C COFFEE

イメージ写真

JOURNAL

COFFEE

コーヒーソムリエになる方法は?仕事には役立つ?

コーヒーに精通した人だけが名乗れる肩書き「コーヒーソムリエ」は、コーヒー愛好家にとって憧れるものかも知れません。

本記事ではコーヒーソムリエになる方法や、コーヒーソムリエの立場を仕事に役立てられるのかどうかを詳しくご紹介します。

目次

  1. コーヒーソムリエとは?
  2. コーヒーソムリエは意味ない?何のために取るの?
  3. コーヒーソムリエの資格の取り方
  4. コーヒーソムリエまとめ

コーヒーソムリエとは?


コーヒーソムリエとは、いわばコーヒーの専門家です。かつては「コーヒーアドバイザー」という名称でしたが、2016年に今の「コーヒーソムリエ」に変更されました。

コーヒーソムリエはコーヒーの資格認定試験

コーヒーソムリエになるためには、コーヒー豆の種類や焙煎の仕方などをはじめとした「コーヒーについての知識」を幅広く持ち、かつ、コーヒーソムリエの試験に合格する必要があります。

コーヒーの資格認定試験「コーヒーソムリエ資格認定試験」に合格すると、晴れてコーヒーソムリエを名乗れるようになります。

コーヒーソムリエは誰でも受験が可能

コーヒーソムリエ資格認定試験には、これといった受験資格が定められていません。誰でも受験が可能です。

試験の主催である日本安全食料料理協会の公式サイトで確認しても、受検資格の項目には「特になし」と記載されています。コーヒーに興味を持つ人であれば、国籍や年齢にとらわれず、誰でも受験できることが分かります。

コーヒーソムリエは意味ない?何のために取るの?


一部では「コーヒーソムリエの資格を取っても意味がない」と囁かれているようですが、実際には人生を豊かにしてくれる素敵な資格です。どのような人が何のために取るのでしょうか。

コーヒー業界の仕事の一環で取る場合も

コーヒー業界で仕事をしている人は、仕事の一環としてコーヒーソムリエを取る場合があります。大手のコーヒー関連企業では、社員全員にコーヒーソムリエの取得をすすめているほどです。

コーヒーの専門知識を持つという証明になるコーヒーソムリエの資格は、仕事で信用を得るための大きな助けになるでしょう。

雇用側も安心して仕事を任せられますし、コーヒー好きのお客さんからの信頼度も上がりやすくなります。

コーヒー好きの趣味としてもおすすめ

趣味としてコーヒーを楽しみ、知識を深めている人もいます。そのような人にもコーヒーソムリエはおすすめです。

より深い知識を得られる機会になりますし、場合によっては副業としてコーヒー関係の仕事に結び付くかもしれません。自分の可能性を広げるチャンスが期待できます。

コーヒーソムリエの資格の取り方


コーヒーソムリエの資格の取り方をご紹介します。試験内容や受験費用についておさえておきましょう。

コーヒーソムリエ試験で問われる内容

試験ではコーヒー豆についての知識やコーヒーの歴史、豆同士の相性など、コーヒーに関する基本的な事項を問われます。産地や種類などの履修も欠かせません。

コーヒーソムリエの資格取得に関する専門講座はなく、自学自習が基本です。コーヒーに関する本やデータサイトを参考に、知識を深めていきましょう。

コーヒーソムリエ試験の受験費用

コーヒーソムリエ資格認定試験の受験費用は、消費税込みで1万円です。なお、試験方法は在宅になりますので、交通費は必要ありません。

コーヒーソムリエまとめ


コーヒーソムリエはコーヒー関係の仕事をしている人やコーヒー愛好家におすすめの資格です。

資格の取得によって仕事のモチベーションに繋がったり、今までよりも幅広い業務ができるようになるかもしれません。

趣味で取る人にとっても、コーヒーをさらに楽しみたいという気持ちがいっそう強くなることでしょう。

試験勉強を続けるうち、奥深いコーヒーの世界をより深く知るきっかけも生まれそうです。機会があれば受験を検討してみてはいかがでしょうか。

ーーーーーーーーーー
毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE
C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。
すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。
毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています