イメージ写真

JOURNAL

DIET

ダイエット中にお酒はOK?太りにくい飲み方のポイント

ダイエットしたいけど、お酒は絶対やめられない!
そんな風に思ったことがあるお酒好きの方は多いのでは?
「低糖質なお酒なら好きなだけ飲んでOK」という説を信じて、ハイボールなどを好きなだけ飲んでいたら太ってしまった…なんて失敗もお酒好きあるあるです。
今回はお酒がやめられないダイエッターのために、太りにくいお酒の飲み方をご紹介します。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

お酒はそもそも太る飲み物?

お酒と一言でいってもその種類は様々。
ビールにワイン、日本酒、カクテル…甘いお酒はカロリーも高そうでダイエットに不向きというのは誰もが思うことかもしれませんが、甘くないお酒でも太ってしまうものなのでしょうか?

お酒のカロリーは「エンプティカロリー」と呼ばれることもありますが、これは残念ながら「カロリーがエンプティ(空)だからカロリーゼロ!」という意味ではありません。
お酒のカロリーは体内に入ると最優先で燃焼されるためカラダに蓄積されにくい、使われることのないカロリー…という意味であるといわれています。

燃焼されるなら沢山飲んでもOK?と思いたくなりますが、そこが実はダイエットの落とし穴なんです。

低糖質なお酒で太ってしまう理由

お酒自体のカロリーは燃えてしまうなら、低糖質なお酒を選べば太らない…というわけではありません。
なぜなら、お酒のカロリーを消費している間、ほかのものの代謝が後回しになってしまうからです。

お酒無しで食事だけした場合と、お酒と一緒に食事をした場合、その食事分のカロリーが吸収されやすくなるのはお酒ありの場合ということになります。
お酒自体で太るわけではなくても、太りやすくなるのはこういったメカニズムのため。

これを踏まえた上で、ダイエット中にお酒を楽しむためのポイントをご紹介します。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

ダイエット中にお酒をのむときのポイント

お酒で太ってしまう理由を押さえた上で、ダイエット中に楽しむためのポイントは以下です。

  1. 飲むタイミング
  2. お酒の種類
  3. 一緒に食べるもの
  4. お酒の量

これらを簡単にご説明していきましょう。

①お酒を飲むタイミング

ダイエット中にお酒を飲むなら、ベストなタイミングは「食後」です。
喉が渇いている状態で、食前にまずはビール…とか、食前酒にとりあえずスパークリングワイン…なんていう飲み方はしてしまいがちですが実はNG。

食事と一緒に楽しむのも、ダイエット中はあまりおすすめできません。

食事を済ませてからお酒だけを楽しむのが、ダイエット中は最適な飲み方といえるでしょう。
どうしてもお酒と一緒に何か食べたい!という場合は、乾きものなどほとんどカロリーのないおつまみがおすすめです。

②お酒の種類

ダイエットに良いお酒というと思い浮かぶのが低糖質なハイボールや焼酎かもしれません。
ただしこれにも落とし穴が。
お酒は基本的にアルコール度数が高いほどカロリーも高くなるため、代謝に時間がかかります。

低糖質だからといって濃いハイボールや焼酎のロックなどを沢山飲むのはNG。
なるべく薄目のものを飲むようにするのがダイエット中はおすすめです。

最近はビールでも糖質オフの商品が多く出ているため、ビール好きの方はそういったものをセレクトしてもよいかもしれません。
ワインであれば、白ワインやロゼワインよりも赤ワインのほうが糖質が低くポリフェノールも含まれているのでおすすめ。

フルーツジュースなどがベースの甘いお酒はダイエット中は我慢しておきましょう。

③お酒のつまみ

食べ物とお酒は同時に摂らないのがベターではありますが、ダイエット中でも食事と一緒に楽しみたい場合は糖質もカロリーも低めなものを選ぶようにしたいところです。

お酒がすすむオイリーで味が濃いものは残念ながらNG。
豆腐や枝豆、脂肪分の少ない肉などローカロリーでタンパク質が摂れるものがおすすめです。
塩辛やキムチ、乾きものなどはカロリーも糖質も低めでよさそうに思えますが、塩分が多いためむくみがち。

次の日鏡を見てがっかりしないためにも、控えめにしたほうがよさそうです。

④お酒の量

お酒の量はもちろん少なければ少ないほど良い!のですが、お酒好きにとっては上限どれくらいにすれば良いのか悩むところ。

例えば一般的な缶ビール1本(350ml)は140~160キロカロリー程度なので、2本飲むと約300キロカロリー。
ダイエット中目標とする一日の摂取カロリーは人によって違いますが、夕食を500キロカロリーに収める場合、
ビール2本飲むなら食事を200キロカロリー以下におさえるのがベターです。

お酒を楽しむ量に合わせて食事のカロリーを調節しましょう。

それでも飲みすぎてしまったら…?

会食などでついつい楽しくてお酒も食事も進んでしまったということも、ときにはあるはず。

そんなときは翌日調整すればOKです。
朝ごはんをコーヒーだけにしたり、翌日はお酒を抜いてヘルシーなものだけにしたりして前日のカロリーオーバーを調整しましょう。

それでもダメな場合はチャコールコーヒーでの置き換えがおすすめ

色々試してみたけど挫折してしまった、全然効果が出なかった…という場合、チャコールコーヒーでの置き換えがおすすめです。
体の余分なものを吸着して排出してくれるチャコール(炭)を配合したコーヒーなら、今まで置き換えダイエットで効果が出なかったという人でも成功することが多いよう。

普通のコーヒーよりも香ばしくて美味しい!とハマる人も多いチャコールコーヒー、試してみてはいかがでしょうか?

チャコールコーヒーの飲み方|飲むタイミングやダイエットの際に注意することは?

ダイエット中のお酒はポイントをおさえて楽しめばOK

ダイエット中でもお酒はやめられないのがお酒好きというもの。
でもしっかり飲むポイントをおさえておけば、必要以上に我慢することはありません。
ストレスはダイエットの大敵なので、時には息抜きもしながらお酒を楽しみましょう。

置き換えダイエットはいつが一番効果的?おすすめのタイミングを紹介

毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE

C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RELATED ARTICLES

この記事に関連する記事はこちら

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています