C COFFEE

イメージ写真

JOURNAL

COFFEE

コーヒーは勉強中に飲むと良い?おすすめのタイミングを解説

「集中して勉強したい」「もっと効率良く勉強したい」と思う方必見です。
コーヒーには勉強中に飲むのにぴったりな効能があることをご存知ですか?
この記事ではコーヒーを勉強中に飲むと良い理由や、おすすめの飲み方などをご紹介します。
頑張りたいとき、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

  1. コーヒーが勉強中におすすめの理由
  2. 勉強するときにおすすめのコーヒーは?
  3. 勉強中のコーヒーも飲みすぎは逆効果
  4. 勉強中のコーヒーのまとめ

コーヒーが勉強中におすすめの理由


コーヒーと言えば、朝飲んだり休憩中リフレッシュのために飲んだりということが多いかもしれません。

でも、コーヒーは勉強中に飲むのにもぴったりの飲み物なんです。
勉強中にコーヒーをおすすめする理由としては、以下の2点が挙げられます。

コーヒーのカフェインが集中力を高めるという説も

コーヒーに含まれるカフェインは、脳の中枢に作用して集中力を高めると言われています

カフェインを摂取した人は、摂取していない人よりも集中力において高い成果を挙げたとされる実験結果も。
またカフェインは、集中力だけではなく記憶力にも作用するという説もあるため、暗記系の勉強をするときにもサポートになってくれそうです。

もちろんカフェインには眠気を覚ます覚醒作用もあるため、長時間勉強していて眠くなってきた…という時にもおすすめです。

コーヒーの適度な苦みは気分転換にぴったり

長時間机に向かっていると、なんだかぼんやりしてくることも。
そんな時コーヒーの苦みは刺激を与えて目を覚ましてくれるはずです。

またコーヒーの香りもリフレッシュ効果抜群。
勉強していても頭に入ってこない…というときはコーヒータイムを取ってみてください。

勉強するときにおすすめのコーヒーは?


コーヒーにはさまざまな豆の種類、焙煎度、飲み方がありますが、勉強中に飲むならどんなものが良いのでしょうか?
ここでは勉強中に飲むのにおすすめをご紹介するので参考にしてみてください。

飲み方はブラックがおすすめ

勉強中のコーヒーは、ブラックがおすすめです。
コーヒーならではのほのかな苦みが、脳や体に程よい刺激を与えてくれます。

普段は甘いコーヒーを飲んでいる人も、勉強中はぜひブラックで飲んでみてください。
リラックスタイムとはあえて異なる味わいを選ぶことで、勉強モードにすることができるかもしれません。

コーヒー豆は浅煎りがおすすめ

コーヒーが勉強に良いと言われる理由の一つは、コーヒーに含まれるカフェインにあります。
ということはカフェイン豊富なコーヒーを選択すれば、より高い効果を期待できるということ。

コーヒーに含まれるカフェイン量は、豆の焙煎度によっても違ってきます。
深煎りよりも浅炒りのコーヒー豆を選んだ方が、カフェイン豊富なコーヒーを楽しむことができます。

浅炒りを使って淹れたカフェイン豊富なコーヒーは、勉強開始の約30分前に飲んでみてください。
カフェインの効果が出始めるまでに30分程度はかかるため、勉強前に飲んでおくことで集中してスタートできるはずです。

勉強中のコーヒーも飲みすぎは逆効果


ここまで紹介してきたとおり、勉強中にコーヒーを飲むと、嬉しい効果が期待できます。
とはいえ、たとえ勉強中であっても、コーヒーの飲み過ぎには注意しましょう。

コーヒーやカフェインを摂取し過ぎると、逆効果になってしまう恐れがあります。

コーヒーには利尿作用があるため、飲みすぎると頻繁にトイレに行きたくなってしまいかえって集中できなくなってしまうことも。

またカフェインの過剰摂取は、気分が悪くなったり胃が痛くなったりする可能性もゼロではありません。
1日3~4杯を上限に、飲む量を調整してみてくださいね。

勉強中のコーヒーまとめ


集中力や記憶力の向上効果が期待できる上、適度な苦みが刺激的をくれるコーヒーは、勉強のお供としてもぴったりの飲み物です。
ぜひその効果を知った上で、学習習慣に賢く取り入れてみてください。
長時間勉強に集中し続けることは、決して簡単ではありませんが、コーヒーの助けも借りながら、頑張ってみてくださいね。

ーーーーーーーーーー
毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE
C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。
すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。
毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています