イメージ写真

JOURNAL

COFFEE

コーヒーのアメリカンとは?おすすめの豆や作り方も紹介

アメリカンコーヒーは、日本の喫茶店やカフェでも人気のメニューです。
あっさりした味わいで口にしやすいアメリカンコーヒーですが、具体的にどういった特徴を持つのでしょうか?
今回はアメリカンコーヒーの名前の由来や美味しい作り方、カフェイン量など、気になる情報をお伝えします。

自宅で美味しいアメリカンコーヒーを飲みたい!という時にも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

コーヒーの「アメリカン」とは

アメリカンコーヒーの画像

まずは、アメリカンコーヒーの基礎知識について紹介します。

なぜ「アメリカン」という名前なのか

コーヒーの種類は多々ありますが、「アメリカンコーヒー」という名称は、日本国内でしか通用しません
「コンセント」や「フライドポテト」と同じように、和製英語と言われています。

アメリカンコーヒーという名前の由来には諸説ありますが、「戦後のアメリカ人が好んだコーヒースタイルだから」という説が一般的です。
「アメリカ人が広めたコーヒー」という意味でアメリカンコーヒーという呼び名が定着し、現在でも受け継がれていると考えられます。

アメリカンは浅煎りの豆で入れたコーヒーのこと

アメリカンコーヒーの最大の特徴は、浅炒りのコーヒー豆を使っている点です。
コーヒー豆の種類に特別な指定はなく、複数の豆をブレンドして使用するカフェも少なくありません。
浅煎りならではの、さっぱりとした味わいが特徴的です。

先ほど「アメリカンコーヒーという名称は日本でしか通用しない」とお伝えしましたが、アメリカで同様のコーヒーを飲みたいときには、「weak coffee」と注文しましょう。
weakは「弱い」を表す英単語です。
浅煎り豆ならではのさっぱりした味わいを、「弱いコーヒー」と表現しています。

コーヒーにお湯を入れたものをアメリカンという場合も

アメリカンコーヒーは、抽出したコーヒーを、お湯で割って作られることも。
この場合に使われるのは深煎り豆で、コーヒーらしい深みのある香りと、さっぱりとした飲み心地です。
また最後にお湯を加える分、浅煎り豆から作るアメリカンよりも高い温度で楽しめます。

アメリカンコーヒーの味の特徴

アメリカンコーヒーの味の特徴の画像

浅炒り豆を使って淹れたアメリカンコーヒーは、コーヒーらしいコクや苦みよりも、酸味を強く感じがちです。
苦みがマイルドで軽やかなため、「朝の目覚めの一杯にぴったり」と感じる方も多いのではないでしょうか。

一方で、深煎り豆から抽出したコーヒーをお湯で割って作る場合も、苦みやコクが弱まります。
浅炒り豆とは違い、酸味が抑えられる分、「コーヒーらしい味わいをさっぱりと楽しめる」という点が特徴的です。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

アメリカンコーヒーとカフェアメリカーノの違い

アメリカンコーヒーとよく似たメニューに、カフェアメリカーノがあります。
カフェアメリカーノは、イタリア語で「アメリカ式コーヒー」を表す言葉。
日本のアメリカンコーヒーと意味は同じですが、その見た目や味わいは全く異なりますから注意してください。

カフェアメリカーノは、イタリア発祥のコーヒーです。
専用マシンで抽出したエスプレッソを、お湯で薄めて作ります
エスプレッソならではのコクや深みは、ややマイルドに。
エスプレッソに特徴的なクレマがあり、味だけではなく見た目もアメリカンとは異なっています。

エスプレッソにはアレンジメニューが多々ありますが、カフェアメリカーノもその一つです。
アメリカ人がイタリアを訪れた際に好んだことが、名前の由来と言われています。

アメリカンコーヒーの美味しい作り方

コーヒーのアメリカンとはの画像

アメリカンコーヒーは、自宅でも美味しく作れます。
浅煎り豆を使った場合と通常のコーヒーを使った場合、それぞれの作り方を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

①浅煎りの豆を多めのお湯で抽出する方法

浅炒り豆でアメリカンコーヒーを淹れる場合、コーヒー豆10グラムに対してお湯150ミリリットルを用意しましょう。
お湯の温度は通常よりもやや高めに。
こうすることで、湯だまりを防ぎコーヒーが抽出されやすくなります。
コーヒー豆は中細挽きか中挽きがおすすめです。

②通常のコーヒーにお湯を加える方法

浅炒り豆をわざわざ用意するのはちょっと…という場合には、通常のコーヒーを淹れて、お湯を加える方式がおすすめです。
いつものコーヒーを、「粉10グラム:お湯120ミリリットル」で準備しましょう。
コーヒーが抽出されたら、さらにお湯を40~50ミリリットル加えて完成です。

アメリカンコーヒーにおすすめの豆

アメリカンコーヒーにおすすめの豆の種類は、以下のとおりです。

  • グアテマラ
  • メキシコ
  • ブラジル
  • コロンビア

これらのコーヒー豆には、爽やかな酸味を楽しめるという特徴があります
メキシコやグアテマラなど、中南米産の豆を使えば、すっきりとした口当たりに仕上がります。
ブラジルなら酸味と苦みのバランスが良い仕上がりに、コロンビアであれば甘い香りやコーヒーらしいコクを楽しませてくれます。

最近では、アメリカンコーヒーらしい味わいを楽しめるブレンドコーヒー豆も人気です。
アメリカンコーヒーをより手軽に、美味しく楽しみたいときには、ぜひチェックしてみてください。

アメリカンコーヒーのカフェイン量は?

コーヒーを飲む際に、気になるのがカフェイン量についてです。
アメリカンコーヒーの場合、作り方によってカフェイン量が変わってきます。

実はコーヒー豆には、「深煎り豆よりも浅炒り豆の方がカフェイン量は多い」という特徴があります。
このため、同じアメリカンでも「浅煎りで入れたアメリカン」と「普通のコーヒーをお湯で割ったアメリカン」では、「浅煎りで入れたアメリカン」の方が含有カフェイン量は多くなるのです。

エスプレッソを使ったカフェアメリカーノの場合、使われるコーヒー豆の量が少ないため、カフェイン含有量はアメリカンよりも少なくなります
カフェインの摂取量が気になったら、ぜひこちらも参考にしてみてください。

コーヒーは1日何杯までOK?飲みすぎに注意!

アメリカン好きのダイエッターにはチャコールコーヒーもおすすめ

普段アメリカンコーヒーが好きで、ダイエット中…という人にはチャコールコーヒーもおすすめです。
スッキリとした味わいで、酸味が少なく香ばしいチャコールコーヒーは濃いコーヒーが苦手な人にも飲みやすいもの。

余分なものを吸着して排出するチャコール配合なので、ダイエット中のスッキリ感が欲しい人には特におすすめです。

アメリカンコーヒーのまとめ

今回は、アメリカンコーヒーについて紹介しました。
すっきりした味わいが特徴的なアメリカンコーヒー。
浅煎り豆を使う場合と普通のコーヒーを薄める場合で、味や香り、カフェイン量にも違いが出てきます。
もちろん、どのコーヒー豆を使うのかによっても、味のバリエーションは増えていくでしょう。

私たちの生活に深く根付いているアメリカンコーヒーは、自宅でも手軽に楽しめるコーヒーメニューの一つです。
味の特徴や美味しい淹れ方を知り、より深く楽しんでみてはいかがでしょうか。

毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE

C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RELATED ARTICLES

この記事に関連する記事はこちら

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています