イメージ写真

JOURNAL

COFFEE

パーコレーターで淹れるコーヒーはまずい?使い方や仕組みも紹介

アウトドア人気の上昇とともに、注目されているのが「パーコレーター」。
アウトドアでも簡単にコーヒーを淹れられるこのアイテム、見た目も可愛く気になっている人も多いのではないでしょうか?
とはいえ気になるのは味。

「パーコレーターで入れたコーヒーはまずい」という噂もありますが…
この記事ではパーコレーターの基礎知識や、味の違いなどをご紹介します。
これからパーコレーターを買おうと思っている人はぜひ読んでみてくださいね。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

パーコレーターとはコーヒー抽出器具の一つ

パーコレーターとは、19世紀ごろにフランスで生まれたコーヒー抽出器具です。
とにかく手軽に、そして簡単にコーヒーを淹れられる」という点で、パーコレーターはその他の抽出器具とは異なっていました。
この特徴を活かし、アメリカ西部開拓時代に、一気に普及していきます。

パーコレーターの特徴は、やかんのように直接火にかけるだけで、コーヒーを抽出できるという点です。
ペーパードリップやネルドリップのように、コーヒーをろ過するためのアイテムを用意する必要はありません。
またサイフォンやエスプレッソのように、専用のマシンを用意する必要もないのです。

  • とにかく手軽にコーヒーを淹れたい
  • コーヒーを淹れるために色々準備するのは面倒

こんな人には、パーコレーターはぴったりの抽出器具と言えるでしょう。

パーコレーターの仕組み

パーコレーターでコーヒーを淹れられる理由は、蒸気圧です。
直火で温められたお湯が水蒸気になり、内部の圧力が高まることでコーヒーを抽出できる仕組みです。

パーコレーターを構成する部品は、主に以下の3つ。

  1. ふたつきポケット
  2. バスケット
  3. パイプ

このうち、バスケットとパイプを組み合わせたものをストレーナーと言います。
ポット下部で温められたお湯が、パイプを通ってバスケットに運ばれ、バスケット内に設置されたコーヒー豆にかかります。
抽出されたコーヒーはポット下部へと再度落ち、ぐるぐると循環することで、次第に濃くなる仕組みです。

パーコレーターはアウトドアに便利

パーコレーターとアウトドアの画像

アイテム一つでコーヒーを楽しめるパーコレーターは、近年アウトドアシーンで人気を高めています。
キャンプの朝に入れたてのコーヒーがあれば、最高ですよね。
とはいえ、十分な設備が整っていない外の世界で、沢山道具を使い手間のかかる作業をするのは難しいもの。

もともとパーコレーターが広まったのも、アメリカ西部開拓時代がきっかけでした。
「家の中でゆったりとコーヒーを抽出して楽しむ」というよりは、「家の外の限られた環境においてもコーヒーを楽しみたい」という欲求に応えるための商品と言えます。

コーヒー抽出機器のバリエーションも豊富な今、パーコレーターを探すならアウトドアグッズ売り場に足を向けてみるのがおすすめです。

シンプルでありながら、デザイン性にもこだわったオシャレなアイテムを多数見つけられるはずです。

パーコレーターで淹れるコーヒーの味は?

ここまで紹介してきたとおり、パーコレーターの魅力はこれ一つでコーヒーを淹れられるという点です。
一方で、パーコレーターの弱点として挙げられやすいのは、やはり「コーヒーの味」でしょう。
「パーコレーターで淹れたコーヒーはまずい」という意見を目にすることもありますが、本当のところはどうなのでしょうか?

気になる点を解説していきます。

パーコレーターのコーヒーはアメリカン好きに最適

アメリカンコーヒーの画像

パーコレーターで淹れたコーヒーがまずいと言われる理由は主に2つありますが、その一つは、「味が薄くなりやすい」という点です。

その仕組みからもわかるとおり、パーコレーターの場合「パイプを通って供給されたお湯を、豆に振りかけてコーヒーを抽出する」というスタイルになります。

つまり、お湯がコーヒー豆に接している時間が圧倒的に短いのです。

ドリップ式の場合、コーヒー豆はお湯にしっかりと浸り、少しずつ下に落ちていきます。
パーコレーターで淹れる場合と比較すれば、その差は歴然。

もちろん、パーコレーターでコーヒーを淹れる場合も、抽出時間を長くすればその分濃いコーヒーに仕上がります。
とはいえお湯を沸騰させる時間が長くなればなるほど、雑味や苦みが目立ってしまう可能性があります。
ちょうど良いあんばいで抽出をストップさせようとすれば、コーヒーそのものは「薄めの味わい」に仕上がるはずです。

パーコレーターで淹れたコーヒーの味が賛否両論なのは、コーヒーの濃さの好みは人それぞれで異なっていることも関係しているのでしょう。

もともとアメリカンコーヒーが好きな方にとっては、パーコレーターで入れたコーヒーはむしろ美味しく感じるはずです。

コーヒーの粉が混ざり粉っぽくなることも

コーヒーがまずいと感じてしまうもう一つの理由は、細かなコーヒー粉が、抽出後のコーヒーに混ざってしまう点です。
パーコレーターの部品の一つであるバスケットには、底部に小さな穴が開けられています。
この穴を通じて、お湯がポット下部へと落ちる仕組みになっていますが、細かな粉はお湯と一緒に落ちてしまうのです。
抽出時間が長くなればなるほど、粉っぽさを感じるリスクは高まります。

フィルターをセットしてコーヒーを抽出した場合、コーヒーに粉が混ざることはほとんどありません。
そのためパーコレーターに慣れていないと、「舌触りが悪くまずいコーヒー」と感じてしまうかもしれません。

コーヒープレスの特徴は?ドリップとの違いや欠点も紹介

サイフォンコーヒーの特徴は?必要な器具や入れ方を紹介

毎日のコーヒーで理想の身体へ

パーコレーターでコーヒーを淹れる方法

パーコレーターを使ってコーヒーを淹れる方法は、至ってシンプルです。
以下の手順を参考にしてみてください。

【用意するもの】

  • 水 160ml
  • コーヒー豆 16グラム程度

【コーヒーの淹れ方】

  1. バスケットにコーヒー豆を入れ、中ぶたをかぶせる
  2. ポットでお湯を沸かす
  3. お湯が沸騰したタイミングでいったん火を止め、ポット内にバスケットを設置する
  4. 弱火にかけて、4分ほど抽出する
  5. 抽出液が濃くなったら火を止め、直接カップに注いでできあがり

パーコレーターのふたのつまみ部分は、内部が見えるように作られています。
抽出液が濃くなっているかどうかは、この部分から覗いて確認しましょう。

パーコレーターでコーヒーを淹れるときのコツ

パーコレーターで入れるコーヒーの画像

パーコレーターでコーヒーを淹れるときは、こんなことに気を付けてみてください。

  • コーヒー豆は「浅炒り・粗挽き・多め」がおすすめ
  • 濃くしたくても抽出時間は長くし過ぎない
  • 途中でポットのふたを開けない
  • 火からおろしたあと、カップに注ぐ前に1分ほど待つ

パーコレーターで旨味を引き出しやすいのは、浅炒りのコーヒー豆です。
粗挽きにして、バスケットの底から落ちるのを防ぎましょう。

豆を粗く挽く分、コーヒー豆の適正量は普通よりもやや多めです。
しっかりと計量して過不足がないよう調整しましょう。
抽出時間を長くすれば、苦みや雑味が増えますから、4分以内におさめることもコツの一つです。
きちんと抽出されているかどうか、途中でふたを開けて確かめたくなりますが、ぐっと我慢してください。
ふたは開けずに、上部から覗いて確認するのがベストです。

コーヒーを淹れたあと、少し時間をおくのは豆のかけらを沈殿させるためです。
上澄みだけをそっと注げば、舌触りの良いコーヒーに近づきますよ。

パーコレーターを選ぶときのポイント

これからパーコレーターを買うなら、ぜひ以下の2つのポイントを意識して選んでみてください。

パーコレーターで何杯分入れたいかを考える

パーコレーターは、3カップほどの小さなものから8カップ以上の大型タイプまで、サイズのバリエーションが豊富です。
小さいタイプを選べば、持ち運びにも便利になります。
容量からベストなタイプを選択してみてください。

パーコレーターを自宅でも使うかを考える

もう一点、忘れてはいけないのが自宅で使う可能性についてです。
アウトドアでのみ使用する場合は、直火に強いステンレス製を選択すると良いでしょう。
軽くて持ち運びがしやすいだけではなく、メンテナンスも簡単なので初心者にも安心です。

一方で、自宅のIHキッチンでも使用したいという場合には、IH対応タイプを選択してください。

パーコレーターでコーヒーを淹れるまとめ

パーコレーターは、キャンプシーンでも人気のコーヒー抽出器具です。
「味がまずい」という口コミもありますが、その仕組みや特徴を知った上で正しく使えば、十分に美味しいコーヒーを淹れられるでしょう。

少ないアイテムで、とにかく手軽にコーヒーを淹れられる点がパーコレーターの魅力です。
今回紹介した情報も参考にして、より幅広いシーンでコーヒーを楽しんでみてください。

コーヒーで置き換えダイエットできる?効果的なやり方を紹介

毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE

C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RELATED ARTICLES

この記事に関連する記事はこちら

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています