イメージ写真

JOURNAL

DIET

プチ断食にはプロテインがおすすめ?やり方や注意点を解説

最近人気の「プチ断食」。
半日~1日程度で、胃腸のリセットやダイエット効果を期待できる手軽な断食です。
しかし短時間でも食べないのはお腹が空いて辛い…という人もいるかもしれません。
そんな人におすすめなのが、プロテインを使ったプチ断食です。
この記事ではプロテイン断食の方法やポイントをご紹介します。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

プチ断食にプロテインを使うメリット

まずはプチ断食とプロテインの関係性についてチェックしていきましょう。
プロテイン断食を行うメリットは、以下のとおりです。

メリット①ダイエットで不足するタンパク質が摂れる

ダイエット中には食事量が減り、栄養バランスが乱れがちです。
プチ断食も例外ではなく、中でも注意したいのがタンパク質の不足です。

タンパク質は、髪や肌、筋肉を含む、人間の体の原料として使われています。
美容やアンチエイジングを意識する上でも、欠かさずにしっかりと摂取したいところです。

プロテインとは、いわばタンパク質のサプリメントのようなもので、効率の良い摂取をサポートしてくれます。
ダイエット中に補給することで、肌荒れや髪質の悪化を防ぎながら減量することができるのです。

メリット②筋肉が落ちにくい

美しく健康的に痩せるためのキーワードは、「筋肉」です。
ハードなトレーニングをする必要はありませんが、全身の筋肉量が多ければ、その分基礎代謝量が増えます。
特別なことをしなくても、太りにくく痩せやすい身体に近づけるというわけです。

断食をすると、体内の脂肪だけではなく、筋肉までもが分解されてしまう恐れがあります。
筋肉の原料であるタンパク質(プロテイン)をしっかりと摂取することで、筋肉量の低下を防ぐことが期待できます。

メリット③腹持ちがよくストレスがたまりにくい

断食中は、空腹感からストレスを抱えてしまう人も多いものです。
しかしプロテインを使う断食なら、空腹を我慢する必要もありません
タンパク質は人の体内で、ゆっくりと消化・吸収が進んでいくため腹持ちが良く、空腹感を抱きにくいという特徴があります。
空腹を感じるのがどうしても苦手という人には特におすすめの方法です。

プロテインを使うプチ断食の方法

プロテイン断食の画像

ここからは、プロテインを使ったプチ断食の実践方法について詳しく紹介します。
3つの方法を紹介するので、ライフスタイルに合ったものを探してみてください。

方法①一食をプロテインのみにする

プチ断食というよりは、置き換えダイエット感覚で実践できるのが、1日3食のうち1食を、プロテインのみで過ごす方法です。
より手軽に実践したいなら朝食を、早急にダイエット効果を実感したいのであれば夕食を置き換えてみてください。
一食あたり、プロテイン量が20グラム程度になるよう、調整すると良いでしょう。

プロテインで置き換えダイエットはできる?女性向けの方法を紹介

方法②1日の食事をプロテインだけにする

半日程度の断食に慣れている方は、1日プロテインだけで過ごす断食方法もおすすめです。
方法は簡単で、お腹が空いたらプロテインを食事代わりに飲むだけ

カロリーカット効果はもちろん、1日固形物を取らないことで消化器官をしっかり休ませることができます。
食べ過ぎた翌日の調整などにも使える方法です。

方法③週末の2日間をプロテインのみにする

土日を使ったちょっと本格的な週末プチ断食もプロテインで行えばそこまで辛くありません。
土曜日の朝からプロテインをスタートする場合、金曜から少しずつ体を整えていきましょう。
消化の良いものを選択し、午後8時までには夕食を終えるように調整します。
その後、土曜日の三食と日曜の昼までの二食、合計五食をプロテインのみで過ごします
日曜の夕食からは、回復食をスタートしてください。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

プロテインのプチ断食のよくある疑問

プロテインでプチ断食を行う前に、よくある疑問をチェックしておきましょう。

プロテイン断食を1週間続けてもOK?

個人で断食を行う場合、プロテインを使うかどうかにかかわらず、3日程度までにしておくのがおすすめです。
断食期間が長くなれば、その分ダイエット効果を実感しやすくはなりますが、栄養が偏ることで体調を崩してしまう恐れがあります。
3~4日以上の断食は、専門家のもとで、サポートを受けながら実施するのがおすすめです。

プロテインは固形タイプでもOK?

断食は流動食で胃を休ませる目的もあるため、飲料タイプのプロテインが基本です。
さらに固形タイプには、糖分や脂質が多く含まれているケースも多いのでおすすめできません。

バータイプのプロテインは甘いケーキなどのおやつが食べたくなった時、代用として食べる取り入れ方がおすすめです。

プロテインのプチ断食を行う時の注意点

プロテインでプチ断食を行う前に知っておきたい注意点をご紹介します。
何事もやりすぎはNGです。
ほどほどに、体調と相談しながら進めるようにしましょう。

極端にプロテインを摂りすぎない

プロテインは、過剰摂取にならないよう注意してください。
タンパク質は体にとって必要不可欠な栄養素である一方、消化・吸収の過程で肝臓に負荷がかかりがちです。
断食のメリットの一つは消化器官を休ませることですが、プロテインを摂取し過ぎれば逆効果になってしまう恐れがあります。

食事の代わりに摂取するプロテインは、一食あたり一杯までにしてください。
プロテインの飲みすぎによるカロリーオーバーも予防できます。

筋トレの併用を行うのがベター

せっかくプロテインを摂取するなら、筋トレも取り入れるとダイエット効果が高まります。
プチ断食中は筋肉が分解されてしまいがちですが、プロテイン+筋トレで、筋力アップを目指せます。
ハードなワークアウトをする必要はなく、スクワットや腹筋など、自宅で手軽に取り入れられるメニューがおすすめです。

プロテインのプチ断食についてまとめ

短期間で行うプチ断食は、プロテインとの相性も良いダイエット法です。
断食中に不足しがちな栄養素をプロテインで補い、ダイエット効果や美容効果を目指しましょう。

プロテインを使ったプチ断食は、「断食は気になっているものの、できれば筋肉は落としたくない」という方にもおすすめです。
無理のない断食計画と適量のプロテイン、そして自宅でできる筋トレを組み合わせ、より健康的なダイエットを目指してみてください。

毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE

C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RELATED ARTICLES

この記事に関連する記事はこちら

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています