イメージ写真

JOURNAL

COFFEE

コーヒー牛乳とカフェオレの違いは?作り方や効果も紹介

大人から子どもまで、幅広く愛されている飲み物「コーヒー牛乳」。
同じくコーヒーと牛乳で作る「カフェオレ」とは何が違うのか、ご存知ですか?

この記事では意外と知らないコーヒー牛乳とカフェオレの違いや、コーヒーと牛乳を合わせるメリットなどもご紹介します。
読めばきっと、美味しいコーヒー牛乳が飲みたくなるはずです!

毎日のコーヒーで理想の身体へ

コーヒー牛乳とカフェオレの違いって?

コーヒー牛乳とカフェオレの違いイメージ

コーヒー牛乳とカフェオレは、どちらも「牛乳」と「コーヒー」から作られる飲み物です。
両者の違いは諸説ありますが、その中の一つを紹介しましょう。

コーヒー牛乳は牛乳が主役

コーヒー牛乳とカフェオレの違いは、どちらが主役になるかで決まるという説があります。
コーヒー牛乳の主役は牛乳。
一方で、カフェオレの主役はコーヒー。

つまり、

  • 牛乳の入ったコップにコーヒーを注ぐ→コーヒー牛乳
  • コーヒーの入ったカップに牛乳を入れる→カフェオレ

ということですね。

ちなみに、カフェオレは一般的にコーヒーと牛乳の割合が1:1です。

一方で、コーヒー牛乳の場合、両者の割合に決まりはありません。

  • 牛乳に少しだけコーヒーを混ぜる
  • インスタントコーヒーを牛乳に加える

どのような作り方を選んでも、出来上がるのはコーヒー牛乳です。
コーヒーの風味を加えた牛乳がコーヒー牛乳である、と言えるかもしれません。

コーヒー牛乳はカフェイン量が少ない

コーヒー牛乳は、カフェオレと比較すると、含まれるカフェイン量が少ないという特徴もあります。

これは、含まれるコーヒー量に違いによって生まれる差です。

【200ミリリットル中のカフェイン量の目安は?】

  • コーヒー→約120ミリグラム
  • カフェオレ→約93ミリグラム
  • 市販のコーヒー牛乳→約20ミリグラム

カフェインの利尿作用や覚醒作用が気になるけど、コーヒーが入ったものを飲みたいときはコーヒー牛乳がマイルドでよさそうですね。

コーヒー牛乳の方が香りが弱い

コーヒー牛乳の主役は牛乳だからこそ、コーヒー特有の香りは弱くなってしまいます。
特に市販のコーヒー牛乳の場合、製造段階でコーヒー本来の香りが飛んでしまっており香料が添加されていることが多いようです。

コーヒーならではの香りを楽しむならカフェオレの方が良いかもしれません。

コーヒー牛乳の美味しい作り方は?

コーヒー牛乳の作り方の画像

カフェオレよりも、気分で自由に楽しめるのがコーヒー牛乳です。
基本的には好きな分量で作ってOKですが、おすすめは以下の作り方。

  1. マグカップにインスタントコーヒーを小さじ2杯入れる
  2. 砂糖を好みで小さじ3杯ほど入れる
  3. 少量の熱湯で混ぜ合わせる
  4. 200mlの牛乳を入れてレンジで温める
  5. よく混ぜて完成

もちろん、コーヒー・砂糖・牛乳の量はお好みで。
コーヒー牛乳は市販品のイメージで甘さしっかりのイメージが強いけれど、砂糖を入れずに作ってもOKです。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

コーヒーに牛乳を入れるメリットも

味わいの面で相性抜群なだけでなく、牛乳をコーヒーに加えることでさまざまなメリットもあります。

マイルドになり胃の負担が弱まる

牛乳には胃の粘膜を優しく保護してくれる働きもあります。

朝起きたときに、「コーヒーで目を覚ましたい」と思う方も多いはず。
カフェインの刺激が気になる場合は、たっぷりの牛乳と合わせると空っぽの胃にも負担が少なくなります

ダイエット中は腹持ちが良くなる

置き換えダイエットの中でも人気の高い、コーヒー置き換え。

とはいえ実際には、コーヒーだけではすぐにお腹が空いてしまう…とお悩みの方もいるかもしれません。

こんなときにも、コーヒー牛乳がおすすめです。
満足感のある牛乳を組み合わせることで、食事のカロリーをカットしつつも、お腹が空きにくくなります。

タンパク質やカルシウムを摂取できる

コーヒーだけでは補えない栄養を摂れるのもメリットです。

ダイエット中でもしっかり摂りたいタンパク質や、女性に特に不足しがちなカルシウムがたっぷり含まれているのが嬉しいところです。

コーヒーフレッシュは体に悪い?カロリーや牛乳との違いも解説

大好きなコーヒーでボディメイクするならチャコールコーヒーがおすすめ

毎日を幸せな気分にしてくれるコーヒーでダイエットをサポートできたり、ボディメイクできるなら嬉しいもの。
体の余分なものを吸着して排出してくれるチャコール(炭)を配合したチャコールコーヒーを選べば、毎日のコーヒー時間が綺麗を作る時間に変わります。

体重や体型が気になるという人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

チャコールコーヒーの飲み方|飲むタイミングやダイエットの際に注意することは?

まとめ

コーヒー牛乳とカフェオレの違いはいかがでしたか?
普段何気なく口にしている飲み物ですが、意外と奥が深いものです。

ただ美味しいだけではなく、メリットも多いですから、ぜひ積極的に取り入れてみてください。
目覚めの一杯にも、夜のリラックスタイムにも、コーヒー牛乳なら安心して楽しめますよ。

毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE

C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RELATED ARTICLES

この記事に関連する記事はこちら

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています