イメージ写真

JOURNAL

DIET

プチ断食の効果は?簡単な方法をわかりやすく紹介

断食でダイエットできたりデトックスできたりするというのは知っていても、本格的にやる自信はない…という人にも人気なのが「プチ断食」です。
プチ断食とは半日から1日程度の短い断食のこと。
そこまで我慢をせずに手軽にできて、効果も実感できるのが魅力です。
この記事ではプチ断食の効果ややり方、注意点について解説します。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

プチ断食とはどんなものか簡単に解説

プチ断食の画像

プチ断食とは、半日から1日程度の短い期間、固形物を摂取せずに過ごす食事法を意味します。

  • 通常の食事から、1日1食を飲み物だけに置き換える
  • 16時間、食べ物を摂取しない
  • 月曜日は飲み物だけで過ごす

など、これらは全てプチ断食。

プチ断食のメリットは、我慢する時間が短いのでストレスを抱えにくいという点です。
「ダイエットで痩せたい!」と思っていても、終わりの見えないストイックな生活はつらいもの。
プチ断食なら短期集中型で胃腸を整え、ダイエットや美容、そして健康面など、さまざまな面で効果を実感することができます。

プチ断食の効果は色々

プチ断食は食べるのを我慢する期間は短いものの、効果はしっかりあるといわれています。
実践するスタイルによっても変わりますが、具体的には以下のような効果が期待できます。

ダイエット効果が期待できる

プチ断食のダイエット効果の画像

短い時間でも断食をすれば、体外からのエネルギー供給はストップします。
すると人間の体の細胞は、蓄積された脂肪を分解し、エネルギーにしようと働き始めます。
プチ断食は細胞の仕組みを利用した、効率の良いダイエット法と言えるのです。

プチ断食の場合、体が飢餓状態に陥る時間が短いため、燃焼できる脂肪の量はそれほど多くはありません。
ただ断食中は食事をする回数が減るため、カロリーダウンにつながって体重は減少しやすくなります。

内臓を休ませることで美肌効果も

プチ断食は、普段休みなく働いている胃腸を休めることにもつながります。
私たち人間は普段の食生活の中で、消化・吸収を担う胃腸に対して、非常に多くのエネルギーを使っています。
プチ断食中はそのエネルギーを他の方面に活用できるため、人間に本来備わっている機能を取り戻せると言われています。

細胞の新陳代謝が活性化したり、デトックスが促進されたりすることで肌が綺麗になるという人も多いようです。

便秘解消やむくみ解消も

普段から便秘やむくみに悩んでいる方にも、プチ断食はおすすめです。
食べ物が入ってこなければ、各器官は不要物の排出のみに力を注げます。
次から次へと食べ物が入ってきて滞っていた消化の働きが正常になることで、頑固な便秘が解消されてすっきりとする場合も多いです。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

プチ断食の期間とやり方

プチ断食の期間とやり方の画像

ここからはプチ断食の具体的なやり方について紹介します。
プチ断食とひとことで言っても、期間も方法もさまざまです。
自分に合った、ストレスなく出来そうなものを探してみてくださいね。

プチ断食のやり方①半日

断食初心者でも比較的手軽に実践できるのが、半日コースのプチ断食です。
12~16時間程度、固形物を食べないリズムを意識してみてください。

これを簡単に実践するなら、朝食を抜くプチ断食がおすすめです。
普段の食事から朝食を抜くか、もしくはブラックコーヒーなどカロリーのない飲み物に置き換えるだけで、前日の夕食から当日の昼食まで12時間以上の空腹時間を確保できます。

16時間ダイエットとは?痩せない理由と成功のコツ

プチ断食のやり方②1日

半日よりも少し本格的になるのが、丸1日のプチ断食です。
こちらも気軽に挑戦できる断食ですが、準備期間と回復期間を合わせて、3日程度でスケジュール調整すると良いでしょう。

断食前の1日は、断食に向けて体を整えていきます。
暴飲暴食は避け、できるだけ粗食を心掛けてください。
腹八分目で留めておくことも、重要なポイントです。

断食当日は水分補給を心掛けつつ、固形物や糖質、脂質のある飲み物を避けてゆったり過ごします

断食を終えたあとは、回復期間に入ります。
おかゆやスムージーから徐々に胃腸を慣れさせて、少しずつ普段の食事に近づけていきましょう。

プチ断食は断食中の飲み物がポイント

プチ断食中の飲み物の画像

プチ断食中は、普段以上に積極的に水分摂取する必要があります。
人間の体にとって、水分は必要不可欠なものです。
断食中は食事から水分を摂取できなくなるため、意識的に飲む量を増やしましょう

また断食中の飲み物をうまく活用すれば、空腹感を弱めたり、断食効果をさらに高めたりすることも可能。
おすすめの飲み物を2つ紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

プチ断食におすすめの飲み物①コーヒー

プチ断食中におすすめの飲み物の一つが、コーヒーです。
コーヒーはブラックで飲めばほとんどカロリーがないのはもちろん、ダイエットをサポートしてくれる成分も含まれているんです。

カフェインやクロロゲン酸には燃焼をサポートしてくれる効果が期待できるほか、香りによるリラックス効果で断食中のイライラを鎮めることもできそう。
またカフェインには利尿作用もあるため、デトックスしたい断食中にはぴったりの飲み物です。

コーヒーで置き換えダイエットできる?効果的なやり方を紹介

プチ断食におすすめの飲み物②酵素ドリンク

プチ断食中には、酵素ドリンクもおすすめです。
酵素ドリンクとは果物や野菜などを発酵させて作られた飲み物で、水や炭酸水で割って飲むことが多いものです。
ビタミン、ミネラルなど断食で不足しがちな栄養素を補いながら水分補給することができます
薄めて飲めばカロリーは低いものの甘さがあるため、空腹をごまかすのにも向いています。

プチ断食の注意点

いつでも手軽に実践できるプチ断食ですが、安全に行うためには、いくつかの注意点を守る必要があります。
特に注意したいポイントを2つ紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

断食後のドカ食いに注意

半日から1日程度のプチ断食でも、体が慣れていないと空腹感に悩まされます。
断食中はなんとか我慢できても、問題は断食後にやってきます。
「ようやく食べ物を摂取できる」という解放感から、普段以上にドカ食いしてしまう人も少なくありません。

しかし断食後の胃腸は、普段以上に栄養を吸収しやすい状態になっています。
もしここで、何でも好きなものを好きなだけ食べたとしたら、プチ断食の効果はあっという間に吹き飛んでしまいます。

プチ断食の後は、低カロリーで低刺激な回復食から、少しずつ体を慣らしていきましょう
半日程度の断食であれば、サラダや温野菜からスタートするのがおすすめです。
油分や香辛料を多く摂取したり、いきなり炭水化物をドカ食いしたりしないよう注意してくださいね。

低血糖状態に注意

短期間のプチ断食であっても、注意しなければならないのが低血糖についてです。
食事を摂らないままでいると、血糖値が低下します。

もし断食している最中に冷えやめまい、手足の震えなどがあったら低血糖かもしれません。

そんな時は黒砂糖を少量摂取し、様子をみましょう。
それでも状態が回復しないときには、プチ断食はただちに中止し、専門医を受診してください。

プチ断食のまとめ

今回は、断食よりも気軽に挑戦できるプチ断食について紹介しました。
わずか半日~1日程度のプチ断食でも、「あえて食事を摂らない」ことによるメリットは数多くあります。

ただ、ごく短期間とはいえ、断食は断食です。
断食に関する正しい知識を身につけて、ぜひ自分のライフスタイルに合った形で実践してみてください。
半日~1日程度で終了できるプチ断食なら、「週末に無理のない範囲で実践する」というスタイルもおすすめです。

毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE

C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RELATED ARTICLES

この記事に関連する記事はこちら

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています