C COFFEE

イメージ写真

JOURNAL

RECIPE

PowerDish Vol.1 かぼすと鯛のサマーセビーチェ

火を使わずにつくる夏野菜たっぷりのシーフードマリネ。むくみを予防したりお腹の調子を整えてくれます。キンキンに冷えたワインにもぴったりです!

〈材料:2人分〉
  • きゅうり 1本
  • 黄パプリカ(小) 1つ(60g)
  • 赤玉ねぎ 1/4個(45g)
  • パクチー 2束
  • ミニトマト 3〜4つ(70g)
  • 万願寺とうがらし(小) 2本  ※万願寺とうがらしは青唐辛子に変更可能。
  • とうもろこし 1/2本
  • かぼす 1つ
  • 鯛(刺身用) 70g
  • オリーブオイル 大さじ1.5
  • 塩 適量

 ✳︎白ワインビネガー 大さじ1/2  ✳︎パプリカパウダー ひとつまみ  ✳︎メープルシロップor蜂蜜 小さじ1


8月はスズキも旬。鯛以外でも季節の魚で試してね!

 
かぼすと鯛のサマーセビーチェの作り方
  1. 鯛の表と裏にそれぞれ塩ひとつまみを振る。10分ほど置き、キッチンペーパーで水気を拭き取って薄切りにする。
  2. きゅうりは縦に切り種を取る。さらに縦2等分し1cm角に切る。
  3. パプリカも半分に切り、種を取り1cm角に切る。
  4. 玉ねぎ、パクチーは粗みじん切りする。ミニトマトは種を取り、他の材料と同じ大きさに切る。
  5. 万願寺とうがらしはヘタを切り、竹串で中の種を取り除き、小口切りにする。
  6. 2〜5をボウルに入れ、小さじ1/2弱の塩を振り混ぜ合わせる。
  7. かぼすは半分に切り、飾り用に1枚スライスする。それ以外は絞る。
  8. とうもろこしはヒゲを取って洗い適当な大きさに切る。表面にオイル(分量外)を塗り、塩少々を振ったら、魚焼きグリルで8〜10分(様子を見てひっくり返しながら)中火で焼く。
  9. 6に1を入れ、オリーブオイルを入れ混ぜ合わせたら、塩小さじ1/2、カボス果汁、✳︎(白ワインビネガー/パプリカパウダー/メープルシロップor蜂蜜 )を入れ混ぜ合わせる。
  10. 塩で味を整え、器に8、9、スライスしたかぼすを盛り付ける。
    (万願寺とうがらしを青唐辛子に変えると、ピリリとスパイシーに!)

調理時間30分

教えてくれたのは

料理研究家/ベジタブル&フルーツアドバイザー 高橋千帆さん

北海道生まれ。二女の母。「医食同源」の考えを基に、家庭でも簡単に美味しく作れる、カラダが喜ぶ料理を研究している。料理家たかはしよしこ氏の「エジプト塩」スタッフとしても活躍。企業のフードスタイリングも手がけ活躍の場を広げている。

instagram / @this_is_chihotakahashi

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています