C COFFEE

イメージ写真

JOURNAL

RECIPE

2022年4月のC COFFEEアレンジレシピ

【いちご練乳コーヒー】

ichigo_rennew
\ここがポイント/
この時期にピッタリないちごを使ったドリンクレシピです♡

ミルクとお砂糖の代わりに練乳を入れることで、甘さやコクがプラスされ、少量でも満足感のある1杯に。
いちごジャムは砂糖不使用のものを選ぶと、よりカロリーや糖質もカットできるので、選ぶ際には注意してみてください♪

《材料》(カップ1杯分)カップ1杯当たり約114kcal
・C COFFEE 小さじ1
・いちごジャム 大さじ1
・練乳 大さじ1
・お湯 130㏄

《作り方》
1.カップにC COFFEEといちごジャム・練乳を入れて、お湯を注ぎ、よく混ぜ合わせる。


【黒ごま抹茶ミルクコーヒー】

kurogoma_macha

\ここがポイント/
香ばしいごまと、ほろ苦い抹茶の風味がコーヒーとマッチした、和テイストのドリンク♡

牛乳は無脂肪牛乳を使うことで、カロリーや脂質をカットしました。
コーヒーと抹茶ミルクを順に注いでいくことでほんのり層になり、見た目もおしゃれになります。

《材料》(カップ1杯分)グラス1杯当たり約125kcal
★C COFFEE 小さじ1
★黒ねりごま 小さじ1
★はちみつ 小さじ1
★お湯 50㏄
・氷 適量
・無脂肪牛乳 120㏄
・抹茶パウダー 小さじ1
・お湯 30㏄

《作り方》
1.抹茶パウダーとお湯は混ぜ合わせておく。
2.耐熱グラスに★印の材料を入れて混ぜ合わせたら、氷をたっぷり入れる。
3.無脂肪牛乳を半量だけ2.のグラスにそっと注ぎ入れる。
4.残りの無脂肪牛乳に1.を加えて混ぜ合わせ、3.にそっと注ぐ。


【いちごとコーヒークリームのミルフィーユ風サンド】

ichigo_millefille
\ここがポイント/
旬のいちごを使った、見た目にも可愛いミルフィーユ風のスイーツレシピ!

サクッとしたパイ生地に、ジューシーないちごとほろ苦いコーヒークリームがちょうどいいバランスで、ついつい手が止まらなくなります♡
またコーヒークリームは甘さが控えめなだけでなく、無脂肪タイプのギリシャヨーグルトをメインに使っているのでカロリーや脂質がかなり抑えられており、とってもヘルシーです。

《材料》(4個分)1個当たり約105kcal
・冷凍パイシート(18cm×10cmのもの) 1枚
・粉糖 小さじ1
★ギリシャヨーグルト(無糖・無脂肪タイプ) 50g
★ホイップクリーム 大さじ1/2
★てんさい糖 大さじ1
★C COFFEE 小さじ1/2
・いちご 4個
・粉糖 適宜

《作り方》
1.冷凍パイシートは冷凍庫から出して15分ほどおき、柔らかくしておく。
2.クッキングシートの上で1.のパイシートを正方形になるよう8等分に切り、フォークで数箇所ずつ刺して穴をあけ、くっつかないように間隔を少し離して天板の上に置く。
     さらにその上にクッキングシート→天板や耐熱バットなど重しになるようなものの順にのせ、180℃に予熱したオーブンで15~20分ほどきつね色になるまで焼く。
3.一度取り出して粉糖を全体にふったら、230℃に温度を上げて5~10分焼き色がつくまで焼き、しっかり粗熱を取る。
4.ボウルに★印の材料を入れてよく混ぜ合わせ、いちごはヘタを取って洗い、水気をペーパーで取ったら縦半分に切る。3.のパイ生地で、クリームといちごを挟み、仕上げにお好みで粉糖を振る。


【キャラメルアーモンドコーヒーパンプディング】

caramel_panpudding
\ここがポイント/
おやつやコーヒータイムにはもちろん、朝食にもピッタリな一品♡

コーヒー味の卵液にパンを漬け込むことで、ちょっぴり大人な味わいが楽しめます!
また牛乳の代わりにアーモンドミルクを使うことでカロリーや脂質を大幅にカットし、香ばしいアーモンドの風味もUP!
シナモンパウダーやキャラメルシロップをトッピングすることで、さらにお店のような味になりますよ♪

《材料》(約2人分)1人分当たり約184kcal
・食パン(6枚切り) 1枚
★卵 1個
★てんさい糖 大さじ1
★C COFFEE 小さじ1
★アーモンドミルク 120㏄
・レーズン 10g
・アーモンドスライス 適量
・キャラメルシロップ 適量
・シナモンパウダー 適量

《作り方》
1.ボウルに★印の材料を入れて、よく混ぜ合わせる。
2.食パンをひと口大に切って耐熱皿に入れてレーズンを散らし、1.の卵液を回しかけたら、10分ほど染み込むまでおいておく。
3.2.にアーモンドスライスを散らし、トースターでこんがりと焼き色がつくまで焼いたら、仕上げにキャラメルシロップをかけシナモンパウダーを振る。

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています