分の好きなタイミングでコーヒーブレイクを楽しんでみてください。

カフェインを摂りすぎた日に

近年、注目を集めているのがカフェインの過剰摂取です。
コーヒー党の方々の中には、「飲みたいけれどカフェインの摂りすぎが心配…」という方もいるでしょう。
「今日は少し摂取し過ぎている」と感じるときにも、デカフェコーヒーなら安心して飲めるはずです。

デカフェコーヒーのまとめ

カフェインを取りたくないさまざまなタイミングで活躍してくれる、デカフェコーヒー。
カフェインレスやノンカフェインとの違いも理解した上で、使い分けることができればさらに安心です。
コーヒーの味や香りはしっかり楽しめるデカフェコーヒーを活用して、ヘルシーなコーヒーライフを楽しんでくださいね。

コーヒーで置き換えダイエットできる?効果的なやり方を紹介

毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE

C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RELATED ARTICLES

この記事に関連する記事はこちら

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています