イメージ写真

JOURNAL

RECIPE

Power Dish Vol.14 グリル蓮根とザクロのハーブサラダ

シンプルに秋の素材を噛みしめる大人のハーブサラダ。
旬のザクロはお肌のシミ防止に!スマホなどで目を酷使する現代人の目の疲れも癒してくれます。

〈材料:1〜2人分〉
  • 蓮根 120g 
  • 紫玉ねぎ 50g(中サイズ1/4個分)
  • しめじ 50g
  • ザクロ 100ccほど
  • イタリアンパセリ 20g
  • オリーブオイル  大さじ1と1/2
  • 赤ワインビネガー 大さじ1/2
  • 蜂蜜 小さじ1/2
  • 塩 小さじ1/2
  • 黒胡椒 少々

グリル蓮根とザクロのハーブサラダの作り方 

  1. 蓮根は丸めたアルミホイルでこすり泥、土を洗い流す。皮を少々残した状態で、1cm幅にスライスする。
  2. 紫玉ねぎはヘタとヒゲを取り皮をむく。繊維に沿って薄切りし、水をはったボウルに10分さらし、水を切る。
  3. しめじは手でほぐす。イタリアンパセリは2cmの長さに切る。
  4. ザクロ(柘榴)は先端を2cm程切り落とす。包丁で皮の表面に切り込みを数カ所入れ、手で開く。
    水を張ったボウルのなかで、実をほぐす。薄皮を浮かせ、取り除き、水を切る。
    (水を張ったボウルの中でほぐすときれいに取り出せます。)
  5. フライパンにオリーブオイルを入れ熱する。蓮根、しめじを入れ、じっくりと焼く。蓮根に焼き色がつき、しめじがしんなりしたら火を止める。塩ひとつまみ(分量外)と粗びき黒コショウをふり、余熱であえて取り出す。
  6. ボウルに赤ワインビネガー、塩、蜂蜜を入れ混ぜ合わせる。少しづつオリーブオイルを入れホイッパーで白っぽくなるまで泡立てる。
  7. 6.のボウルに紫玉ねぎ、蓮根、しめじを入れあえる。イタリアンパセリは盛り付ける直前に合わせる。器に盛り付け、最後に柘榴を散ら

POINT! 
ザクロは老廃物を排出する作用を持つカリウムの含有量も豊富です。身体の新陳代謝を高め、むくみを解消したり、血圧上昇を抑制したりしてくれます。
眼精疲労にも効果的でスマホ、パソコン疲れにおすすめです。
(調理時間:20分)

毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE

C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RELATED ARTICLES

この記事に関連する記事はこちら

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています