C COFFEE

イメージ写真

JOURNAL

COFFEE

コーヒーソーサーの意味は?正しい使い方を解説

コーヒーを楽しむ際に、カップとセットで提供されることも多いのがソーサーです。
ソーサーがあるだけで、なんとなくきちんとした雰囲気になりますよね。
とはいえ、「これ、本当に必要なのかな…」と気になったことはありませんか?
今回の記事では、コーヒーソーサーの意味やマナー、使い方について解説します。

目次

  1. コーヒーソーサーの本来の使い方は意外なものだった⁉
  2. コーヒーソーサーの現代の使い方は?
  3. コーヒーソーサーはなくてもOK?
  4. コーヒーソーサーのまとめ

コーヒーソーサーの本来の使い方は意外なものだった⁉


コーヒーカップとソーサーがセットで使われるようになったのは、17~18世紀ごろのことだと伝えられています。
カップは飲み物を入れて提供するため、そしてソーサーは、熱い飲み物を冷ますために使われていたのです。

当時の人々は、カップで提供されたコーヒーや紅茶を、いったんソーサーに移し替えていたそうです。
西洋人には猫舌の人も多く、より効率良く飲み物を冷ますため、口の大きなソーサーの方が便利だったのでしょう。

ちなみに、当時のカップには取っ手は付いていなかったと言われています。
その後、時代の流れと共に、カップは取っ手付きへと変化し、飲み物をいったんソーサーにあける風習はなくなっていきました。

コーヒーソーサーの現代の使い方は?


コーヒーソーサーの画像

では、現代のコーヒーソーサーはどのように使われているのでしょうか?
カップとソーサーは、セットで提供されるのが洋食器の基本です。

またこれ以外にも、「ミルクや砂糖を添える場所として」「汚れたティースプーンを置く場所として」といった役割も担っています。

カップだけではなんとなく寂しい印象になってしまいますが、ソーサーがあると華やかさやきちんと感が増し、カップとソーサーの組み合わせでデザインの幅も広がります。

飲み物を楽しむ場の雰囲気を良くするためにも、ソーサーは重要な役割を担っているのです。

コーヒーソーサーは持ち上げるもの?

コーヒーカップとコーヒーソーサーがセットで提供された際に、「持ち上げるのはカップだけ?それともソーサーごと?」と悩む方もいるのでは?

実は明確な決まりはなく、状況や好みに合わせて好きな方法を選択すれば大丈夫です。

たとえば、ソファ席でゆったりとくつろぎながらコーヒーを楽しむ際には、手元にソーサーがあった方が便利です。

立食パーティーにおいても、ソーサーごと持ち上げていれば、その上にカップを置けるでしょう。
一方で、ソーサーとの距離が近い場合は、わざわざ持ち上げる必要はありません。
カップのみを上げ下ろししても、邪魔になることがないからです。

コーヒーソーサーにスプーンを置く場合は

コーヒーソーサーにスプーンを置く際のマナーは、タイミングによって異なります。
使用前のスプーンは、カップの手前に置きましょう。

一方で、使用後のスプーンはカップの奥側に置くようにします。
スプーンを置く際には、ガチャガチャとうるさい音がしないよう注意してくださいね。

コーヒーソーサーとカップの向きは?

コーヒーソーサーに対して、カップの持ち手をどちら側にするべきなのか、明確な決まりはありません。
右でも左でも失礼には当たらないので、好きな方を選択しましょう。

ただし、砂糖やミルクを入れ、かき混ぜる際には両手を添えるのが正式なマナーです。
右利きの人であれば、右手でスプーンを持つため、カップの取っ手が左に来るように置くと使いやすいでしょう。

コーヒーソーサーはなくてもOK?


コーヒーソーサーなしの画像

現代の食器店を覗いてみると、ソーサーがセットになっていないコーヒーカップも多いことがわかります。
機能面から考えてみても、「絶対に必要」とまでは言えないでしょう。
ただし、改まった場所ではカップとソーサーはセットで提供されるのがマナーになっています。

自宅でコーヒーを楽しむ際には、必ずしも、コーヒーソーサーを添える必要はありません。
一方で、お客様を招く際や、優雅な雰囲気に浸りたい場合には、やはりソーサーがあった方がよいと言えそうです。

コーヒーソーサー代わりにお皿を使う手も


ソーサーがセットになっていないコーヒーカップを購入した場合、普通のお皿をコーヒーソーサーとして利用するのもおすすめです。
この場合、できるだけ平たく、器の下の高台部分が低いものを選びましょう。

また、カップと馴染むデザインであることも、重要なポイントです。
シンプルなものから、遊び心にあふれたものまで、さまざまなバリエーションを楽しんでみてはいかがでしょう。

コーヒーソーサーのまとめ


現代においては、その存在意義を見落としがちなコーヒーソーサーですが、その歴史は非常に奥が深いものです。
「昔はカップよりもソーサーの方が重要だった」と知り、驚く方も多いのではないでしょうか?
現代においては、機能はもちろんそのデザインが重要な意味を持つようになっています。
カップとソーサーの組み合わせで、より素敵なコーヒータイムを楽しんでみてくださいね。

ーーーーーーーーーー
毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE
C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。
すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。
毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています