イメージ写真

JOURNAL

COFFEE

コーヒーの生豆は長期保存可能!保存方法は?

コーヒー豆は鮮度が落ちやすく、美味しく楽しむためには購入後すぐに飲み切ることが大切…間違ってはいませんが、それは焙煎した豆の話。

焙煎する前の生コーヒー豆であれば、実は長期保存することができるんです。 今回の記事ではコーヒーの生豆の保存についてご紹介します。
生豆を買って自分で焙煎するという方は必見です!

毎日のコーヒーで理想の身体へ

コーヒーの生豆は長期保存できる

コーヒー豆を美味しく保管できる期間は、豆の状態によって異なります。
いったん焙煎してしまった豆は、長期保存がききません。
正しく保存したとしても、1ヶ月程度で飲み切るのがベストでしょう。

一方で、焙煎前の生豆の状態であれば、コーヒーの長期保存は決して難しくありません。
正しい方法さえ知っていれば、なんと年単位での保存も可能なのです。
「コーヒー豆を大量購入してストックしておきたい」という場合には、ぜひ生豆の状態で購入してみてください。

コーヒーの生豆の保存方法は?

コーヒー豆の保存方法の画像

ではコーヒーの生豆は、具体的にどう保存すれば良いのでしょうか。
4つのポイントを解説します。

コーヒー生豆は常温保存でOK

コーヒー生豆は、常温での長期保存が可能です。
直射日光は避けて、できるだけ安定した環境を選びましょう。
それほど神経質になる必要はありませんが、パントリーや床下収納庫内などがあれば最適です。

紫外線を避けるため麻袋がおすすめ

コーヒー生豆の保管には、麻袋を使用するのがおすすめです。
麻袋は、紫外線を避けるだけではなく、内部に湿気が溜まるのも防いでくれます。
コーヒー専門店で生豆を購入した場合、麻袋に入れてもらえるケースも多いはず。
その場合は別の容器に移し替えず、そのまま保管するのがおすすめです。

瓶で保存する場合は冷蔵庫に

コーヒー生豆を瓶に移し替える場合は、冷蔵庫内で保管しましょう。
おすすめは野菜室です。
使うとき、冷蔵庫から出してすぐに開封すると結露で豆が傷んでしまいます。
密閉された状態のままでしっかりと室温まで戻し、その上で開封するのがおすすめです。

生豆を常温保存する場合は風通しの良い場所で

常温保存を選択する場合、もう一点注意しなければならないのが湿度についてです。
できるだけ風通しの良い場所を選び、湿気が溜まらないよう注意してください。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

コーヒーの生豆はどれくらい保存可能?

コーヒーの生豆の保存期間の画像

保管場所を決めたら、やはり気になるのが保存期間です。
生豆の状態でコーヒーを購入した場合、どれくらい保存できるのでしょうか?

生豆の保存期間は収穫から2年が目安

コーヒー生豆の保存期間は、保管場所や各種条件によっても異なります。
そのため一概に「何年まで」とは言い切れませんが、一般的な目安は2年程度と言われています。

ただしここで注意したいのは、「収穫日から2年」という点です。
「購入日から2年」ではない点に注意してください。

コーヒー生豆を買うときに収穫時期の確認を

長期保存を前提にコーヒー生豆を購入する場合、重要なのは「いつ収穫された豆なのか?」という点です。
収穫されたコーヒー豆が日本の店頭に並び購入されるまでには、ある程度の時間が経過している可能性もあるでしょう。
お店側にて、すでに一定期間保存されていた場合、自宅で保存できる期間は短くなってしまいます。

コーヒー生豆には、収穫時期に応じて以下のような種類があります。

  • ニュークロップ → その年に収穫されたばかりの新しい豆のこと
  • カレントクロップ → その年に収穫されたが、やや時間が経過している豆のこと
  • パストクロップ → 前の年に収穫された豆のこと
  • オールドクロップ → 前年よりも以前に収穫された豆のこと

一般的に流通しているのは、パストクロップまでですが、業者によってはオールドクロップを扱っているケースもあります。
どういった豆なのか、購入前にしっかりと確認しておきましょう。

長期保存を前提に購入するなら、ニュークロップやカレントクロップを選択するのがおすすめです。
一方で、あえて収穫から時間を置き、まろやかさが増したコーヒー豆を好む方もいます。
用途や好みに合わせて、生豆を購入してみてください。

大好きなコーヒーでボディメイクするならチャコールコーヒーがおすすめ

毎日を幸せな気分にしてくれるコーヒーでダイエットをサポートできたり、ボディメイクできるなら嬉しいもの。
体の余分なものを吸着して排出してくれるチャコール(炭)を配合したチャコールコーヒーを選べば、毎日のコーヒー時間が綺麗を作る時間に変わります。

体重や体型が気になるという人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

チャコールコーヒーの飲み方|飲むタイミングやダイエットの際に注意することは?

コーヒーの生豆保存のまとめ

焙煎前の生豆の状態なら、コーヒーは長期保存が可能です。
「自宅で焙煎から楽しみたい!」と思う方にとっては、メリットの大きい購入スタイルと言えるでしょう。
生豆であれば、保存状態にもそれほど気を使う必要はありません。
コーヒーを、より身近な存在として楽しんでみてください。

コーヒー豆の保存方法は?劣化を防ぎ美味しく味わうためのコツ

毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE

C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RELATED ARTICLES

この記事に関連する記事はこちら

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています