C COFFEE

イメージ写真

JOURNAL

COFFEE

ゲイシャコーヒーとは?贅沢な値段の理由も解説

幻のコーヒーと言われることもある「ゲイシャコーヒー」。
いわゆるスペシャリティコーヒーとして知られているもので、コーヒー好きなら聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

この記事では気になる「ゲイシャコーヒー」について詳しくご紹介します。

目次

  1. ゲイシャコーヒーって何?
  2. ゲイシャコーヒーは値段が高い!その理由は
  3. ゲイシャコーヒーを飲むには
  4. ゲイシャコーヒーのまとめ

ゲイシャコーヒーって何?


ゲイシャと言うと「芸者」を連想するかもしれませんが、実は日本文化とは関係ありません
ゲイシャコーヒーは2000年半ば頃からコーヒー愛好家の中で名前が知られるようになった品種で、もとはゲイシャではなく、「ゲシャ」と呼ばれていました。

ゲイシャコーヒーはアラビカ種に属するコーヒー豆ですが、生産量が非常に少ない品種です。
それでいて豊かな個性を持っていることから、スペシャリティコーヒーとして注目を集めるようになりました。

ゲイシャコーヒーの産地

ゲイシャコーヒーの誕生はエチオピアです。
そこからやがてコスタリカを経て、パナマへと広がっていきました。

今ではパナマをはじめ、誕生国であるエチオピアや中南米で栽培されています。

ゲイシャコーヒーの味

ゲイシャコーヒーは「1度飲むと忘れられない」と言われるほど、個性豊かで美味しいという評判です。

柑橘系のような酸味とスイーツのような甘みが強く、複雑なフレーバーが楽しめます。
まるでワインのようだと評する人もいるようです。

ゲイシャコーヒーの歴史

エチオピアで生まれコスタリカやパナマへ広がったものの、栽培が困難だとしてあまり積極的な生産がおこなわれなかったゲイシャコーヒー。

それでもパナマにある「エスメラルダ農園」や少数の農園は、ほかの栽培品種を悩ませるサビ病の対策の一環として、ゲイシャコーヒーの栽培を続けました。

その中で農園のオーナーが、ある日「この品種は今までのコーヒーとは違う味と風味がある」と気付いたといいます。

そして2004年にパナマで開かれた品評会に出品したところ、抜きん出た高評価を獲得し、スペシャリティコーヒーとして認められるようになったというのがゲイシャコーヒーの歴史です。

ゲイシャコーヒーは値段が高い!その理由は


ゲイシャコーヒーはほかのコーヒーと比較すると、非常に高い値段がついています。

理由としては「生産量が非常に少ない」「ゲイシャコーヒーの豆そのものが高値で取引されている」の2点が挙げられます。

日常的に飲むには贅沢なコーヒーですが、たまにのご褒美として味わってみてはいかがでしょう。

ゲイシャコーヒーを飲むには


ゲイシャコーヒーを提供しているカフェや店舗は多くはありませんが、最近少しずつ増えています。
身近に取り扱いがある場所をぜひ探してみてください。

ゲイシャコーヒーを店舗で飲む

プロが淹れたゲイシャコーヒーをじっくり飲みたいと思うのなら、取り扱いがあるカフェへ足を運ぶのがもっとも手早い方法です。

1杯ずつドリップする豆を選べるカフェには多くの豆が用意されていますので、ゲイシャコーヒーを見つけられることがあります。

また、ゲイシャコーヒーを売りにしているカフェもあります。
気になるカフェのHPやSNSをチェックしてみましょう。

ゲイシャコーヒーを購入する

ゲイシャコーヒーを購入すれば、自分が好きなタイミングで楽しめます。
コーヒー豆の専門店なら見つけやすいはず。

オンラインショップでも取り扱われていることがあるので「ゲイシャコーヒー オンラインショップ」で検索してみると見つかりやすいかもしれません。

ゲイシャコーヒーのまとめ


ゲイシャコーヒーは希少性もお値段も高く、なかなか飲む機会がないかもしれません。
しかし「1度飲んだら忘れられない」とまで言われる幻の味なら、やはり味わってみたいものですよね。

コーヒー専門店やゲイシャコーヒーを売りにしているお店を、ぜひ探してみてください。
今までにない美味しさにきっと感動することができるはずです。

ーーーーーーーーーー
毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE
C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。
すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。
毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています