イメージ写真

JOURNAL

COFFEE

コーヒーは何歳から飲んでもOK?一般的な説を紹介

眠気覚ましや集中力アップ効果など、コーヒーを飲むメリットは多いもの。
とはいえカフェインを多く含む飲み物だから、子供に飲ませるのは心配…と思っている方も多いのではないでしょうか?
この記事ではコーヒーを飲めるのは一般的に何歳からなのか、また子どもに飲ませた場合どういった影響が懸念されるのかをわかりやすくお伝えします。
「親子で一緒にコーヒーブレイクを楽しんでみたい!」と思う方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

コーヒーは何歳から飲める?子供へのカフェインの影響

コーヒーは何歳から飲めるのだろう…という不安の裏にあるのは、カフェインが子供に与える影響への懸念です。
カフェインには、アルコールのように年齢制限が課せられているわけではありません。
法律上は何歳からでも摂取できますが、子供によっては、以下のような影響が強く出る可能性もあるとされています。

利尿作用でトイレが近くなる

コーヒーに含まれるカフェインには、利尿作用があることでも知られています。
幼い子供がコーヒーを摂取すると、トイレの間隔が短くなる可能性も。

ただし、たとえトイレが近くなったとしても、カフェインが原因で脱水状態に陥るリスクはほとんどありません。
「熱中症予防」や「スポーツ時の水分補給」など、積極的に水分を取り込む必要がある場面以外では、それほど神経質に考える必要はないでしょう。

覚醒作用で夜眠れなくなる

カフェインの作用でよく知られているのが覚醒効果です。
子供の場合、カフェインによる影響が長引き、夜の睡眠を妨げてしまう恐れもあります。
大人であっても、夕方以降のコーヒー摂取には注意が必要と言われています。
体の小さな子供の場合、さらに注意を払ってあげる必要がありそうです。

成長を阻害するというデータはない

親の立場で抱きがちなのが、「コーヒー摂取が原因で成長が阻害されたら…」という不安です。
しかし、コーヒーやカフェインそのものに、「子供の成長を邪魔する」というデータはありません。

カフェインが原因で睡眠不足の状態が続けば、間接的に影響が出る可能性はもちろんあります。
とはいえ、飲む時間や量に気を配り、きちんと眠れているようであれば、それほど不安に思う必要はないでしょう。

コーヒーは何歳ではなく体重を目安に

カフェインが子供に与える影響がわかったところで、気になるのは「具体的に何歳から飲ませて良いのか?」という点です。
一概に「○歳から」と言うことはできませんが、一般的には13歳以上、体重50キロを目安に解禁するのがおすすめです。
ほぼ大人と同じ体格に育ったら、大人と同じ感覚でコーヒーを楽しんで良いでしょう。

ただし、大人であってもカフェインの摂りすぎには注意が必要です。
1日2~3杯程度までにとどめておきましょう。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

コーヒー以外の飲み物食べ物も要注意

子供の生活に影響を与える可能性があるカフェインは、コーヒー以外にも、多くのものに含まれています。
コーヒーと同様に注意してください。

カフェインが含まれる食べ物

実はチョコレートには、カフェインが含まれています。
子供が好きなおやつの一種ですから、食べ過ぎには注意しましょう。

カフェインが含まれる飲み物

カフェインが含まれる飲み物は、コーヒー以外にも多くあります。
紅茶やココアのほか、コーラや清涼飲料水にもカフェインは含まれています。

特にジュース類は、気付かないままカフェインの過剰摂取になってしまう可能性があるので、含有量や摂取量に気を配ってみてください。

コーヒーを子供に与える場合おすすめの飲み方

大人と同じようにコーヒーを楽しめるようになるまでは、子供向けのアレンジを楽しむのがおすすめです。
こんな飲み方で一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか?

たっぷりのミルクでコーヒー牛乳

たっぷりのミルクを使ったミルクコーヒーは、コーヒーの苦みをマイルドにしてくれます。
摂取するコーヒー量が減るため、カフェイン摂取量も抑えやすくなるのもポイント。
またコーヒー牛乳なら、胃への刺激もマイルドになります。

豆乳などでラテに

牛乳が苦手、アレルギーで飲めない場合には、豆乳を使うと良いでしょう。
ソイラテは、マイルドさと豆乳ならではのコクで、大人にも人気のアレンジコーヒーです。
タンパク質も取れるので、親子一緒に楽しむのもおすすめですよ。

大好きなコーヒーでボディメイクするならチャコールコーヒーがおすすめ

毎日を幸せな気分にしてくれるコーヒーでダイエットをサポートできたり、ボディメイクできるなら嬉しいもの。
体の余分なものを吸着して排出してくれるチャコール(炭)を配合したチャコールコーヒーを選べば、毎日のコーヒー時間が綺麗を作る時間に変わります。

体重や体型が気になるという人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

チャコールコーヒーの飲み方|飲むタイミングやダイエットの際に注意することは?

コーヒーは何歳からのまとめ

「コーヒーは何歳から飲めるのか?」で悩んだときには、年齢と共に体重にも注目してみるのがおすすめです。
13歳を迎え、体重50キロを超えた場合、大人と同じようにコーヒーを楽しんで問題ありません。
それよりも年齢の低い子供に与えるときや、カフェインによる刺激が気になる場合には、コーヒーを少しだけ入れたミルクコーヒーや豆乳ラテを楽しんでみてくださいね。

毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE

C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RELATED ARTICLES

この記事に関連する記事はこちら

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています