イメージ写真

JOURNAL

RECIPE

Power Dish Vol.12 ハーブとシーフードの生春巻き

カラフルな食材が透けて涼しげな生春巻きは初夏のパーティーにもぴったり!
皮膚に潤いを与えてくれるゴマだれはアンチエイジング効果も。

〈材料:2人分〉
  • 海老(ブラックタイガー)  2尾
  • コウイカ(3㎝角切り)  6枚(1/2杯)
  • サニーレタス・紫蘇  各4枚
  • きゅうり 1/3本
  • アボカド 1/4個
  • イタリアンパセリorディル お好みで
  • 生春巻きの皮 4枚
  • かぼすorライム 適量
  • スィートチリソース(市販)  お好み量

〈ごまだれ A〉

  • 白ねりごま 大さじ1
  • しょうゆ・お酢 各小さじ1/3
  • きび砂糖・水 各小さじ1


ハーブとシーフードの生春巻きの作り方
 
〈エビ下準備〉
1. 小鍋に300mLの湯を沸かし、酒大さじ1(分量外)を入れ火を止める。
2. エビは殻を剥き、尾も外す。背中に切り込みを入れ、背ワタを取り除く。
3. 1にエビを入れ、蓋をして、余熱で20分ほどおき火を通す。
4. 鍋から取り出し冷ます。半分にスライスする。

〈作り方〉
1. サニーレタスは巻きやすい大きさにちぎる。きゅうりは縦に4等分し、さらに3等分しスティック状にする。
   アボカドは薄くスライスする。紫蘇はしっかり洗い茎を切る。かぼすは1/2にカットする。
2. 生春巻きは霧吹きで濡らし(さっとぬるま湯に潜らせても良い)乾いたまな板に乗せる。
3. 紫蘇、レタス、きゅうりを手前に。えび(イカ)、アボカド、ハーブ類を奥にのせ、両サイドを内側に折りたたんでから、手早く手前から奥に向かって巻く。
4. ごまだれの材料  全てを混ぜ合わせ、器に入れる。
5. 生春巻きと器に並べ、ごまだれ、お好みでスイートチリソース、かぼすを添える。


POINT! 
白胡麻は肺に潤いを与え、外からのウイルス感染から守ってくれる食材。肌や皮膚に潤いを与え、便秘予防にも役立ちます。
ごまだれにカボスを絞るとジューシーで美味しい!(調理時間:30分)

毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE

C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RELATED ARTICLES

この記事に関連する記事はこちら

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています