C COFFEE

イメージ写真

JOURNAL

RECIPE

PowerDish Vol.2 カボチャとリンゴのポタージュ

冷房で冷えきった身体に染み入るカボチャとリンゴの ポタージュスープ。
カボチャと玉ねぎが胃腸の調子を整え 夏の疲れをとってくれます。お子さまにも!

〈材料:2人分〉
  • カボチャ     200g
  • 玉ねぎ      80g(1/4個)
  • りんご      60g(1/4個)
  • ご飯(冷やご飯) 40g
  • バター      大さじ1
  • 塩        小さじ1
  • 牛乳       250ml
  • パセリ 適量

A

  • 水        250ml
  • コンソメスープの素 1個
  • ローリエ(あれば) 1枚


<付け合わせ>

 フランスパン      1/4本

B

  • オリーブオイル     大さじ1/2
  • バター         大さじ1/2
  • ニンニク(すりおろし) 1片

かぼちゃは体を温めて胃腸の消化吸収を促すので なんとなくだるい時、 体力をつけたい時に おすすめです。


カボチャとリンゴのポタージュの作り方
 
  1. カボチャはタネとワタを取る。皮を削ぎ、薄切りする。 
  2. 玉ねぎは薄切りする。
  3. りんごは皮を剥き、芯を除き薄切りする。
  4. パセリはみじん切りする。
  5. 厚手の鍋にバターと玉ねぎを入れ、中火でしんなりするまで炒める。
  6. カボチャとりんご、ご飯、A(水・コンソメスープの素・ローリエ)、塩を入れて蓋をして10分〜15分煮込む。
  7. 6の蓋を開け、材料が柔らかくなっていたら、ローリエを取り出す。
  8. ハンドブレンダー(またはミキサー)で滑らかになるまで撹拌する。
  9. 牛乳を加え木ベラで混ぜ合わせる。

<付け合わせのガーリックトースト>
 
  1. 小さなフライパンにBを入れ中火にかけ、バターが溶けフツフツしたら火を止める。 
  2. フランスパンを切り、1をパンの表面に塗りトーストする。 

(調理時間 30分)

教えてくれたのは

料理研究家/ベジタブル&フルーツアドバイザー 高橋千帆さん

北海道生まれ。二女の母。「医食同源」の考えを基に、家庭でも簡単に美味しく作れる、カラダが喜ぶ料理を研究している。料理家たかはしよしこ氏の「エジプト塩」スタッフとしても活躍。企業のフードスタイリングも手がけ活躍の場を広げている。

instagram / @this_is_chihotakahashi

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています