C COFFEE

イメージ写真

JOURNAL

COFFEE

コーヒーのカロリーはゼロ?砂糖やミルクを入れた場合は?

頭をスッキリさせたいとき、気持ちをリラックスさせたいとき…飲みたくなるのがコーヒーです。
「コーヒーはカロリーゼロだから、どれだけ飲んでも大丈夫!」と思っている方はいませんか?

実は飲み方によっては、太ってしまう可能性も…。
コーヒーとカロリーについて、正しい知識を身に付けましょう。

目次

  1. コーヒーのカロリーはゼロじゃない!1杯約8キロカロリー
  2. コーヒーに砂糖やミルクを入れた時のカロリーは?
  3. ダイエットにコーヒーを使うならおすすめの飲み方は?

コーヒーのカロリーはゼロじゃない!1杯約8キロカロリー


ジュースやアルコールと比較すると、低カロリーなイメージも強いのがコーヒーです。
しかし残念ながら、カロリーゼロではありません。

コーヒー1杯分(200ミリリットル)は、約8キロカロリーと言われています。

ちなみに、私たちの身の回りにある飲料の1杯当たり(200ミリリットル)のカロリーは以下の通りです。

・コーラ 92キロカロリー
・サイダー 82キロカロリー
・オレンジジュース 96キロカロリー
・りんごジュース 91キロカロリー
・ビール 80キロカロリー
・ワイン 146キロカロリー
・ココア 157キロカロリー
・紅茶 2キロカロリー
・ウーロン茶 0キロカロリー

ジュースと比較するカロリーが低いコーヒーですが、お茶類よりは若干高いと言えそうです。
とはいえ、1杯8キロカロリーのコーヒーを1日に5杯飲んだ場合の摂取カロリーは、わずか40キロカロリーです。

ダイエット中でも、摂取しやすい飲料だと言えます。

コーヒーに砂糖やミルクを入れた時のカロリーは?


コーヒーの苦みが気になる場合におすすめなのが、ミルクや砂糖をプラスして楽しむ方法です。
甘さやまろやかさによって摂取しやすくなりますが、摂取カロリーには注意が必要です。

状況別に、コーヒーのカロリーについてさらに詳しく紹介しましょう。

コーヒーに砂糖を入れた場合のカロリー

砂糖入りコーヒーは、その甘さで心をリラックスさせてくれます。
ただし、砂糖のカロリーは比較的高め。

当たり前ですが砂糖を加えれば加えるほど、コーヒーのカロリーは上昇してしまいます。

・スティックシュガー(約3グラム) 約20キロカロリー
・角砂糖(約3グラム) 約20キロカロリー
・上白糖、ティースプーン1杯分(約5グラム) 約27キロカロリー

コーヒーにスティックシュガーを1本入れた場合のカロリーは、1杯当たり約28キロカロリーです。
砂糖を2本にすると、約48キロカロリーに…。

コーヒーにミルクを入れた場合のカロリー

砂糖同様、コーヒーのお供として定番なのがミルクです。
コーヒーに加える場合、気になるカロリーは以下の通りです。

・コーヒーフレッシュ【植物性油脂】(約5ミリリットル) 約19キロカロリー
・粉末状のコーヒーミルク、ティースプーン1杯分(約3グラム) 約24キロカロリー
・牛乳(約25ミリリットル) 約21キロカロリー

コーヒーフレッシュ1つを入れたコーヒーは、約27キロカロリーです。
入れ過ぎには注意しましょう。

また、牛乳をたっぷり含んだカフェオレも、カロリー面では要注意です。
コーヒー100ミリリットル・牛乳100ミリリットルでカフェオレにした場合、カロリーは約88キロカロリーとなります。

コーヒーに砂糖とミルクを入れた場合のカロリー

コーヒーに砂糖とミルクの両方を入れた場合、それぞれのカロリーが加算されます。
200ミリリットルのコーヒーにスティックシュガー1本とコーヒーフレッシュ1つを加えた場合のカロリーは、約47キロカロリーです。

スティックシュガーやフレッシュを入れ過ぎた場合、市販のジュースと、そう変わらないカロリーを摂取してしまう可能性もあるでしょう。

コーヒーに豆乳を入れた場合のカロリー

100ミリリットル当たりの豆乳のカロリーは、以下の通りです。

・調製豆乳 約64キロカロリー
・無調整豆乳 約46キロカロリー

コーヒーに25ミリリットル加えた場合のカロリーは、調製豆乳で約24キロカロリー、無調整豆乳で約20キロカロリーです。

牛乳を使った場合よりも、ややカロリーダウンできるでしょう。
調整豆乳は砂糖や油脂が入っているため、できれば無調整がおすすめです。

コーヒーに生クリームを入れた場合のカロリー

コーヒーに生クリームをトッピングした飲み物は、ウィンナーコーヒーという名称で親しまれています。

コーヒーに20グラムの生クリーム(乳脂肪)を加えた場合のカロリーは、約94キロカロリーです。
コーヒーの種類の中では、トップレベルでカロリーが高いため、飲みすぎには注意してください。

コーヒーにハチミツを入れた場合のカロリー

「コーヒーに甘さを加えたいが砂糖はちょっと…」と思う方に人気なのが、ハチミツでアレンジする方法です。

ハチミツのカロリーは、100グラムあたり303キロカロリーです。
砂糖よりもやや低めで、使いやすいと言えるでしょう。

またハチミツには、「砂糖よりも甘さを感じやすい」という特徴があります。
砂糖よりも使用量を減らせるため、カロリーダウンできる可能性も。

ダイエットにコーヒーを使うならおすすめの飲み方は?


コーヒーを使った置き換えダイエットも注目される今、美容のために積極的に摂取しようと考えている方も多いかもしれません。

普段の食事プラスコーヒーという場合、コーヒーにたっぷり砂糖や牛乳を入れるとカロリーオーバーになってしまうこともあります。

しかし「一食置き換え」でコーヒーを使うなら、ラテなどにアレンジしても食事よりカロリー控えめ
十分ダイエットになるんです。

ブラックコーヒーではなくアレンジしたコーヒーが好きな場合は置き換えダイエットに使ってみると太りにくいかもしれません。

本格的に行う場合は、さらにダイエット向きのチャコールコーヒーやバターコーヒーを選ぶのもおすすめです。

 

ーーーーーーーーーー
毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE
C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。
すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。
毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています