イメージ写真

JOURNAL

COFFEE

コーヒーかすは肥料に使える?再利用の方法や注意点を解説

コーヒーを美味しく楽しんだ後のコーヒーかす、捨てるのは少しもったいないかも?
実はコーヒーかすは植物の肥料として使うこともできるんです。
でもコーヒーかすをそのまま与えるのはNG、枯れてしまうかもしれません。
この記事ではコーヒーかすを肥料にする方法をご紹介します。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

コーヒーかすは肥料になる!でもそのまま使用はNG

コーヒーかすを肥料として使えれば、ガーデニングや家庭菜園を楽しんでいる方にとっては、非常に有効な再利用方法と言えますよね。

ただし、そのまま使用することはできません

「土の代わりに使う」「そのまま庭にまく」という使い方は不可能なので、注意しましょう。
まずはその理由や、メリットについて紹介します。

コーヒーかすを肥料として使うメリット

コーヒーを入れるたびに発生するのが、コーヒーかすです。
仕方がないことだとは言え、処理するたび、なんとなくもったいなく感じてしまう方も多いのではないでしょうか。

コーヒーかすを肥料として活用できれば、生ごみを減らす効果が期待できます。

コーヒーかすは、もともとコーヒー豆から作られており、有機肥料のもととなります。
家庭菜園やガーデニングをしていて、土の状態が気になったことはありませんか?

土が痩せた状態では、作物や草花はうまく育ちません。
こうした状態を、不要物によって解消できるのが、コーヒーかす肥料のメリットだと言えるでしょう。

普段からコーヒーを飲んでいる方であれば、無料で入手できる点も嬉しいポイントです。

コーヒーかすがそのままでは肥料にならない理由

有機肥料として活用できるコーヒーかすですが、残念ながらそのままでは使えません。
なぜなら、コーヒーかすには以下のような成分が含まれているからです。

  • カフェイン
  • タンニン
  • クロロゲン酸

どれも、コーヒーにはお馴染みの成分ですが、土にそのまま混ぜてしまうと、これらの成分が植物の成長を阻害してしまいます

またコーヒーかす中に含まれる窒素が、土壌中の成分に影響を与えてしまう恐れもあります。
コーヒーかすの影響で、土壌中の窒素成分が減少し(窒素飢餓)、植物が必要な栄養分を確保できなくなってしまうのです。

見た目は黒っぽいですが、土の代わりにはなりません。
単純に庭にまくのではなく、ひと手間かけて肥料にしましょう。

コーヒーかすを肥料に変える方法

コーヒーかすを肥料として活用するためのキーワードは、「発酵」です。
落ち葉や腐葉土などと混ぜ合わせて発酵させれば、とても良い肥料になります。

基本的にはただ置いておくだけでOKなので、特に難しいことはありません。
発酵によって、その質を変化させましょう。

コーヒーかす肥料作りに必要なもの

コーヒーかす肥料を作る際には、以下のアイテムを用意しましょう。

  1. コーヒーかす
  2. 落ち葉や市販の腐葉土
  3. 段ボール
  4. 新聞紙
  5. バスタオル
  6. 米ぬか

近隣に山や自然があれば、落ち葉を集めて拾って来ればOKです。
ない場合は、ホームセンターなどで腐葉土を購入して代用しましょう。

バスタオルは、段ボールを覆うための道具です。
古い毛布や、着られなくなったTシャツなどでも代用できます。

コーヒーかす肥料を作る手順

実際に肥料を作る手順は、以下を参考にしてみてください。

  1. 段ボール箱に新聞紙を敷く
  2. 落ち葉とコーヒーかすを3:1の割合で入れてよく混ぜる
  3. コーヒーかすと同量の米ぬかを入れて混ぜる
  4. 水を適量加えて湿らせる
  5. 1日1回混ぜながら3週間ほど待つ
  6. さらに1か月ほど熟成させて完成

完成した肥料は、土に混ぜて使いましょう。
落ち葉に対してコーヒーかすが多すぎると、うまく発酵が進まない恐れもあります。

1日1回かき混ぜるときに、温かくなっていなければ発酵が進んでいない証拠です。
落ち葉を増やして様子を見ましょう。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

コーヒーかすは肥料以外にも用途色々

コーヒーかすは、肥料以外にも使い道があります。
2つの方法を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

コーヒーかすを消臭剤として使う

コーヒーかすには、消臭効果が期待できます。
余計なものを吸着し、嫌なにおいを取り除いてくれるでしょう。

これは、コーヒーかすが炭と同じように、「多孔質」と呼ばれる性質を持っているから。
粒子にたくさんの小さな穴が開いていて、そこに余計なものを取り込む仕組みとなっています。

コーヒーかすを消臭剤として使う場合は、まずはしっかりと乾燥させましょう。
天日干しのほか、電子レンジで温めるのもおすすめです。

渇いたコーヒーかすを不織布の袋に詰めたら、においが気になる場所に置いてみてください。
靴箱やゴミ箱の中など、悪臭が気になりやすい場所がおすすめです。

コーヒーかすを洗浄剤として使う

同じく多孔質の性質を利用して、コーヒーかすを洗浄剤として使う方法もあります。
粒子に開いたたくさんの小さな穴が、油を吸収し取り除いてくれるのです。

汚れたフライパンをキッチンペーパーやウエスで拭き取る前に、コーヒーかすを入れて馴染ませてみましょう。

その後、普段どおりに拭き取るだけで、楽に掃除できるはずです。
また、ガラスのコップをきれいにしたいときにも便利に使えます。

コーヒーかすを入れてこすれば、洗剤なしでもピカピカになるでしょう。
生ごみにする予定だったコーヒーかすを使うだけで、エコな洗浄を実現できます。

コーヒーかすの再利用はできる?活用するためのコツも紹介

大好きなコーヒーでボディメイクするならチャコールコーヒーがおすすめ

毎日を幸せな気分にしてくれるコーヒーでダイエットをサポートできたり、ボディメイクできるなら嬉しいもの。
体の余分なものを吸着して排出してくれるチャコール(炭)を配合したチャコールコーヒーを選べば、毎日のコーヒー時間が綺麗を作る時間に変わります。

体重や体型が気になるという人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

チャコールコーヒーの飲み方|飲むタイミングやダイエットの際に注意することは?

まとめ

何気なく捨てているコーヒーかすですが、扱い方さえ知っていれば、さまざまな用途に使えます。
肥料は出来上がるまでに時間がかかるので、余裕を持って作業をスタートするのがおすすめです。

自分自身の手で育てる喜びも、ぜひ味わってみてください。
美味しいコーヒーを楽しんだあとは、そのかすのパワーで、豊かな畑や美しい庭を実現しましょう。

毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE

C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RELATED ARTICLES

この記事に関連する記事はこちら

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています