イメージ写真

JOURNAL

RECIPE

Power Dish Vol.7 みかんと蕪(かぶ)のビタミンサラダ

蕪(かぶ)は胃腸を温める食べ物として注目されています。
特に胃が重たいときや、冷えからくる腹痛に良い働きがあります。
胃がどんよりと重たい、咳が出やすい方にオススメの食材です。

 
〈材料:2人分〉
●蕪 80g(中1個くらい)
●塩 小さじ1/3弱
●みかん 1〜2個(小1.5個くらい)
●蕪の葉 2本
●クリームチーズ 15g
●ローストくるみ お好み量(4つ)

〈ドレッシング〉
●オリーブオイル(サラダ油でも可) 大さじ1/2
A
●白ワインビネガー 小さじ2/3
●塩 小さじ2/3
●マスタード 小さじ2/3
●砂糖 少々
●胡椒 少々

サプリのように美容効果が期待できちゃうビタミンたっぷりなサラダ!
みかんは、寒さで縮こまってしまう心身のイライラや不安も吹き飛ばしてくれます。

みかんと蕪(かぶ)のビタミンサラダの作り方
 
  1. 蕪は葉の付け根を1cm程度残し、葉を切り落とす。根元の細い部分を切り落とす。放射状に薄めのくし切りにする。
    水の入ったボウルの中で竹串を使って、軸元の汚れを落とします。
    (蕪の葉の付け根は一番旨味があります。葉の根元は、竹串を使って土を洗い流しましょう!)
  2. ボウルに塩と1を入れ、もみ込み10分ほどおく。キッチンペーパーで水気を拭き取る。
  3. 蕪の茎はみじん切り、葉も1cm幅に切る。
  4. みかんは皮をむき、白いスジをとる。横むきに4等分以上にスライスする。
  5. 小さなボウルにオリーブオイルを入れる。スプーンでかき混ぜながら、Aを順に入れかき混ぜる。
  6. 器に蕪、みかん、蕪の葉を盛り付け、クリームチーズを散らす。
    ドレッシングをかけ、くるみを砕いて散らす。

POINT!   
酸っぱいみかんの時には、ビネガーは控えめにね!
(調理時間 15分)

教えてくれたのは

料理研究家/ベジタブル&フルーツアドバイザー 高橋千帆さん

北海道生まれ。二女の母。「医食同源」の考えを基に、家庭でも簡単に美味しく作れる、カラダが喜ぶ料理を研究している。料理家たかはしよしこ氏の「エジプト塩」スタッフとしても活躍。企業のフードスタイリングも手がけ活躍の場を広げている。

instagram / @this_is_chihotakahashi

毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE

C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RELATED ARTICLES

この記事に関連する記事はこちら

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています