イメージ写真

JOURNAL

INTERVIEW

C COFFEE Life #05 ヘア&メイクディレクター 早水 祥子さん

各業界でご活躍されているC COFFEEユーザーの方々に、ライフスタイルへのこだわりや、C COFFEEのある生活などについて伺います。

 


「美しさを作る仕事」最大の秘訣は、心身の健康

 明るい陽が差し込む中目黒のサロンで、柔らかい空気感と優しい笑顔のヘア&メイクディレクター早水さんが出迎えてくれました。
人を美しくするプロが、自分と周りのために気遣うライフスタイルとC COFFEEの相関性とは?

—ヘア&メイクディレクターという立場で、美容健康面にどう気遣っていますか?

「一日立ちっぱなしであること、常にお客様と向き合っていること、神経を使う作業であること。
これらの点を考えても、とにかく体が資本なので、元気に健康でいたいと常に思っています。
それは年齢を重ねるにつれ強く増していっているので、細かく変わる体調や健康管理を大切にして過ごしています。

今は、休日にホットヨガやパーソナルトレーニングに行くようにしているのですが、それも20代後半に、それまでとは体調や体型の変化が気になるようになって将来を見据えてダイエットを始めたことがきっかけでした。
それから15年、できるだけ運動は取り入れて生活しています。年々、気をつけていないと体型キープはできないと実感しているんです。美容師は時間が不規則な点もあって、意外と太りやすいんですよ。
だけど、体力がないと続かないので食べることも必須。髪や爪にも大切なタンパク質を、間食でも意識的に食べるようになど、心がけています。」

hayami_04

—「お客様を美しくする仕事」としてのこだわりや、ご自分で思う長所はありますか?

「できるだけ、自分もきれいでいたいと思って過ごしているところですかね。お客様も、きれいな人に美しくしてもらいたいと思ってらっしゃると感じますし、できれば人として憧れてもらえたらいいなとは思います。
髪だけでなく、肌などにも、手入れが行き届いてると感じていただけるよう気をつけています。

あとは、お客様一人一人に合わせた新しい情報を、ご来店時に必ず一つはお伝えするように毎回心がけています。
美容院で髪をきれいにするだけではなく、美しさのために有益な情報を持って帰っていただきたいからです」

hayami_02

—それはお客様も嬉しいですね!お忙しい時もコミュニケーションが必須な仕事ですが、その点で気をつけている点などはありますか

「次のお客様に移る時、流れるように動くのではなく、必ず一呼吸置くようにしています。
そして笑顔で挨拶し、前回ご来店時の感想やその後の様子を、まず聞くように心がけています。

若い時は余裕がなかったので、気難しい方やご意見をはっきり述べられる厳しい方は対応に難しさを感じた時もありましたが、自分が歳を重ねてからは、色々と思う部分を言っていただけることが、どれだけ私たちにとって大切でありがたいかと感謝できるようになりました。
壁を作らず、自分からオープンになることに苦手意識がなくなったのは、年の功かもしれないですね(笑)。」

hayami03

—ストレス解消法や、好きな休日の過ごし方はありますか?

「休みの日にヨガに行くことですね。あとは日帰り温泉に出かけたりもします。
もともとは海外旅行が好きでよく行っていましたが、コロナ禍は難しいので、
この状況があけたら『次どこへいきたいかを考える』ことが楽しみになり、最近それが趣味みたいになってきました(笑)。

今はギリシャのサントリーニ島へ行きたいです。
リゾート地が好きで、若い頃はハワイでサーフィン!とかもしていたのですが、大人になってからは、
素敵な街を散策してお茶ができるようなところをメインにして、海はたまに行くくらいがよくなりました。
歩くのと、カフェに行くのが好きなんです」

hayami_05

—コーヒーもお好きとのこと。決まって飲む時間や、こだわりの飲み方はありますか?

「はい。コーヒーは結構飲んでいると思います。最低でも、1日に3杯は飲みますね。まずは朝起きてすぐ、目覚めの1杯。
あとは通勤中にカフェにふらっと立ち寄って買ったりそのまま少し滞在したり、歩き途中は持参したタンブラーで飲んだり。
そのあとは休憩中に1杯ですかね。仕事中、少しの隙に飲んだりもするので、私の持ち物にはタンブラーが欠かせません。

C COFFEEに関しては、ブラックでもラテでも両方飲みます。タンブラー時はブラックが多いですが、
自宅で時間のある時は牛乳を鍋で沸かしてラテにします。栄養不足を感じる時に、あえて成分調整されていない純粋な牛乳を使うことで脂質を摂っています。
例えば食べ過ぎてしまった後やスイーツのお供として、その後のスッキリを期待して飲んだりもしています。」

—早水さんにとってC COFFEEライフはどういうものでしょうか?

「年齢とともに口にするものを気にするようになった私には、C COFFEEはとても普段の生活に取り入れやすいアイテムです。
職場でもタンブラーに入れて飲む時もありますし、運動後はあまり糖脂質を取らないように気を遣いたいので、デトックス作用の期待としてもC COFFEEに置き換えていたりします。
C COFFEEは、『体調管理の相棒』といったところでしょうか。」

hayami_06

\早水さんのオススメ飲み/
「時間のある時は、成分無調整の牛乳を沸かして、シンプルなホットラテで飲むのが好きです」

PROFILE

早水祥子さん 

美容師歴23年。青山や原宿などでのスタイリスト経験を経て、現在は中目黒のサロンalkuでディレクターとして活動中。
お客様一人一人のライフスタイルを伺った上で、「日々のお手入れが手軽にできるスタイリング提案」を得意とする。
ヘアだけでなく、 ヨガや美肌などの美容についても合わせて話をする『美しさ作りのサポーター』。

Instagram / @alku_shokohayami

 

毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE

C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RELATED ARTICLES

この記事に関連する記事はこちら

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています