イメージ写真

JOURNAL

RECIPE

Power Dish Vol.6 キャベツと手羽中の美肌スープ

栄養の宝庫、冬のキャベツたっぷりのお腹に優しいスープです。
風邪の予防はもちろん、肌荒れや美肌効果も期待できるスープで
この冬ピカピカのお肌に!

〈材料:2〜3人分〉
●手羽中 8〜9本(1パック)
●生姜 1片
●キャベツ 270g(小1/4個)
●にんじん 50g(小1/2個)
●酒 大さじ2
●ごま油 小さじ1
●塩・コショウ 適宜
●パセリ・粗びき黒こしょう お好みで

A
●水 500cc
●塩 小さじ1と1/3


薬膳では「食べる薬」と言われる食材のキャベツ。ビタミンC・ビタミンUが豊富で寒い時期の風邪対策にはうってつけです。

キャベツと手羽中の美肌スープの作り方
 
  1. 手羽中にひとつまみの塩をふりキッチンペーパーで水気をふきとる。
  2. 生姜はスライスする。キャベツは芯をつけたまま2等分する。にんじんは手羽中と同じような大きさに切る。
  3. 鍋に手羽中を入れ、酒をふりかけ混ぜ合わせる。
  4. ❸にA(水と塩)、生姜を入れ中〜強火にかける。沸騰してきたら灰汁をとり3分ほど熱する。
  5. ❹に、ごま油、にんじんを入れ、鍋に蓋をして(吹きこぼれに注意しながら)中火で10分煮込む。
  6. 一度火を止め、少し具材を寄せながらキャベツを鍋底に入れる。蓋をして再び中火で7〜8分煮る。塩・コショウで味を整える。
    器に盛り付け、黒胡椒をふる。最後にパセリを盛り付ける。

POINT!   
キャベツは芯をつけたまま鍋底に! いい出汁がでます!

(調理時間 25分)

教えてくれたのは

料理研究家/ベジタブル&フルーツアドバイザー 高橋千帆さん

北海道生まれ。二女の母。「医食同源」の考えを基に、家庭でも簡単に美味しく作れる、カラダが喜ぶ料理を研究している。料理家たかはしよしこ氏の「エジプト塩」スタッフとしても活躍。企業のフードスタイリングも手がけ活躍の場を広げている。

instagram / @this_is_chihotakahashi

毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE

C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RELATED ARTICLES

この記事に関連する記事はこちら

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています