イメージ写真

JOURNAL

COFFEE

コーヒーの蒸らし時間は何秒がベスト?味への影響を解説

コーヒーを淹れるとき、しっかり「蒸らし」の工程を取っていますか?
実は蒸らしはコーヒーの味を決める大切なポイントで、あるとないとでは大違いなんです。
この記事ではコーヒーを蒸らす意味や正しい蒸らし時間、うまくできないときの対処法などについて解説します。
ドリップコーヒーを淹れるとき、ぜひ参考にしてしてみてください。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

コーヒーの抽出に蒸らしが必要な理由

ドリップ式でコーヒーを淹れる場合に、最初に必要になるのが「蒸らし」です。
少量のお湯をコーヒー豆に注ぎ、少しの間待つ」ことですが、これはお湯と豆をしっかり馴染ませるために必要なステップです。

コーヒーの生豆は、焙煎によって茶色く香ばしいコーヒー豆の状態になります。
実はこの段階で、豆には炭酸ガスが含まれるのです。
このガスをコーヒーを淹れる前にしっかりと放出させるのが蒸らす目的です。

炭酸ガスに邪魔されず、コーヒーの苦みだけではなく、味わいや奥行き、ほのかな甘みまでしっかりと抽出できるようになります。

蒸らしの工程を終え、炭酸ガスを放出したあとのコーヒー豆は、蒸らす前よりも大きく膨らんだ状態になっているはず。
表面積が大きくなる分、コーヒーをしっかり抽出できるようになります。

コーヒーの蒸らしの方法

コーヒーの蒸らしの方法

コーヒーの蒸らしにはちょっとしたコツがあります。
今まで「ただなんとなくお湯をかけて少し時間を置いていただけ」という人は、一度正しい手順を確認してみてはいかがでしょう?

1.コーヒーにお湯をそっと注ぐ

蒸らしのポイントは、少量のお湯をムラなく豆全体に行き渡らせることです。
そのためには、優しく丁寧にお湯を注ぐと良いでしょう。

急いでいると、コーヒー豆の一点だけに、勢いよくお湯を注いでしまいがちです。
しかしこの場合、コーヒー豆の一部分のみにお湯で穴があいたようになり、全体をうまく蒸らせなくなってしまいます。

お湯を注ぐ際には、豆の中心からゆっくりと「の」の字を書くように回していきましょう。
豆全体にお湯がかかったらOKです。

2.蒸らし時間をきちんと計る

お湯を掛け終わったら、お湯とコーヒー豆が馴染むまでの時間をしっかりと取りましょう。
ベストな蒸らし時間は、30秒と言われています。
蒸らし時間によっても味が変わるため、20秒や40秒など、好みに合わせて微調整してみるのもおすすめです。

ただ一点だけ重要なのは、蒸らし時間はタイマーでしっかりと計測するという点です。
感覚だけに頼らず計測することで、いつもブレのない美味しいコーヒーが楽しめるようになりますよ。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

コーヒーの蒸らし時間の正解は?1分は長い?

先ほどもお伝えしたとおり、コーヒーの蒸らし時間のベストは30秒と言われています。
とはいえ、「1分だと長すぎてまずくなる」というわけでもありません。

コーヒーの蒸らし時間を30秒よりも短く設定した場合、あっさりとした軽めのボディに仕上がります。
一方で、60秒ほど蒸らした場合、酸味や苦みもはっきりと抽出され、コクや奥深さ、重さを感じられる仕上がりになるでしょう。
30秒という蒸らし時間は、両者の間のバランスを意識した長さと言えます。

30秒という数字はあくまでも一般的な目安で、「1分待ったコーヒーの方が好き」という方も少なくありません。
ぜひ好みの蒸らし時間を探してみてください。

コーヒーの蒸らしで膨らまない理由

コーヒーが膨らまない理由の画像

実際にコーヒーの蒸らし作業を行ってみると、「あれ?お湯をかけても豆が膨らまない…」ということもあるかもしれません。
膨らまない理由としては、以下のようなものが考えられます。

コーヒー豆が古い

蒸らしの工程でコーヒー豆が膨らむのは、炭酸ガスの影響によるものです。
しかし焙煎から時間が経っている豆の場合、蒸らしを行う前にすでに炭酸ガスが抜けてしまっているケースもあります。
古い豆は、残念ながらどれだけがんばってもうまく膨らみません。

コーヒー豆が浅煎りすぎる

コーヒー豆の鮮度は良くても、焙煎度によっては、やはりうまく膨らまないケースもあります。
浅煎りの豆は、焙煎時間が短く、もともとあまり炭酸ガスが含まれていないのです。
最初から含まれていないものを抜くことはできないため、豆は膨らまないというわけです。

抽出するお湯の温度が低い

蒸らしに使うお湯の温度が低すぎると、なかなか反応が進みません。
新しい挽きたての豆を使っており極端な浅煎りでもないのに膨らまないという場合は、お湯の温度が低くなっているのかもしれません。

コーヒーの蒸らしでうまく膨らませるコツ

初心者でもコーヒー豆をうまく膨らませるためには、以下の3つのコツを意識してみてください。

  • 鮮度の良いコーヒー豆を使う
  • 中煎りや深煎りの豆を選ぶ
  • お湯の温度は85度程度に調整する

スーパーなどで販売されているコーヒー豆を使う場合、消費者のもとにやってくるまでに長い時間がかかっていることもあります。
鮮度管理がしっかりできているコーヒー専門店から、直接購入するのがおすすめです。
焙煎度にもぜひこだわってみてください。

またお湯の温度は、高すぎても低すぎてもうまくいきません。
お湯を測るのが面倒な場合は、温度の設定ができるケトルを使うと便利です。

コーヒーの味は温度が左右する!お湯は何度がベスト?

コーヒーの蒸らしまとめ

簡単そうで奥が深いのが、ドリップ式コーヒーに欠かせない「蒸らし」の工程です。
これまで「なんとなく」でこなしてきた方は、ぜひ正しい方法を意識して、豆を膨らませてみてください。
いつものコーヒー豆でも、きっと美味しく感じられるはずです。

コーヒーで置き換えダイエットできる?効果的なやり方を紹介

毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE

C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RELATED ARTICLES

この記事に関連する記事はこちら

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています