イメージ写真

JOURNAL

RECIPE

2022年11月のC COFFEEアレンジレシピ

【ほうじ茶香るほろ苦ソイラテ】

\ここがポイント/
香ばしいほうじ茶の香りとC COFFEEのほろ苦さがマッチした、大人な味の1杯♡
ミルクの代わりに豆乳を使うことで、カロリーや糖質・脂質を抑えました。
仕上げにほうじ茶パウダーを振ると、より香ばしい風味が楽しめておすすめです♪

《材料》(1人分)※1杯当たり約約56kcal
・C COFFEE 小さじ1
・はちみつ 小さじ1
・ほうじ茶 60㎖
・豆乳 80㎖
・ほうじ茶パウダー 適宜

《作り方》
1.カップにC COFFEEとはちみつを入れて、あたためたほうじ茶を注ぎ入れたらよく混ぜて溶かす。
2.1.にあたためた豆乳を注ぎ入れ、お好みでほうじ茶パウダーを振る。

【ピーナッツバターミルクコーヒー】

ピーナッツバターミルクコーヒー
\ここがポイント/
甘じょっぱいピーナッツバターの風味と、マイルドなミルクコーヒーを組み合わせたホットドリンク。
ピーナッツバターというとカロリーも脂質も高そうなイメージですが、もともと甘みのある食材なのでお砂糖を足す必要もナシ♪
無脂肪牛乳を使うことでさらにカロリーOFFすることができるので、意外とヘルシーに楽しめて罪悪感も低めな1杯です♡

《材料》 (1人分)※1杯当たり129kcal
・C COFFEE 小さじ1
・ピーナッツバター 大さじ1
・お湯 60㎖
・無脂肪牛乳 100㎖
・シナモンスティック 1本

《作り方》
1.カップにC COFFEEとピーナッツバターを入れ、お湯を注ぎ入れたら溶けるまでよく混ぜる。
2.あたためておいた無脂肪牛乳を注ぎ入れて混ぜ、シナモンスティックを添える。

【コーヒーさつまいも金平】

きんぴら

\ここがポイント/
秋の味覚のひとつ“さつまいも”を使った、簡単一品おかず!
砂糖の代わりに練乳を使うことでコクのあるミルキーな甘さになり、C COFFEEとの相性もピッタリ♡
食物繊維もしっかり摂れて腸内環境も改善されるので、ダイエットだけでなく健康や美容にも嬉しい効果が期待できます♪

《材料》(4人分) ※1人分当たり約131kcal
・さつまいも 中1本(約200g)
・バター 20g
・練乳 小さじ2
・塩 小さじ1/3
・C COFFEE 小さじ1
・黒いりごま 適量

《作り方》
1.さつまいもはよく洗って皮付きのまま5cmの長さの細切りにし、水に10分ほどさらしたらペーパーで水気を拭き取る。
2.フライパンを熱して半量のバター(10g)を入れ溶かし、1.のさつまいもを加えて火が通るまで炒める。
3.練乳とC COFFEE・残りのバター(10g)・いりごまを加えて炒め合わせ、塩で味をととのえたら火を止めて器に盛り付ける。

【米粉のティラミス風ヘルシーパンケーキ 】

ティラミス
\ここがポイント/
米粉を使ったグルテンフリーなパンケーキを、ティラミス風にアレンジしたスイーツレシピ♡
クリームには、マスカルポーネチーズの代わりに無脂肪タイプのギリシャヨーグルトを使うことで、カロリーや脂質を大幅にカットしました!
甘さ控えめで腹持ちもいいので、満足感もたっぷりな1品です♡

《材料》(約3~4人分) ※1人分当たり約266kcal
・卵 1個
・てんさい糖 大さじ2
・塩 ひとつまみ
・無脂肪牛乳 100㎖
★米粉 100g
★ベーキングパウダー 小さじ1
★C COFFEE 小さじ2
・米油 大さじ1

(トッピング用)
●ギリシャヨーグルト(無脂肪タイプ)200g
●ホイップクリーム 大さじ4
●てんさい糖 小さじ2
・ココアパウダー 適量
※ミントの葉 (飾り用) 適宜

《作り方》
1.ボウルに卵・てんさい糖・塩を入れて、泡立て器で空気を含ませながら泡立つまでよく混ぜ合わせる。
2.無脂肪牛乳を加えてやさしく混ぜ合わせたら、合わせておいた★印の材料・米油の順に加えてその都度よく混ぜ合わせる。
3.フライパンに油(※分量外)を熱して、2.の生地を直径10cmほどの大きさになるよう流し入れたら、両面にこんがり焼き色がつくまで焼き、これを繰り返す。
4.皿に焼き上がったパンケーキを3~4枚積み重ねるようにのせ、●印の材料をよく混ぜ合わせて作ったクリームを垂らし、仕上げにココアパウダーを振りかける。

毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE

C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RELATED ARTICLES

この記事に関連する記事はこちら

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています