C COFFEE

イメージ写真

JOURNAL

COFFEE

コーヒープレスの特徴は?ドリップとの違いや欠点も紹介

コーヒーをより手軽に楽しめる道具として、親しまれているのがコーヒープレスです。
「初心者におすすめ」と言われることも多いコーヒープレスですが、具体的にどのような特徴を持っているのでしょうか。

コーヒープレスの種類や特徴、ドリップとの違いについて解説します。
コーヒー初心者の方向けに、使い方や向いている豆についても紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. コーヒープレスとはどんな道具?
  2. コーヒープレスの使い方
  3. コーヒープレスに向いている豆は?
  4. コーヒープレスに欠点はある?
  5. まとめ

コーヒープレスとはどんな道具?


コーヒープレスとは、コーヒー豆をお湯に浸して抽出するための道具です。
ガラスやステンレス製のポットに、フィルターがセットされているシンプルな形状をしています。

英語ではプランジャー、北欧諸国ではボダムという名称で親しまれています。

コーヒープレスの種類

コーヒープレスには、以下のような種類があります。

・フレンチプレス
・エアロプレス
・アメリカンプレス

コーヒープレスの中でも、スタンダードなスタイルはフレンチプレスです。
空気圧を使って素早く入れられるように工夫されているのがエアロプレスで、ケース内に豆を閉じ込めて抽出するのがアメリカンプレスです。

手ごろな価格のコーヒープレスが欲しい! → フレンチプレス
コーヒーならではの華やかさやスッキリ感を楽しみたい! → エアロプレス
重厚感のある味わいとクリアな飲み心地を両立したい! → アメリカンプレス

このような視点で、好みのコーヒープレスを選択するのもおすすめです。

コーヒープレスの特徴

コーヒープレスの特徴は、「コーヒー豆とお湯を入れるだけで、誰でも手軽に美味しいコーヒーを入れられる」という点です。

挽いた豆を一定時間お湯に漬け込むことでコーヒーを抽出する、「浸漬法」という仕組みを採用しています。

美味しいコーヒーを入れるためには、コツやテクニックが必要と言われていますが、コーヒープレスなら初心者でも大丈夫です。

誰がいつ、どう淹れても安定した味になりやすいので、ドリップに慣れていない人でも安心して楽しめるのが嬉しいポイント。

お湯と粉さえしっかりと計量しておけば、コーヒーならではの味わいを存分に引き出せるはずです。

コーヒープレスとドリップの違い

透過法でコーヒーを抽出するドリップには、お湯を注ぐタイミングやスピードなど、さまざまな工夫が必要となります。

コーヒープレスを使えば、こうした手間は省けます。
しかし一方で、「やっぱりドリップの方が美味しいのでは?」と不安に思う方も多いのではないでしょうか。

コーヒープレスとドリップ、それぞれで抽出したコーヒーの味わいには、以下のような違いがあります。

・コーヒープレスの方が、コーヒーならではのボディ感を楽しみやすい
・コーヒープレスの方が、オイル分を含んだ濃厚な舌触りになりやすい
・ドリップの方が、最後まで滑らかさや後味の良さを楽しみやすい

コーヒープレスの場合、容器内に豆とお湯を入れ、全体を浸してじっくりと抽出していきます。
このため、コーヒー豆そのものの味わいを、より強く味わえるでしょう。

近年、コーヒー豆の産地別の味わいにこだわり、楽しむ方も増えてきています。
こうした方にとっては、コーヒープレスの方が、豆ごとの違いを確かめやすいと言えそうです。

また、ドリップで使うフィルターが紙製であるのに対して、コーヒープレスでは金属製を使用しています。

紙製フィルターの特徴は、コーヒーに含まれるオイル分を吸着することです。
このため、ドリップで淹れたコーヒーは、オイル分が少なくすっきりとした味わいになります。

金属製フィルターなら、オイル分もそのまま抽出されますから、よりコクや深みを感じさせてくれます。
スッキリ感と濃厚さ、どちらの味わいが好みなのかによって、抽出方法を変えてみるのもおすすめです。

コーヒープレスの場合、抽出が終わり、カップにコーヒーを注ぐ段階で、細かな粉末が混入しやすいという特徴があります。

また、コーヒーの残りが少なくなってくると、微粉末によって、サラッとした舌触りになってしまうこともあります。
後味のスッキリ感を重視する方には、ドリップの方がおすすめです。

コーヒープレスの使い方


ではここからは、コーヒープレスを使ってコーヒーを入れる手順について紹介します。
価格が安く導入しやすい、フレンチプレスの使い方をチェックしてみましょう。

1.コーヒー豆を必要分計量する
2.ミルで挽く
3.挽き終わった豆を、プレス容器に投入する
4.ゆっくりと優しくお湯を注ぎ、タイマーを4分にセットする
5.フィルターを下ろさない状態で、ふたをかぶせる
6.タイマーが鳴ったら、プランジャーをゆっくりと沈める
7.出来上がったコーヒーをカップに移して完成

マグカップ2杯分のコーヒーを作る場合の材料は、

・コーヒー 25グラム
・お湯 500ミリリットル

です。
お湯を注ぐ前に、プレス容器はお湯で温めておくと良いでしょう。
プランジャーを押し下げる際には、3~5秒程度かけて、ゆっくり操作するよう意識してみてください。

最後に、コーヒーをカップに移す際には、最後まで移しきらないように注意しましょう。
容器の下部分に溜まったコーヒーには、小さな粉がたくさん含まれています。

あえて容器に残すことで、コーヒーの舌触りが良くなります。

コーヒープレスに向いている豆は?


コーヒープレスは、豆本来の良さを味わいやすい抽出方法です。
どの産地の豆でも、それぞれの魅力を堪能できるでしょう。

挽き方については、中挽きがおすすめです。
酸味が強過ぎる場合は、もう少し細かく挽くとフレーバーを強く感じられるようになります。

苦みが強いときには、もう少し荒く挽くのがおすすめです。
挽き方の調整で、好みの味わいを探してみましょう。

コーヒープレスに欠点はある?


コーヒープレスのデメリットや欠点は、以下のとおりです。

・ドリップとは異なる、独特の味わいになる
・抽出後の片付けが面倒
・多人数用のコーヒー抽出には向いていない
・舌触りが独特

コーヒープレスならではの味わいや舌触りが好みかどうかは、人によって異なるでしょう。
「好みではない」「ドリップの方が好き」という場合、非常に大きなデメリットとなってしまいます。

また、コーヒープレスの場合、容器の大きさによって一度に入れられる量に制限があります。
「多くの友人を招いてみんなでコーヒーを楽しむ」という場面では、何度も繰り返し作業する必要があるでしょう。

金属製のフィルターは、使うたびにきれいに掃除する必要があります。
紙製フィルターと比較すると、お手入れが大変な点も、欠点の一つです。

まとめ


誰でも手軽に美味しいコーヒーを入れられるのがコーヒープレスです。
その中でも、特にフレンチプレスは扱いやすい道具だと言えるでしょう。
ドリップで淹れたコーヒーとは一味違う味を楽しめる点も、魅力の一つです。

・本格コーヒーを楽しみたいが、テクニックがない
・ドリップでコーヒーを入れても、味が安定しない
・朝の忙しい時間にドリップをする時間がない

このような方には、コーヒープレスがおすすめです。
導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ーーーーーーーーーー
毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE
C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。
すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。
毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています