イメージ写真

JOURNAL

COFFEE

コーヒーのクレマって何?自宅での簡単な作り方も紹介

エスプレッソコーヒーの表面に美しく浮いた「クレマ」。
エスプレッソコーヒーには欠かせない存在で、味の決め手と言っても過言ではありません。
今回はそんなクレマについて、その正体から発生する仕組み、自宅で手軽に楽しむ方法について解説します。
知ればコーヒータイムがもっと楽しくなるかもしれません。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

コーヒーのクレマとはエスプレッソの泡のこと

コーヒーの世界で耳にする「クレマ」とは、エスプレッソコーヒーを淹れた際の、いちばん上の泡を指します。
一般的な泡よりも濃密で、クリーミーに仕上がっている点が特徴と言えるでしょう。
ちなみにクレマのつづりは「CREMA」で、英語でクリームのことを意味します。
エスプレッソコーヒーの本場はイタリアですから、クリームではなくクレマと呼ばれるというわけです。

最適な条件でエスプレッソコーヒーを淹れると、混ぜても簡単にはへたらない上質なクレマが出来上がります。

クレマがコーヒー表面をしっかりと覆うことで、香りが飛ばないようにする役割もあるのです。

エスプレッソコーヒーでクレマができる理由

コーヒーの抽出方法はさまざまですが、クレマができるのはエスプレッソコーヒーを淹れたときのみです。
高い圧力をかけてコーヒーを抽出するエスプレッソでは、コーヒー豆に含まれる炭酸ガスが逃げ場を失うという特徴があります。
抽出が終わると一気に空気中へと放出され、滑らかなクリーム状になるというわけです。

ドリップコーヒーの泡はクレマではない

ドリップコーヒーを淹れようとした際にも、コーヒーの表面に泡が生じるケースもあります。
とはいえこちらは単なる泡で、クレマではありません。
クレマとは、エスプレッソならではのアクセントであると頭に入れておきましょう。

コーヒーのクレマは新鮮な豆の証

コーヒーとエスプレッソの画像

エスプレッソコーヒーの表面に現れるクレマは、私たちにさまざまな情報を与えてくれます。
その一つは、豆の鮮度についてです。

クレマを発生させるためには、豆に多くの炭酸ガスが含まれている必要があります。
しかし焙煎から時間が経ち過ぎていると、すでに炭酸ガスが抜けてしまっていて、うまくクレマが発生しません。
しっかりとした厚みがある濃厚なクレマが作れるのは、コーヒー豆が新鮮である証拠なのです。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

クレマの色でコーヒーの焙煎度もわかる

クレマの色は、コーヒー豆の焙煎度によって違ってきます。
浅煎りのコーヒー豆ではクレマの色は白っぽくなりますし、深煎りになればきれいなブラウンカラーに仕上がります。

自宅でコーヒーにクレマは作れる?

カフェで楽しむような美しいクレマがあるエスプレッソは、自宅でも作ることができるのでしょうか?
ここでは自宅でクレマを作る2つの方法をご紹介します。

簡単にクレマを作るならエスプレッソマシンを

自宅でクレマを作るのにもっとも簡単で失敗しない方法は、エスプレッソマシンを使う方法です。
自宅用のエスプレッソマシンは、1万円~3万円程度で購入できるものも多くあります。
本格的なエスプレッソコーヒーを楽しみたいなら、ぜひ検討してみてください。

マシンなしでクレマを作る裏ワザも

マシンを購入するのはちょっと…という場合には、ひと手間かけてクレマを再現してみましょう。
用意するものは、エスプレッソ用の小さめカップとインスタントコーヒー、砂糖とお湯のみです。

カップにインスタントコーヒーと砂糖を入れたら、お湯をスプーン1杯分注ぎます。
カップの中身をぐるぐると混ぜて、しっかり空気を含ませましょう。
とろみがついたら、静かに残りのお湯を注ぎ入れます。
うまく作るコツはお湯の温度にあり、80度程度にするのがおすすめです。

コーヒーのクレマまとめ

エスプレッソコーヒーに欠かせないクレマは、コーヒーの魅力をさらに高めてくれるアクセントの一つです。
お店でも自宅でも、ぜひ気軽に楽しんでみてください。
自宅でクレマを作る裏ワザを活用すれば、インスタントコーヒーの味のバリエーションも、さらに広がりそうですね。

毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE

C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RELATED ARTICLES

この記事に関連する記事はこちら

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています