C COFFEE

イメージ写真

JOURNAL

COFFEE

コーヒーの味は温度が左右する!お湯は何度がベスト?

自宅でコーヒーを入れる際には、温度管理が大変だと思う方も多いのではないでしょうか?
「そもそも、なぜこれほどこだわらなければならないのか…」と、疑問を抱いてしまいがちです。

コーヒーの味は、抽出時の温度によっても変化することをご存知ですか?
コーヒーとお湯の温度の関係性について、分かりやすく解説します。

目次

  1. コーヒーの苦み・酸味は抽出温度で変わる
  2. コーヒーの香りを楽しむなら温度は高めで
  3. バランスのよい味のコーヒーなら温度は85~90度がベスト
  4. コーヒーのサイズによって温度を変えるのもおすすめ
  5. インスタントコーヒーは好みの温度で
  6. まとめ

コーヒーの苦み・酸味は抽出温度で変わる


コーヒーの味は、豆やロースト、水の種類によって大きく変わります。
そしてもう一つ、忘れてはならないポイントが、抽出時に使うお湯の温度です。

なぜお湯の温度でコーヒーの味が変わるのかというと、その秘密は「抽出時間」にあります。
お湯の温度が高ければ高いほど、抽出時間は短くなり、低ければ低いほど長くなるという関係性があるのです。

この違いが、味の変化につながっています。

コーヒーの苦みを強調する温度

コーヒーの苦みをより強調したいなら、高い温度のお湯を使いましょう。
コーヒーに含まれる苦み成分が、素早く多く抽出されます。

苦みをしっかりと感じられる1杯に仕上がるでしょう。

コーヒーの酸味を強調する温度

コーヒーに酸味を加える成分は、温度に関わらず抽出されます。
一方で、酸味よりも苦みが強く抽出されると、際立ちにくくなるという特徴があるのです。

つまり、低い温度のお湯を使い、できるだけ苦みを抽出しないようにすることが、酸味を強調するためのコツとなります。

温度が高すぎるとコーヒーの雑味が出る

お湯の温度が高すぎると、苦み以外にもさまざまな成分が多く抽出されてしまいます。
要するに、雑味も強く出てしまうでしょう。

ワイルドなコーヒーをあえて楽しみたいときにはおすすめですが、そうでなければ、沸騰したお湯をそのまま抽出に使うのは避けてください。

コーヒーの香りを楽しむなら温度は高めで


コーヒーの魅力は、味だけではありません。
心をリラックスさせる香ばしい香りも、忘れてはいけないポイントです。

香り重視でコーヒーを楽しみたい場合は、ぜひ高めの温度のお湯を使ってみてください。
コーヒーならではのふくよかな香りが、より一層引き立つでしょう。

バランスのよい味のコーヒーなら温度は85~90度がベスト


コーヒーの味とは、苦み・酸味・甘み・香りなど…複雑な要素が絡み合って構成されるものです。
だからこそ大切なのは、全体のバランスを見ながら、ちょうど良い温度を見極めることだと言えるでしょう。

コーヒーを入れるのに適した温度は、85~90度と言われています。
この範囲内で低め・高めを意識すると、バランスの良い味に仕上がるでしょう。

酸味のあるスッキリとした飲み心地を求めたい場合には、80~85度がおすすめです。
苦みやコクを楽しみたいなら、90~95度前後で調整してみてください。

85~90度というのは、ちょうどその中間の数値となります。
浅炒りにも深煎りにも対応しやすく、初心者でも味のバランスを取りやすい温度だと言えるでしょう。

コーヒーのサイズによって温度を変えるのもおすすめ


せっかく入れたコーヒーですから、最後の一口まで美味しい状態で飲み切りたいところです。
ホットコーヒーの飲み頃と言われる温度は、約68~70度です。

60度を切ると、ホットコーヒーの美味しさは半減してしまいますので、飲み終わるまでの時間についても考慮しましょう。

自宅でコーヒーを入れる場合、コーヒーカップよりもサイズが大きなマグカップを使う方もいるのではないでしょうか?
反対に、一般的なカップよりも小さい、デミタスカップを使用する方もいます。

コーヒーのサイズが大きくなればなるほど、飲み切るまでの時間も長くなると予想されます。
できるだけ熱いお湯で入れれば、飲み頃の温度を長く保ちやすくなるでしょう。

小さなカップで短時間に飲み切るのであれば、多少温度が低くても、美味しく飲み切ることができるはずです。
好みのサイズを意識しつつ、ちょうど良い温度を探してみるのもおすすめです。

インスタントコーヒーは好みの温度で


インスタントコーヒーの場合、ドリップコーヒーほど、お湯の温度を厳格に管理する必要はありません。

どのような温度のお湯を使っても、美味しいコーヒーを入れられますから、温度管理が苦手な方や面倒なことは避けたい方にもおすすめです。

ご自身の好みで、お湯の温度を決定してみてください。

ただし、インスタントコーヒー+冷たい牛乳でラテにする場合、できるだけ高温のお湯を使うのがおすすめです。

沸騰したお湯をそのまま使って、温度をできるだけ高く保ちましょう。
ドリップコーヒーのように、雑味が気になるようなことはありませんから、安心してください。

まとめ


コーヒー豆の美味しさをより引き出すため、ローストやドリップの手順にこだわっている方は多いのではないでしょうか?
その一方で、温度に関してはつい見落としてしまいがちです。
ぜひお湯の温度にも注目し、自分好みのコーヒーを作り上げてみてください。

高い温度のお湯でコーヒーを入れれば、香りや苦みが引き立ち、コーヒーらしいコーヒーが入れやすくなります。
一方で、酸味やスッキリ感を重視するため、あえて低温のお湯を使い、じっくりと成分を抽出していく方法もあります。

どちらの方が好みなのか、まずは一度試してみるのもおすすめです。
より一層美味し

ーーーーーーーーーー
毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE
C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。
すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。
毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています