イメージ写真

JOURNAL

COFFEE

コーヒーにマシュマロを入れるとどんな味?美容面でのメリットも

ココアにマシュマロを浮かべるのを見かけたことがある方は多いかもしれませんが、コーヒーにもよく合うのをご存知ですか?
口いっぱいに甘い味わいが広がるマシュマロコーヒーは実は美容面でもメリットがあるんです。
この記事ではマシュマロコーヒーの基本から美味しく作るためのコツ、うまく溶けないときの対処法などをわかりやすく解説します。
気になる美容効果やカロリーについても、ぜひ参考にしてみてください。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

マシュマロコーヒーとは?

マシュマロコーヒーとは、マシュマロを浮かべ、溶かしたコーヒーを指します。

作り方は簡単で、熱いコーヒーにマシュマロを浮かべて溶かすだけ。
アレンジコーヒーの中でも作り方が簡単で、自宅でも手軽にトライしやすい点が人気の秘密です。

「コーヒーとマシュマロって、本当に合うの?」と思う方もいるかもしれませんが、ほろ苦いコーヒーと甘いマシュマロは非常に相性が良く、またマシュマロならではの「ふわふわ感」がコーヒーをマイルドにします。

「普通のマシュマロは苦手だけど、マシュマロコーヒーの味は好き」という方も、決して少なくありません。

マシュマロコーヒーを作るときのポイント

マシュマロコーヒーの作り方の画像

コーヒーとマシュマロさえあれば、マシュマロコーヒーを作るのはとても簡単。
美味しく作るためのポイントをご紹介するので、チェックしてみてください!

コーヒーはブラックがおすすめ

マシュマロコーヒーに使うコーヒーは、ブラックを用意しましょう。
マシュマロにはもともとたっぷり砂糖が入っているから、コーヒーに砂糖を加えると甘くなり過ぎる可能性が高いです。

コーヒーの苦みが苦手で普段ミルクや砂糖を加えている場合でも、まずはブラックからマシュマロコーヒーを作りましょう。
もし甘さが足りなければ、その後で砂糖を加えるのがおすすめですよ。

マシュマロは3~4個がおすすめ

マシュマロコーヒーに使うマシュマロの量は、3~4個が適量です。
マシュマロのサイズが小さい場合は、さらに増やして調整しましょう。

もちろん、マシュマロの量はお好みで追加してOKです。
マシュマロコーヒー好きな方の中には、カップの中のコーヒーが見えなくなるくらい、たっぷりとマシュマロを乗せる方もいます。

コーヒーは熱めの温度で

マシュマロコーヒーにするコーヒーは、できるだけ熱めの温度で用意しましょう。
マシュマロはコーヒーの熱によって溶かされるため、温度が低いと溶け残りがちです。
コーヒーが熱いうちに、手早く準備するのがおすすめですよ。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

コーヒーにマシュマロを入れても溶けない場合は?

マシュマロコーヒー作りで多いのは、「マシュマロを浮かべてみたけれど溶けなかった…」という失敗です。
そんな時はこれからご紹介する方法を試してみてください。
ただ、完全に溶けていないマシュマロコーヒーもそれはそれで美味しいもの。
好みの状態を探ってみるのも楽しいかもしれません。

コーヒーを温めなおす

コーヒーの温度が低くなると、マシュマロは溶けにくくなります。
熱いうちに手早く混ぜて溶かすのが基本ですが、冷めてしまった場合でも、再度温めなおせば大丈夫です。

マシュマロを入れたらよく混ぜる

コーヒーの温度が充分高くても、マシュマロ全体にうまく回らないことが原因で、溶け残ってしまうケースもあります。
この場合の対処法は、マシュマロを入れたあとに、しっかりと混ぜることです。

くるくるとかき混ぜると、マシュマロはシュワシュワと消えていきます。
ぜひ、その過程も楽しんでみてください。
また、あえて完全に溶け切らないうちから飲み始め、味の変化を楽しむのもおすすめです。

マシュマロコーヒーに美容効果はある?

マシュマロコーヒーの美容効果の画像

甘くてふわふわした食感のマシュマロは、ゼラチンを原料に作られています。
ゼラチンにはコラーゲンがたっぷりと含まれているため、自然に摂取できるというわけです。

コラーゲンには、皮膚の若返り効果や肌の保湿性向上作用が期待できると言われています。
皮膚のアンチエイジングにも効果が期待されているため、女性にとって嬉しい飲み物と言えるでしょう。

ただしマシュマロには、コラーゲン以外に糖分も多く含まれています
コラーゲン摂取目的でマシュマロを追加し過ぎると、糖分の過剰摂取につながる恐れも。
食べ過ぎ、飲み過ぎには十分に注意してください。

マシュマロコーヒーのカロリーは?

日本食品標準成分表2020年版(八訂)によると、マシュマロ100グラムあたりのカロリーは、324キロカロリーです。(※1)

マシュマロ1個あたりの重量を4.5グラムとすると、約22キロカロリー/1個。
マシュマロを4個使ったマシュマロコーヒーのカロリーは、約88キロカロリーです。

ブラックコーヒーはほとんどカロリーがないため、マシュマロコーヒーの1杯あたりのカロリーは100キロカロリー未満となり、そこまで高カロリーではないと言えますね。

大好きなコーヒーでボディメイクするならチャコールコーヒーがおすすめ

毎日を幸せな気分にしてくれるコーヒーでダイエットをサポートできたり、ボディメイクできるなら嬉しいもの。
体の余分なものを吸着して排出してくれるチャコール(炭)を配合したチャコールコーヒーを選べば、毎日のコーヒー時間が綺麗を作る時間に変わります。

体重や体型が気になるという人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

チャコールコーヒーの飲み方|飲むタイミングやダイエットの際に注意することは?

マシュマロコーヒーのまとめ

アレンジコーヒーの中でも人気が高いマシュマロコーヒーは、美味しいだけではなく、美容面でもメリットが期待できる飲み物です。
甘い味わいとふわふわした感覚は、ほかの飲み物にはない独特の魅力。
糖分が多く含まれるため、飲み過ぎには注意が必要ですが、気分転換したいときのオヤツにぴったりのドリンクです。
普段とは一味違うコーヒータイムを満喫してみてはいかがでしょうか?

毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE

C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RELATED ARTICLES

この記事に関連する記事はこちら

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています