C COFFEE

イメージ写真

JOURNAL

COFFEE

コーヒーのマンデリンって何?味や香りの特徴を紹介

コーヒーにはさまざまな種類があり、マンデリンはその一つです。
希少なコーヒー豆として知られるマンデリンですが、具体的にどのような特徴があるのでしょうか?
気になる苦みや香りについて解説すると共に、おすすめの飲み方も紹介します。
マンデリンの魅力を、ぜひチェックしてみてください。

目次

  1. コーヒーの「マンデリン」はスマトラ島産の豆
  2. マンデリンコーヒーの特徴は?
  3. マンデリンコーヒーはこんな人におすすめ
  4. マンデリンコーヒーのまとめ

コーヒーの「マンデリン」はスマトラ島産の豆


マンデリンは、インドネシアのスマトラ島で栽培されているコーヒー豆です。
コーヒー豆の産地といえば、中南米やアフリカ地域を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

しかし実際には、アジアでも多くのコーヒーが作られています。
インドネシアのコーヒー生産量は非常に多く、その産出量は世界第4位です。

インドネシアで栽培されているコーヒー豆には、マンデリン以外にもジャワコーヒーやトラジャコーヒーなどがあります。
その中でも、マンデリンの生産量はわずか数%のみです。

だからこそマンデリンは、インドネシア産コーヒーの中でも、特に希少な種類として知られているのです。

ちなみに「マンデリン」という名前は、栽培をスタートした部族に由来すると言われています。
スマトラ島のマンデリン族が最初に栽培し始めたことから、部族の名前がそのまま豆の名前に使われたのです。

コーヒー豆には産地別にグレード(格付け)があり、細かくランク分けされています。
インドネシア産のコーヒー豆は、欠点数が少ないほどグレードが高いと判断され、G1からG5までの5つの規格に分けられています。

日本の喫茶店などでマンデリンを注文した場合、使われているのはG1グレードがほとんどです。
「マンデリンコーヒーは美味しい」「特に希少性が高い」と言われるのは、このためでもあるのでしょう。

マンデリンコーヒーの特徴は?


ではマンデリンコーヒーには、具体的にどのような特徴があるのでしょうか?
特徴的な味や苦み、香りについて解説します。

マンデリンの味は苦みが特徴

マンデリンコーヒーの特徴は、なんといってもその苦みにあります。
酸味は少ない分重厚感ある苦みを楽しめ、風味もゆたかでしっかりとしたコクも味わえます。

深煎りにしても、マンデリン独自のコクや味わいが飛ばない点も人気の秘密です。
日本人の愛好家が多いことでも知られています。

マンデリンはハーブのような香り

マンデリンコーヒーのもう一つの特徴は、香りにあります。
まるでハーブやシナモンのような爽やかな香りは、マンデリンならではと言えるでしょう。

重厚感のあるマンデリンですが、実際に口にしてみると、意外なほどマイルドで飲みやすく感じます。
爽やかな香りが、その独特な魅力をさらに引き立ててくれているのです。

マンデリンコーヒーはこんな人におすすめ


マンデリンコーヒーは、コーヒーらしい深いコクと苦みを楽しみたい人におすすめです。
重厚感のある味わいは、コーヒー好きをきっと満足させてくれるでしょう。

また深煎りにしても、豆の個性が飛びにくい点もマンデリンコーヒーの特徴です。
「深煎りコーヒーでも、豆独自の癖や特徴を存分に楽しみたい」という方も、ぜひマンデリンを選んでみてください。
他のコーヒー豆とは一味も二味も違う個性を満喫できるはずです。

また深煎りコーヒーを使ったアレンジコーヒーを好む方、タバコを好む方にもマンデリンはおすすめです。
コクと深みのあるコーヒーは、カフェオレにしても存在感を失いません

また、タバコとの相性も良いコーヒーとして知られているので、愛煙家の方もぜひ試してみてはいかがでしょうか。

ゲイシャコーヒーとは?贅沢な値段の理由も解説

コーヒーのモカってどんな味?おすすめの飲み方も紹介

マンデリンコーヒーの美味しい飲み方


希少なマンデリンコーヒーは、せっかくですから美味しく飲みたいところですよね。
おすすめの飲み方は、以下のとおりです。

マンデリンは深煎りで苦みを生かして

マンデリンの特徴は、そのコクと苦みにあります。
コーヒー豆は深煎りにして、あえて苦みを楽しめるようにしてみてください。
深煎りにしても、マンデリン独自の香りや味わいは堪能できますから心配は要りません。

コクと苦みのあるマンデリンは、甘いおやつと一緒に楽しむのもおすすめです。
苦みが苦手な方も、絶妙なコンビネーションでコーヒーらしい味わいを楽しめますよ。

ただマンデリンの場合、「深煎りでないと美味しくない」というわけではありませんから、安心してください。
浅炒りや中煎りにすると、苦みよりも酸味の方が際立ちやすくなります。

爽やかさとフルーティーさを楽しめるコーヒーとして、新たな一面を見せてくれるはずです。
個性的なコーヒーを楽しみたいときには、ミディアムローストやハイローストを試してみてくださいね。

ちなみに、マンデリンコーヒーをブレンドするなら、相性が良いのはブラジルコーヒーです。
酸味と苦みのバランスが絶妙で、マンデリンコーヒーが持つ魅力をさらに引き出してくれるでしょう。

マンデリンに酸味をプラスしたいときにはエチオピアが、苦みをプラスしたいときにはキリマンジャロがおすすめです。
マンデリンコーヒーの味の幅をさらに広げてくれますから、こちらもぜひ試してみてください。

マンデリンはラテにするのもおすすめ

マンデリンコーヒーは、ラテにするのもおすすめです。
深いコクと強い苦みは、たっぷりのミルクと合わせると飲みやすくなります

マイルドな中にも、しっかりとした個性が残るため、ラテの魅力も引き立ちます。

ちなみに、ミルク入りコーヒーのアレンジメニューは数多く、違いがよくわからない…という方もいるかもしれません。

カフェオレとカフェラテは、どちらもミルクとコーヒーを使うドリンクですが、カフェオレにはドリップコーヒー、カフェラテにはエスプレッソを使うという特徴があります。

短時間でしっかりと苦みとコクを抽出できるエスプレッソは、マンデリンコーヒーの魅力をしっかり引き出せる抽出方法です。

もちろん、ドリップコーヒーで作るカフェオレも美味しいですが、マンデリンコーヒーらしさをより際立たせたいなら、ぜひカフェラテにして楽しんでみてくださいね。

マンデリンコーヒーのまとめ


マンデリンコーヒーは、インドネシアのスマトラ島で栽培されている希少なコーヒー豆です。
その味わいは非常に奥深く、しっかりとしたコクと苦みが楽しめるでしょう。
ハーブ系の香りが、爽やかな風味と個性をプラスしてくれています。

マンデリンコーヒーを楽しむ際には、そのコクや風味を存分に味わってみてください。
豆は深煎りにして、ストレートで楽しむと、マンデリンの個性を感じやすくなります。
カフェオレやカフェラテにしても、マンデリンらしさは簡単には消えません。
マイルドさの奥に潜むほろ苦さを、ぜひ堪能してみてくださいね。

ーーーーーーーーーー
毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE
C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。
すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。
毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています