イメージ写真

JOURNAL

COFFEE

コーヒーのタンニンとは?効果や影響を解説

コーヒーに含まれる成分のひとつが「タンニン」です。
緑茶や紅茶にも含まれている成分ですが、具体的にどういった効果・影響があるのでしょうか。
コーヒーでタンニンを摂取するメリットとデメリットを紹介します。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

コーヒーに含まれるタンニンとは

コーヒーに含まれるタンニンとは、植物に含まれるポリフェノールの一種です。
コーヒーを飲んだときに「苦い」と感じるのは、タンニンによるもの。
その魅力を語る上で、欠かせない成分と言えます。

ちなみにタンニンが含まれるのはコーヒーだけではありません。
緑茶や紅茶のほかにも、ウーロン茶やワインといった飲み物のほか、実は柿にも多く含まれています
コーヒーに含まれるタンニンの量は非常に多く、カフェインとともに、良くも悪くも体に影響を与える可能性があります。

コーヒーのタンニンのメリット・デメリット

タンニン摂取には、メリットもあればデメリットもあります。
コーヒーの基礎知識として、どちらも頭に入れておきましょう。

タンニンのメリット

まずはタンニンを摂取するメリットを2つ紹介します。

アンチエイジング効果を期待できる

最初にお伝えしたとおり、タンニンはポリフェノールの一種です。
ポリフェノールと言えば、高い抗酸化作用を持つ物質。
タンニンも例外ではなく、コーヒーから摂取すれば、さまざまなアンチエイジング効果を期待できます

私たち人間の体内では、老化とともに活性酸素が発生しやすくなります。
これを除去してくれるのが、タンニンなのです。
活性酸素を取り除くことで体内の細胞は若返り、美肌作用やシワ予防など、美容面で嬉しい効果をもたらすと言われています。

生活習慣病予防を期待できる

タンニンの抗酸化作用が働くのは、肌細胞だけではありません。
体内のコレステロールの酸化を防ぎ、生活習慣病の予防に役立つと言われています。

もちろん、コーヒーを飲んだからといって、すぐにこれらの効果を実感できるわけではありません。
そのほかの健康対策とともに、日々の習慣として取り入れるのがおすすめです。

タンニンのデメリット

一方で、タンニンにはデメリットもあります。
3つのポイントをチェックしてみましょう。

歯に色素沈着する可能性がある

タンニンのデメリットとして挙げられるのが、歯の黄ばみ汚れです。
コーヒーを過剰に飲みすぎた場合、歯に色素が沈着し、落としにくくなってしまう可能性が考えられます。

鉄分の吸収を阻害する可能性がある

タンニンには、人間の体内で鉄イオンと反応しやすいという特徴があります。
つまり、鉄分をコーヒーと一緒に摂取すると、人体に吸収される前にタンニンと結び付いてしまうのです。

コーヒーが適正量であれば問題ないケースがほとんどですが、過剰に飲みすぎた場合には貧血を起こしてしまう可能性も。
慢性的な貧血で悩まされている人や、鉄分不足に陥りやすい人は、特に摂取量に注意しましょう。

腹痛や下痢を起こす可能性がある

タンニンに特徴的な作用のひとつが、「収れん作用」です。
腸の粘膜で起こるけいれんを抑える効果があると言われています。

適量であれば、つらい下痢症状を抑える効果が期待できます。
一方でタンニンを過剰に摂取しすぎた場合、腸粘膜の働き低下によって、便秘や腹痛の原因になってしまう恐れがあります。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

コーヒーのタンニンのデメリットを予防する方法

コーヒーを飲む際にタンニン摂取を避けるのは難しく、たとえカフェインレスを選択したとしても、コーヒー内にタンニンは含まれています。
タンニンがもたらすデメリットを理解した上で、予防対策を同時に取り入れるのがおすすめです。

ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使う

タンニンによる歯の着色汚れが気になる場合は、ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使ってみてください。

また、コーヒーを飲んだあとに水を飲むと、着色汚れが定着しづらくなります

セルフメンテナンスに限界を感じたときは、歯科クリニックでホワイトニング施術を受けるのもおすすめです。

コーヒーの飲みすぎに注意する

貧血や腹痛といったデメリットは、コーヒー摂取量の調整によって予防できます。
コーヒーの飲みすぎは、タンニンの過剰摂取の原因に。
またカフェインの過剰摂取による悪影響も、無視できません。
自身の体調も考慮しながら、ちょうどいい量を意識してみてください。

コーヒーは1日何杯までOK?飲みすぎに注意!

コーヒーのタンニンのまとめ

タンニンはコーヒーに含まれる成分のひとつです。
コーヒーを飲んだときに「苦い」と感じるのは、タンニンによるもの。
コーヒーの味を決定づける要素のひとつであり、私たち人間の体に、メリットとデメリットの両方をもたらします。

とはいえ、過剰に摂取しすぎなければ、貧血や腹痛といったデメリットが気になることは少ないです。
コーヒーにタンニンが含まれている事実を理解した上で、メリットを実感しやすい飲み方を実感してみてください。

毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE

C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RELATED ARTICLES

この記事に関連する記事はこちら

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています