イメージ写真

JOURNAL

COFFEE

コーヒーで胃が痛くなった場合の対処法は?優しい飲み方も紹介

コクのある味わいと豊かな香りが魅力的なコーヒーですが、「飲んで胃が痛くなった」という経験がある方も多いのではないでしょうか。
コーヒーを飲むとなぜ胃が痛くなるのか、わかりやすく解説します。
胃が痛い場合の対処法や、体に負担をかけない優しい飲み方も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

コーヒーで胃が痛くなる理由

コーヒーを飲んで胃が痛くなる理由は、コーヒーに含まれている成分や飲み方にあります。
2つの理由を紹介するので、当てはまる点がないか確認してみてください。

理由1.カフェインの過剰摂取

コーヒーに多く含まれるカフェインには、「胃酸の分泌を促進させる」という作用があります。
カフェインの過剰摂取が原因で、胃粘膜のバランスが崩れ、痛みを感じてしまう可能性があります。

特に、ストレスで胃が荒れているときや、空腹時には注意が必要です。
胃酸の影響を受けやすく、痛みを感じやすくなっています。

理由2.ポリフェノールやタンニンの過剰摂取

コーヒーには、カフェイン以外にも胃酸の分泌を促進させる成分が含まれています。
ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸には、老化予防や糖尿病予防といった嬉しい効果が期待できると言われています。

その一方で、胃酸の影響で腹痛を引き起こしてしまう可能性も。
「カフェインを含んでいる飲み物でも、コーヒー以外なら大丈夫」という場合には、クロロゲン酸に注目してみてください。

また苦みのもとであるタンニンには、人の粘膜と反応しその性質を変えてしまう作用があると言われています。
取り過ぎれば胃粘膜の表面を荒らしたり、消化不良による下痢や吐き気を引き起こしたりする可能性もあるんです。

コーヒーによる胃痛の治し方

コーヒーで胃痛に悩まされてしまったときには、市販の胃薬を飲むのがおすすめです。
先ほどもお伝えしたとおり、コーヒーで胃が痛くなる理由は「胃酸の過剰分泌」がほとんど。
胃酸の分泌を抑えるタイプの市販薬を飲めば、辛い症状は緩和されます。

ただし、

  • 市販薬を飲んでも痛みが軽減されない場合
  • 頻繁に痛みが発生する場合
  • 吐き気や下痢など、その他の症状も出ている場合

これらの条件に当てはまる場合は、かかりつけ医に相談しましょう。
コーヒーではなく、自身の体に何らかの問題が隠れている可能性もあります。
治し方については、主治医の指示に従ってください。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

胃に優しいコーヒーの飲み方は?

胃に優しいコーヒーの飲み方の画像

コーヒーの味や香りは、人の心を癒やしてくれます。
またカフェインを効率よく摂取すれば、眠気覚ましや集中力アップといった効果も期待できるでしょう。
一方で、「コーヒーは好きだけど体質的に胃が痛くなりやすい」という可能性も。
こんなときには、ぜひ胃に負担をかけにくい飲み方を実践してみてください。
3つの方法を紹介します。

食後にコーヒーを飲む

コーヒーによる胃痛が気になる方は、飲むタイミングに工夫するのがおすすめです。
コーヒータイムは食前ではなく、食後に設定しましょう。

胃が空っぽの状態でコーヒーを摂取すると、胃粘膜がカフェインやクロロゲン酸、タンニンといった成分の影響を受けやすくなってしまいます。
一方で、胃にたくさんの食べ物があれば、その影響はマイルドに
胃痛で悩まされるリスクも低減できます。

ミルクや豆乳などを入れて飲む

コーヒーをブラックではなく、ミルクや豆乳でアレンジするのも、胃に優しい飲み方です。
ミルクや豆乳でかさ増しする分、コーヒーの摂取量は少なくなります。
過剰摂取を防げるでしょう。

また牛乳や豆乳には、胃粘膜を保護する効果も期待できます。
胃がダメージを受けやすいタイミングでも、しっかり保護した上で、コーヒーの味や香りを楽しめるはずです。

カフェインレスやデカフェを飲む

コーヒーによる胃痛がカフェインによるものであれば、カフェインレスコーヒーやデカフェを選ぶことで改善できます。
ミルクや豆乳によるアレンジが苦手な方は、ぜひこちらの工夫を取り入れてみてください。

ただし胃痛の原因が、ポリフェノールやタンニンの場合、カフェインレスやデカフェを飲んでも効果はありません。
自身の胃痛の原因がどこにあるのか、確かめた上で導入するのがおすすめです。

コーヒーは何杯以上が飲みすぎ?

コーヒーによる胃痛は、過剰摂取と深く関わっています。
トラブルを手っ取り早く解消するためには、飲みすぎないよう注意するのが効果的です。
1日に「5杯」を目安に考えると良いでしょう。
5杯程度までであれば、カフェインやその他成分の過剰摂取を心配することなく、美味しく楽しめるはずです。

コーヒーは1日何杯までOK?飲みすぎに注意!

コーヒーと胃痛のまとめ

「コーヒーを飲むと胃が痛い…」という場合、胃酸の分泌を抑えるタイプの市販薬を飲むのがおすすめです。
ただしこちらは、問題を根本的に解決できる治し方ではありません。
胃痛の原因にまで目を向けて、胃に優しい飲み方を実践してみてください。

空腹時を避けて飲んだり、カフェインの過剰摂取にならないよう意識したりと、工夫できるポイントはさまざまです。
ぜひ自分に合った方法で、コーヒーの世界を堪能してみてください。

毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE

C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RELATED ARTICLES

この記事に関連する記事はこちら

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています