イメージ写真

JOURNAL

COFFEE

コーヒーにポリフェノールは含まれる?美容に嬉しいメリットも

ポリフェノールというと、赤ワインやチョコレートを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
なんとなくカラダにいい…というイメージのポリフェノール、実はコーヒーにも含まれているんです。
この記事ではポリフェノールの基礎知識や、缶コーヒー、インスタントコーヒーにもポリフェノールが含まれているのか?などをご紹介します。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

コーヒーに含まれるポリフェノールとは?

「ポリフェノール」とは、植物が光合成によって作り出す抗酸化物質のことです。
植物が身の回りの菌や害虫から身を守るために生み出す成分で、植物の色味や苦味の源になっています。

ポリフェノールは健康や美容に欠かせないもの

コーヒーに含まれるポリフェノールは、健康や美容に欠かせないものです。

人間の体内では活性酸素が作られますが、活性酸素は体内に影響を及ぼし、老化や免疫の低下を引き起こすやっかいなもの。

抗酸化物質が含まれているポリフェノールには、活性酸素による悪い影響を防ぐことが期待されています。

コーヒーにはクロロゲン酸というポリフェノールがたっぷり

コーヒーにはクロロゲン酸というポリフェノールの一種が含まれています。
コーヒーの香りや苦味を作っているものの一つです。

クロロゲン酸には脂肪の吸収を抑えたり血糖値の上昇を抑えたりするなどの働きがあると言われており、コーヒーの健康効果として期待されている成分なんです。

コーヒーのポリフェノール量は赤ワインに匹敵

コーヒーと赤ワインのポリフェノールの画像

コーヒーのポリフェノール量は、赤ワインに匹敵する多さと言われています。

赤ワインには500種類以上の豊富な種類のポリフェノールが含まれています。
とはいえ赤ワインはアルコール、飲みすぎれば悪影響も考えられます。

コーヒーならアルコールを飲めない体質でもポリフェノールを気軽に摂取できるのが嬉しいメリットです。

インスタントや缶コーヒーにポリフェノールは含まれる?

インスタントコーヒーや缶コーヒー派の方にとっては、こちらにもポリフェノールが含まれているのか気になるところではないでしょうか。

ドリップコーヒー以外にもポリフェノールが含まれているのかを解説します。

インスタントコーヒーにもポリフェノールは含まれる

結論、インスタントコーヒーにもポリフェノールは含まれています。
ただし、ドリップコーヒーなどに比べると、含まれている量はやや少なくなります。

しかし、含有量にそこまで大きな差があるわけではないようです。
手軽で便利なインスタントでもしっかり健康効果が期待できるのは嬉しいですね。

缶コーヒーにも含まれるがカロリーに注意!

外出先でもすぐに飲める手軽さから、日常生活の中で缶コーヒーを飲む場面もあることでしょう。
この缶コーヒーにも、ちゃんとポリフェノールは含まれています。

ただし缶コーヒーで注意したいのがカロリーです。
加糖のものやカフェラテなどは思っている以上にカロリーや糖質が含まれていることも。

ポリフェノールが入っていてカラダに良いから…と、飲みすぎるのはNGです。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

大好きなコーヒーでボディメイクするならチャコールコーヒーがおすすめ

毎日を幸せな気分にしてくれるコーヒーでダイエットをサポートできたり、ボディメイクできるなら嬉しいもの。
体の余分なものを吸着して排出してくれるチャコール(炭)を配合したチャコールコーヒーを選べば、毎日のコーヒー時間が綺麗を作る時間に変わります。

体重や体型が気になるという人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

チャコールコーヒーの飲み方|飲むタイミングやダイエットの際に注意することは?

コーヒーのポリフェノールまとめ

今回は、コーヒーに含まれるポリフェノールについてご紹介しました。

ポリフェノールは、健康・美容に良い影響をもたらすもの。
アンチエイジングが気になる時にも積極的に摂りたい成分です。
インスタントコーヒーや缶コーヒーにもポリフェノールは含まれているため、意識して日常的に摂りたいものですね。

毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE

C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RELATED ARTICLES

この記事に関連する記事はこちら

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています