イメージ写真

JOURNAL

RECIPE

2022年6月のC COFFEEアレンジレシピ

【パイナップルミントコーヒー 】

pineapple_coffee
\ここがポイント/
ジューシーな甘さのパイナップルと、スッキリ爽やかなミントを組み合わせた夏感満載なコーヒーレシピ♪
さっぱりとした飲み心地でゴクゴク飲めてしまうので、夏バテしそうな蒸し暑い日にもピッタリ!
パイナップルは缶詰のものでもOKですが、フレッシュな生パイナップルの方が酸味があって美味しく、
またシロップに漬けていない分ヘルシーなのでおすすめです。

《材料》(カップ1杯分) グラス1杯当たり約67kcal
・C COFFEE 小さじ1
・アガベシロップ 小さじ2
・水 160㎖
・氷 適量
・パイナップル 適量
・ミントの葉 適量

《作り方》
1.注ぎ口のついた容器(ピッチャーなど)にC COFFEEとアガベシロップ・水を入れてよく混ぜ合わせておく。
2.グラスに氷と1.5cm角に切ったパイナップル・ミントの葉をランダムに入れ、1.のコーヒーを注ぎ入れる。


【シトラスコーヒースカッシュ】

citrus

\ここがポイント/
蒸し暑い日にもピッタリな、爽やかな甘さのアレンジコーヒーレシピ♡
果汁の自然な甘さがある分、甘味料を使う量が抑えられるのでヘルシーに!
オレンジ・レモンの他に、ライムなどを加えても美味しくお飲みいただけます♪

《材料》(カップ1杯分)グラス1杯当たり約58kcal
・C COFFEE 小さじ1
・オレンジ 1/2個
・レモン 1/2個
・お湯 大さじ1
・はちみつ 小さじ1
・氷 適量
・炭酸水 150㎖
※ミントの葉・オレンジスライス等 飾り用

《作り方》
1.オレンジとレモンは果汁を絞っておく。
2.グラスにC COFFEEと1.の果汁・お湯・はちみつを入れてよく混ぜ合わせる。氷を入れたら、炭酸水を注ぎ入れて、お好みでミントやオレンジスライス等を飾る。


【ほろ苦コーヒーシュガーラスク】

rusk
\ここがポイント/
市販のフランスパンを使って簡単に作れる、焼菓子レシピ♪
香り高いバターとほろ苦いコーヒーの風味が美味しいので、ついつい手が伸びてしまいます♡
フランスパンは全粒粉タイプのものなど、グラニュー糖もラカントなどを使うと、よりヘルシーに楽しめますよ!

《材料》(12枚分) ※1枚当たり約47kcal
・フランスパン 約1/2本
・バター 20g
・C COFFEE 小さじ1
・グラニュー糖 大さじ1と1/2

《作り方》
1.フランスパンは1cmの厚さに切って皿になるべく重ならないように並べ、600Wの電子レンジで1~1分半加熱して乾燥させる。
(硬くなっていればOK)
2.耐熱容器にバターを入れてラップをし、10~20秒加熱して溶かしたらC COFFEEを加えてよく混ぜ合わせ、ハケやスプーンなどで1.の表面に塗り、てんさい糖をまぶす。
3.クッキングシートを広げた天板に並べ、130℃に予熱したオーブンで10~15分ほど焼く。


【簡単3STEPでできる!そば粉のコーヒークレープ】

garette
\ここがポイント/
混ぜて伸ばして焼くだけ!と3STEPでできちゃう、簡単レシピ♪
クレープは生地を焼くときに、穴があいてしまったり破れてしまうことがありますが、このレシピは盛り付け時に折りたたんでうまくカバーできるので問題なし♡
またそば粉は小麦粉よりもGI値が低いので、ダイエット向きな食材です。

《材料》(約2人分)1人分当たり約170kcal
★そば粉 40g
★C COFFEE 小さじ1
★卵 1個
★塩 少々
・水  50㏄
・牛乳 50㏄
(トッピング)
・バター 10g
・粉糖 適量
※ローズマリー 飾り用

《作り方》
1.クレープ生地を作る。ボウルに★印の材料を入れて混ぜ合わせ、さらに水と牛乳を加えてダマがなくなるまで混ぜたら、ラップをして冷蔵庫に入れ30分ほど休ませる。
2.フライパンに油(分量外)を熱して1.をお玉1杯分流し入れて薄くのばし、弱~中火で両面焼いたら、折りたたんで皿に盛り付ける。これを生地がなくなるまで繰り返す。
3.最後にバターをのせて、粉糖をふる。

毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE

C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RELATED ARTICLES

この記事に関連する記事はこちら

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています