イメージ写真

JOURNAL

COFFEE

コーヒーと緑茶を混ぜるとダイエット効果が?噂を解説

ダイエットのお供として定番化しつつあるコーヒーですが、緑茶と混ぜるとさらにダイエット効果がアップする!という噂を聞いたことはありませんか?

一部で注目を集めているコーヒー緑茶ダイエットとはどのようなものなのでしょうか?
この記事ではコーヒー×緑茶に期待できる効果や、気になる味をご紹介します。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

コーヒー緑茶ダイエットって何?

コーヒー緑茶ダイエットは、あるお医者さんが考えたダイエット法です。
その方法は「コーヒーと緑茶を1:1で混ぜたものを飲む」という非常にシンプルなもの。

飲むタイミングは1日3回、食事の前です。
でも食事制限もハードな運動もなく、本当に痩せることができるのでしょうか?
ここからはなぜコーヒーと緑茶にダイエット効果が期待できるのかを解説していきます。

コーヒーで置き換えダイエットできる?効果的なやり方を紹介

コーヒーと緑茶を混ぜるとこんなメリットが

コーヒーと緑茶の画像

コーヒー緑茶ダイエットを実践する上で気になるのは、なぜこの2つの組み合わせなのか?という点です。
コーヒーと緑茶の組み合わせには、以下の3つのメリットが期待できると言われています。

ダイエットに嬉しい成分が取れる

コーヒーと緑茶には、それぞれダイエットに嬉しい成分が含まれています。
コーヒーにも緑茶にも含まれるカフェインは、脂質の燃焼効果をアップさせる効果が期待できると言われているもの。
コーヒーと緑茶を混ぜ合わせることで、より効率良く摂取可能になります。

カフェインの働きをテアニンが緩和する

カフェインは覚醒作用や緊張作用がある成分として知られていますが、緑茶に含まれるテアニンは、その緩和に役立ちます。
テアニンには心をリラックスさせる作用があり、過食を予防してくれると言われています。
ダイエット中は何かとイライラしてしまいがちなので、リラックス効果のある成分が摂れるのはうれしいですね。

緑茶には血糖値の上昇を抑える成分も?

緑茶にもコーヒーにも、ともに抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれています。
食事をしたときに血糖値が上がるのを抑えてくれたり、アンチエイジング効果も期待できると言われているものです。
カフェインとポリフェノールの相乗効果が期待できそうですね。

コーヒーの効果は?ダイエットや肌への影響も解説

毎日のコーヒーで理想の身体へ

緑茶コーヒーを飲むタイミングは食前?食後?

緑茶コーヒーダイエットで緑茶コーヒーを飲むタイミングは「食前」です。
食事の15分ほど前を意識して飲むと良いでしょう。

食前にゆっくり飲むことで、その後の食べ過ぎを防ぐ効果が期待できます。

コーヒーと緑茶を混ぜるとどんな味?

コーヒーと緑茶を混ぜるとコーヒーの苦みが和らぎ、コーヒーが苦手な人にも飲みやすい味わいに変わります。

麦茶に似ている味わいかもしれません。
ダイエットにコーヒーを取り入れたいけれど、コーヒーが苦手で…という場合は緑茶と混ぜて飲む方法を試してみてはいかがでしょう?

緑茶コーヒーの作り方

緑茶コーヒーの作り方は非常にシンプルです。
緑茶とコーヒーを同量ずつ用意したら、カップの中で混ぜ合わせましょう。
そのまますぐに飲んで大丈夫です。

緑茶コーヒーでダイエットするときの注意点

ダイエットに嬉しい成分の相乗効果が期待できる緑茶コーヒーですが、以下に注意が必要です。

  • 安心して食べ過ぎることに注意する
  • 緑茶コーヒーを過剰に飲みすぎない

「飲んでいるから大丈夫」と食べ過ぎてしまえばもちろんダイエット効果は期待できませんし、ダイエットに良いからといって飲みすぎればカフェインの過剰摂取になってしまいます。
あくまでダイエットのサポートとして、取り入れるのがおすすめです。

コーヒーと緑茶のまとめ

ダイエッターに注目されているコーヒーと緑茶の組み合わせ。
コーヒーだけ、緑茶だけが苦手という人は混ぜてみれば意外と美味しく飲めるかもしれません。
ダイエット中のサポートドリンクとして、是非試してみてくださいね。

 

毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE

C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RELATED ARTICLES

この記事に関連する記事はこちら

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています