C COFFEE

イメージ写真

JOURNAL

COFFEE

コーヒーバッグって何?使い方やドリップとの違いを紹介

コーヒーの淹れかたはさまざまにあります。ドリップコーヒーやインスタントコーヒー、そして最近は手軽にドリップ風味が楽しめるコーヒーバッグも大人気です。

「コーヒーバッグの使いかたは?」「ドリップとどう違うの?」など、コーヒーバッグについて気になるポイントを解説します。

目次

  1. コーヒーバッグとは?
  2. コーヒーバッグで美味しいコーヒーを入れるコツ
  3. コーヒーバッグとドリップの違い
  4. まとめ

コーヒーバッグとは?


紅茶や日本茶のティーバッグはご存知でしょう。茶葉で手軽にドリンクが淹れられる便利なものです。

コーヒーバッグは基本的にティーバッグと同じ考えかたです。カップにセットしてお湯を注げば美味しいコーヒーが抽出できる、コーヒー好きにとって嬉しいアイテムなのです。

「職場でも手軽に美味しいコーヒーが飲みたい」「ドリッパーを使うのが苦手で…」という悩みも、このコーヒーバッグとカップ、もしくはタンブラーさえあればすぐに解決できます。

コーヒーバッグで美味しいコーヒーを入れるコツ


お湯を注げば手軽にコーヒーを抽出できるコーヒーバッグですが、コツを掴めばさらに美味しいコーヒーが楽しめます。ご紹介するいくつかのコツを守って、美味しいコーヒーを淹れましょう。

抽出時間をしっかり守る

コーヒーバッグは商品ごとに抽出時間が記載されています。記載されている時間は「そのコーヒーバッグでもっとも美味しいコーヒーが抽出できる時間」ですので、ぜひしっかりと守ってください。

また、お湯を注ぐ前にコーヒーカップを温めておくのもおすすめです。美味しくいただける温度が長く保てます。

コーヒーバッグを揺らす

時間通りに抽出したら、取り出す前にお湯の中でコーヒーバッグを揺らしましょう。揺らすことによってコクがしっかりと味わえるようになります。

コーヒーバッグは揺らせば揺らすほどコクが深まります。何度か淹れるうち、お好みのコク加減を出すには何回揺らせばいいか分かるようになるでしょう。

コーヒーバッグでアイスを作る方法は?

アイスコーヒーを飲みたいときにもコーヒーバッグは活躍します。コーヒーバッグと熱湯、そして氷を用意しましょう。

コーヒーバッグをセットしたコーヒーカップに氷を入れ、熱湯を少量注ぎます。コーヒーバッグの中の粉を少し蒸らしたあと、何回かに分けて熱湯を注ぎきりましょう。

注ぎ終えたらコーヒーバッグを外し、最後に氷を追加すればアイスコーヒーの出来上がりです。淹れ立てのコーヒーで作るアイスコーヒーは、格別の味わいを楽しませてくれるでしょう。

コーヒーバッグとドリップの違い


コーヒーバッグはお湯を注ぐ形式のため、ドリップと似ている印象です。コーヒーバッグとドリップコーヒーの違いは何なのでしょうか。

コーヒーバッグのほうが簡単

ドリップコーヒーと比べ、コーヒーバッグは簡単に美味しいコーヒーを抽出できる特徴があります。

ドリップの場合、ドリッパーやコーヒーサーバーを用意して、メジャースプーンで豆を測って…と何かと手間がかかります。美味しいコーヒーを淹れられるのは確かですが、時間がないときには少し困るかもしれません。

いっぽう、コーヒーバッグはカップやタンブラーがあれば短時間でコーヒーが淹れられます。豆の量を測る必要もありません。「手軽に美味しいコーヒーが飲みたい」と考える人にとって、コーヒーバッグは強い味方になってくれます。

コーヒーバッグは濃さの調整がしやすい

コーヒーバッグは濃さの調整をしやすいという特徴もあります。抽出時間や引き上げる前に揺らす回数をコントロールすれば、お好みの濃度・コクのコーヒーが淹れられます。

コーヒーバッグのまとめ


コーヒーバッグは複数の道具の準備や豆の計量をすることなく、美味しいコーヒーを手軽に淹れられます。

コーヒーカップやマグカップ、タンブラーと熱湯さえあれば、どこでも粉で淹れたコーヒーを飲めるのは、コーヒー好きにとって嬉しいものでしょう。

豆の種類もさまざまなものが選べます。お気に入りのコーヒーバッグを見つけて、いつでもどこでも美味しいコーヒーを楽しみましょう。

ーーーーーーーーーー
毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE
C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。
すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。
毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています