イメージ写真

JOURNAL

DIET

水でダイエットできる?その理由と注意点を紹介

人間が生きるうえで水は欠かせないもの。
健康のためだけでなく美容やダイエットにも水が大きく関わっているのはご存知でしょうか?
この記事ではダイエットに水がどう関わるのか、効果的な飲み方や水の選び方などもご紹介します。
毎日飲んでいる水を見直すことで、ダイエットがもっとはかどるかもしれません。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

ダイエットに水が必要な理由

ダイエットをしているなら、普段以上に意識して水を飲むことが大切です。
その理由を解説します。

からだの循環が良くなる

私たち人間の身体の約6割は、水でできていると言われています。
体内にある水は、私たちの身体を健やかに保つため、見えないところで日々働いてくれているのです。

人間の身体の中では、100兆個を超える細胞が日々さまざまな活動を行っています。
その活動の中で生まれる老廃物を、身体の中から運び出し、体外へと排出する役割を担っているのが「水」なのです。

またダイエット中に身体から水分が不足すると、血液の流れが滞りがちになってしまいます。
体内の巡りが悪くなれば代謝が落ち、身体機能を維持するために消費されるエネルギー量が減少します
その分だけ、「太りやすく痩せにくい体質」に近付き、ダイエットが成功しづらくなる可能性が高まるのです。

便秘解消につながる

ダイエット中には、食事量を減らす方も多いのではないでしょうか。
しかし食事のかさが減り、食べ物からの水分摂取量も減ることで、便秘に悩まされるケースも少なくありません。
そのため食事を減らす場合は意識して水を多めに飲む必要があります

老廃物をうまく排出できなければ、腸内では悪玉菌がどんどん増殖してしまいます。
ダイエットをスムーズに進められないだけではなく、肌にも悪い影響が出てしまう恐れがあるため良いことは一つもありません。

むくみ解消につながる

水を沢山飲むとむくむのでは?と思うかもしれませんが、それは逆。
水を沢山飲んで体の巡りを良くすることで、むくみを解消する効果が期待できるのです。

太ったと思っていても、それはむくみが原因のこともあります。
むくみを解消することで見た目もすっきりとするため、ダイエットのモチベーションも上がるはずです。

ダイエット中の水の摂り方

ダイエットと水の画像

上で紹介したとおり、ダイエット中に水を飲むメリットは沢山。
とはいえ、摂取方法を間違えると、思うような効果を得られないだけではなく、むしろ逆効果になってしまう可能性もあるので注意が必要です。
ダイエット中の水の摂り方で、意識したい3つのコツを紹介します。

ダイエット中は常温の水を飲む

ダイエット中には、摂取する水の温度に気を配ってみてください。
夏場は特に「キンキンに冷やした氷水」を飲みたくなりますが、常温の水を選ぶのがベストです。

冷たい水は内蔵を冷やし、負担をかけます
内蔵が冷えれば血行が滞り、老廃物を排出する効果は薄くなってしまうでしょう。
ダイエット効果を実感するどころか、これまで以上にむくみや便秘に悩まされてしまう恐れがあります。

常温の水とは、具体的に15~25度程度を指します。
ペットボトルの水は、冷蔵庫に入れずに保管しておきましょう。
常温の水を飲むのが苦手な方は、冷水ではなく白湯に挑戦してみてください。
温かいお水であれば、胃腸への負担を和らげ、老廃物排出機能も衰えません。

量は1日1.5~2リットル

摂取する水分量は、多すぎても少なすぎてもNGです。
1日あたり1.5~2リットルになるよう、調整してみてください。

水分摂取量が少ない場合、メリットを実感しづらくなりますが、反対に水分摂取量が多すぎる場合、水中毒に陥るリスクがあります。
水中毒とは、水分の大量摂取が原因で、体内の塩分濃度が低下した状態を指します。
めまいや頭痛、下痢や頻尿のほか、状態によって命の危険にさらされることもあるため、極端に多い量の水を飲まないよう十分に注意してください。

一度に飲まずこまめに飲む

ダイエット目的で水を飲む場合には、1回あたりの量を減らし、回数を増やすようにしてください。
なぜなら、人間の身体は一度に大量の水を吸収できないからです。

せっかく水を飲んでも、体内に吸収されないまま体外へと排出されるようでは、あまり意味がありません。
1回あたりの摂取量はコップ1杯分程度に留め、7~10回程度に分けて飲むのがおすすめです。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

ダイエット中に水を飲むおすすめのタイミング

水を飲むタイミングの画像

ダイエット中に水を取り入れるなら、ぜひタイミングについても意識してみてください。
「いつ飲むか?」に工夫することで、ダイエットを効率良く進めやすくなるでしょう。
2つのタイミングとそのメリットを、具体的に紹介します。

起床後の水は代謝アップに効果的

ダイエット中の水摂取タイミングとして、おすすめなのが「起床直後」です。
私たち人間は、就寝中も汗をかきます。
一方で、水分補給はできないため、起床直後には身体がカラカラに乾いているケースも多いのです。
朝起きたタイミングでコップ1杯の水を補給すれば、身体の内側から潤いを取り戻していくことができます。

また起きてすぐに水を飲めば、寝起きでボーっとする頭をすっきりさせる効果も期待できます。
まだ眠っている身体を起こし、体内の循環をサポートする効果も生まれるメリットもあります。

入浴前後の水分補給もおすすめ

水分摂取のタイミングとして、もう一つおすすめなのが入浴前後です。
お風呂に入る前にコップ1杯の水を飲み、お風呂から上がった後にも摂取しましょう

睡眠中と同様に、入浴中も身体からは多くの水分が失われます。
入浴前後に意識して水分摂取をすることで、脱水症状になるリスクを低減できます。

お風呂に入って身体が温まれば、全身の血流も良くなります。
水分補給と入浴の組み合わせは、代謝を高め巡りを良くするダイエットの定番です。

ダイエットにおすすめの水は?

水と言っても、コンビニやスーパーに行けば多くの種類が並んでいます。
水分補給や巡りを良くするという意味ではどんな水でも好みで選んでOKですが、ダイエット的におすすめしたいのは以下の2種類です。

便秘解消に効果的なのは硬水

硬水とは、マグネシウムやカルシウムといったミネラル類を、豊富に含んでいる水のこと。
一般的には、硬度が120mg/L以上の水が「硬水」と呼ばれています。

硬水に含まれるマグネシウムやカルシウムは、私たち日本人の食生活において、不足しやすい栄養素として知られています。
特にマグネシウムは便秘解消効果があるとされ、なかなかスッキリできない体質の方におすすめです。

ちなみに日本で手に入る水の多くは、水道水を含めて「軟水」に当てはまります。
外国産のミネラルウォーターには硬水が多いのですが、軟水を飲み慣れていると硬水に対して「飲みづらさ」を感じがちです。
硬水に対して苦手意識がある場合は、硬度が80~120mg/L程度の「中程度の軟水」からスタートすると良いでしょう。

満腹感のある炭酸水

ダイエット中の空腹感で悩まされがちな方には、炭酸水がおすすめです。
水の中にガスが溶けている炭酸水は、シュワシュワとした喉ごしが楽しめます。
またガスでお腹が膨らむため、満腹感を抱きやすくなります。

お腹が空いたときに飲むのはもちろん、食事前のタイミングで摂取するのもおすすめです。
ほどよく満腹感を抱けるため、食べ過ぎ防止につながるでしょう。

ダイエット中に水を飲むときの注意点

ゼロカロリーで身体に良い効果が期待できる水は、ダイエット中も気軽に口にできる飲料です。
しかし以下の2点は注意しておくべきポイントです。

過剰に飲みすぎるのは逆効果

ダイエットに水が良いからと言って、過剰摂取は逆効果です。
先ほどもお伝えしたとおり、水中毒になったり、体内に吸収できなかったりする恐れがあります。
排出機能が追い付かなければ、かえってむくみがひどくなったり、体重が増加したりするケースも。
自分の体と相談しつつ、1.5~2リットル程度に収めるようにしましょう。

一度に大量に飲むのはNG

1日に多くの水を飲む水ダイエットですが、1回あたりの量が多くなり過ぎないよう注意しましょう。
胃腸に負担をかけてしまう恐れがあるほか、頻尿になってしまうリスクもあります。

一度に大量の水を飲むと、水を飲んだ瞬間に大脳が刺激されてしまいます。
トイレが近くなったり、回数が多くなったりする人は、ぜひ1回あたりの量を減らし、摂取する回数を増やすように意識してみてください。

ダイエット中の水分はお茶でもいい?

ダイエットとお茶の画像

ダイエット中に水がいいと言われても、「水ばかりを飲み続けるのは辛い」と思う方もいるかもしれません。
こんなとき、水代わりになりそうな水分と言えばお茶ですが、カフェインが含まれているかどうかで対応が変わります。

煎茶やほうじ茶、ウーロン茶には、コーヒーほどではありませんが、カフェインが含まれています。
カフェインには利尿作用があるため、お茶などとは別で、きちんと水を飲むのがおすすめです。
一方で、お茶の中には麦茶やコーン茶、黒豆茶など、カフェインを含んでいない種類もあります。
こうした種類のお茶を選べば、ダイエット中の水分摂取にもOKです。

とはいえ、お茶にはそれぞれ、水と違った特徴があるもの。
やはり単純に水分補給ということであれば、水を飲むのに越したことはありません。

それでもダメな場合はチャコールコーヒーでの置き換えがおすすめ

色々試してみたけど挫折してしまった、全然効果が出なかった…という場合、チャコールコーヒーでの置き換えがおすすめです。
体の余分なものを吸着して排出してくれるチャコール(炭)を配合したコーヒーなら、今まで置き換えダイエットで効果が出なかったという人でも成功することが多いよう。

普通のコーヒーよりも香ばしくて美味しい!とハマる人も多いチャコールコーヒー、試してみてはいかがでしょうか?

チャコールコーヒーの飲み方|飲むタイミングやダイエットの際に注意することは?

ダイエット中の水まとめ

今回は、ダイエット中の水分摂取とその方法についてまとめました。
私たち人間が生命を維持するために、水は欠かせないものです。
日々しっかりと摂取することで、ダイエット効果やデトックス効果も期待できるでしょう。

普段私たちは、飲み物だけではなく食べ物からも、一定量の水分を摂取しています。
食事量が減るダイエット中は、食べ物から摂取できる水分量が低下する恐れがあり、普段以上に意識して水を飲む必要があります。
水を取り入れるメリットや、ダイエット中の正しい水分補給方法、そして目的別にぴったりの水を知って、ぜひ美容と健康に役立ててみてください。

コーヒーで置き換えダイエットできる?効果的なやり方を紹介

毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE

C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RELATED ARTICLES

この記事に関連する記事はこちら

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています