イメージ写真

JOURNAL

DIET

断食(ファスティング)ダイエットの効果は?注意点も紹介

「なんだか最近カラダが重い」というときに手軽にできるということで人気の断食(ファスティング)。
ただし断食は間違った方法で行うと効果がないだけでなく逆に太ってしまうことも。
この記事では断食の正しい方法や注意点などをご紹介します。
自己流で断食にチャレンジする前に、ぜひチェックしてみてくださいね。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

断食(ファスティング)の効果はダイエットだけじゃない

断食の効果の画像

断食という言葉に対して、「なんとなくきつそう」「修行っぽい」といった、ネガティブなイメージを抱く方も多いのではないでしょうか?
一方で、ファスティングと聞くと、簡単に試せる「ダイエット」や「美容」といったポジティブなイメージを抱きがちです。

実際はファスティングは断食を英語にしたもので、両者の間に違いはありません。
つまり断食にも、ダイエットや美容といったさまざまなメリットが期待できるというわけです。

では具体的に、断食をするとどのような効果を期待できるのでしょうか?
4つの効果を紹介します。

断食のダイエット効果

断食をするもっとも大きなメリットと言えば、ダイエット効果でしょう。
体内にエネルギーが入ってこなくなっても、人間はすぐに弱ってしまうわけではありません。
体内に蓄積された脂肪を分解し、エネルギーに変えて活動する仕組みを備えています。

飽食の現代において、「自然と飢餓状態に陥る」というケースは稀です。
断食で強制的に飢餓状態を作り出すことで、体に溜め込んだ脂肪を効率良く燃焼できるのです。

断食によるダイエットは、短期間で効果を実感しやすい点も魅力と言えます。

  • ダイエットをしたいけれど、難しい計算は苦手
  • 普段から、ついつい食べ過ぎてしまう
  • モチベーション維持のために、成果をすぐ実感したい

こんな人にはぴったりのダイエット法です。

断食の美肌効果

断食期間中、食物の供給が絶たれることで、消化器官の休息につながります。
普段、休みなく働き続けている消化器官を休ませることで、「断食後は胃腸の調子が良くなった」と感じる方も少なくありません。

胃腸に負担がかかっていると吹き出物が出来がちですが、断食で胃腸を休ませることでこういった肌荒れを解消する効果が期待できます
またデトックスが進んで代謝が高まれば、肌細胞の生まれ変わりもスムーズになりそうです。

断食のデトックス(むくみ解消)効果

断食は、むくみ解消にも効果的です。
しつこいむくみの原因は糖質や塩分の摂りすぎであることが多いもの。
体内に糖質や塩分が多くなると、それを薄めるために、必要以上に多くの水分を維持しようとします。
この水分こそが、むくみの原因なのです。

断食すれば、当然糖質や塩分は体の中に入ってこなくなります。
体内環境がリセットされるため、むくみの原因をもとから断てるでしょう。

断食の味覚リセット効果

もう一つ、あまり知られていませんが、断食には味覚をリセットする効果も期待できます。
人の舌は、常に刺激を求め続けているものです。
濃い味に慣れてしまうと、薄味で満足することは難しくなり、さらに濃い味を求めたくなる悪循環が発生します。
すると塩分や糖質の摂取量が増え、むくみの原因になったり、生活習慣病リスクを上昇させる原因になったりするのです。

断食でいったん食べ物から離れれば、人間の味覚は薄味でも満足できる状態へとリセットされます。
無理なく自然に、体にとって負担の少ない食事で満足できるようになることが期待できるのです。

断食ダイエットのやり方

断食ダイエットの方法の画像

断食ダイエットは、ファスティングダイエットとも呼ばれています。
近年人気のダイエット法ですが、断食する期間に応じて、さまざまな種類があることをご存知ですか?
断食の種類とそれぞれの効果について、簡単に解説します。

半日断食

断食の中でも、比較的手軽に実践できるのが半日断食です。
断食期間はわずか半日なので、断食というよりも「1~2食抜く」と言った方が伝わりやすいかもしれません。

わずか半日の断食でも、胃腸を休める効果は十分に期待できます
脂肪の分解による体重減少効果はわずかでも、排せつによる体重減少効果が期待できる可能性は十分にあります。
食べ過ぎや飲み過ぎが原因で胃腸が疲れているときや、なんとなく身体が重いとき、またお腹が空いているわけではないのに、つい食べてしまうときなどにおすすめです。

16時間断食

近年人気の断食スタイルが、16時間断食です。
名前のとおり、1日24時間のうち、16時間を断食して過ごします。
残り8時間には特別な食事制限はありません。

16時間断食が注目されるきっかけになったのは、オートファジーです。
断食によって体を飢餓状態にすることで、細胞が持つオートファジーを活性化させます
体に蓄積された脂肪を燃焼してエネルギーに変えるほか、体内の細胞の生まれ変わりを促進できると言われています。

16時間断食の場合、1日のうち「食事を食べられる8時間」をどこに持ってくるのか、自分で自由に決められます。
自身のライフスタイルに合わせて導入しやすいという点も、非常に大きな魅力と言えるでしょう。

16時間ダイエットとは?痩せない理由と成功のコツ

1日断食

断食期間をさらに伸ばし、丸1日、何も食べずに過ごす方法を1日断食と言います。
「月曜断食」など1週間のうち、曜日を決めて断食をするスタイルが一般的です。

たとえば土曜日や日曜日に外食が増え、食生活が乱れがちな方は、月曜日をファスティングの日に設定すると良いでしょう。
週末の食習慣を、週の始まりにリセットできます。

断食によって摂取カロリーを調整できるため、週末の食事による罪悪感を和らげる効果も期待できます。

3日断食

さらに本格的な断食メニューが、3日断食です。
半日・1日と比較すると、難易度は上昇するものの、断食効果をよりはっきりと実感できるメニューと言えるでしょう。

3日断食のメリットは、食べ物が入ってこない時間が長い分、胃腸をしっかりと休められる点です。
1日断食では実感しづらいダイエット効果やデトックス効果も、実感しやすくなります

3日断食を行う場合、断食そのものは3日間で終了します。
しかしその前後には、準備期間や回復期間をしっかりと確保する必要があります。
3日以上の断食を行う場合は専門家の指示にしたがうか、施設の断食プランなどを利用すると失敗しづらいでしょう。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

断食ダイエットの注意点

断食ダイエットの注意点の画像

メリットも多い断食ダイエットですが、実践する際には注意点もあります。
誤った方法で無理な断食ダイエットを行うのは危険です。
栄養失調に陥ったり、心身のバランスを崩してしまったりする恐れがあります。

またファスティングダイエットは、誰にでもおすすめできるダイエット法ではありません。
以下の条件に当てはまる方は、避けた方が良いでしょう。

  • 成長期の子ども
  • 妊娠中や授乳中の女性
  • 持病のある人や高齢者

無理に断食すれば、メリットよりもデメリットの方が大きくなってしまいます。
またこれらの条件に当てはまらない場合でも、以下の3点には注意してください。

3日以上の断食はプロの指導のもとで行う

断食期間が長期になればなるほど、その難易度やリスクは上昇します。
自分一人で手軽に実践できるのは、最長でも3日までのファスティングと心得ておきましょう。

断食ダイエットは、断食期間が長くなればなるほど、効果を実感しやすくなっていきます。
最初は「3日間」の予定をスタートした断食も、体重が減ると嬉しくて「まだ大丈夫そうだから」という理由で、気軽に延長してしまうケースも少なくありません。

しかし断食期間が長くなればなるほど、体への負担は大きくなります
栄養が絶たれた状態で、脳を正常に働かせるのが難しくなることも考えられます。

たとえば「1週間の断食に挑戦したい!」という場合には、断食療法を専門とする医師のもとで行いましょう。
血液検査や定期的な診察、回復食の指導など、万全のサポート体制が整っている環境で実践してください。

断食前後の食事に注意

断食前後には、準備期間と回復期間が必要になります。
断食の効果を最大限に実感するためにも、前後の食事には気を配ってください。

準備期間には、無理なく断食に入れるよう、胃腸の負担が少ない食事を心掛けましょう。
油っぽい食事は控えて、和食中心の食生活がおすすめです。
野菜スープやおかゆも、胃腸を整えるのに効果的です。

回復期間には、流動食から少しずつ体を慣らしていきます
白米よりも玄米を、肉や魚よりも野菜を中心とした食事を心掛けよく噛んで食べるようにしましょう。
また、断食が終わったからと言って、暴飲暴食は禁物です。

断食中の水分補給はしっかり

断食期間中には、普段以上に水分補給をしっかり行うよう意識しましょう
成人が1日に必要とする水分量は、約2.2リットルです。
その内の半分、つまり1.1リットルは食事から摂取しているのですが、断食中はゼロになってしまいます。
普段以上に意識して、水分摂取に努めてください。

断食ダイエットのまとめ

ファスティングダイエットという名称で、断食ダイエットはより身近な存在になりました。
注意点を意識して上手に実践すれば、さまざまなメリットを実感できるものです。
長期間の断食は体への負担も大きいですが、短期間であれば、無理なく手軽に実践できます。
「最近食べ過ぎている」「なんとなく身体が重い」「デトックスしたい」という場合には、ぜひ断食に注目してみてください。

毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE

C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RELATED ARTICLES

この記事に関連する記事はこちら

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています