イメージ写真

JOURNAL

BEAUTY

コーヒーは便秘に効く?飲み方と注意点を紹介

便秘で悩んでいる人に、おすすめしたい飲み物の一つが「コーヒー」です。
日常的に飲んでいるコーヒーにそんな効果が期待できるなんて、意外に思う人もいるかもしれません。

この記事ではなぜコーヒーに便秘解消効果が期待できるのか、どのように飲めば効果的なのか、わかりやすく解説します。
毎日の習慣を、上手に便秘対策へとつなげていきましょう。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

コーしたい含まれる便秘解消が期待できる成分とは

まずは、なぜコーヒーが便秘対策に有効なのか、その秘密に迫りましょう。
コーヒーに便秘解消効果が期待できる理由は、その成分にあります。
2つの成分とそれぞれの働きを紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

便秘に効く成分①カフェイン

コーヒーに含まれる成分として、特に有名なのがカフェインです。
「眠気覚まし」や「利尿作用」が有名ですが、実は便秘対策としても有効だと言われています。

カフェインを摂取すると胃腸が刺激され、便を送り出そうとする蠕動運動が活発になるためです。

またもう一点注目したいのが、カフェインによる「迷走神経」への作用です。
迷走神経とは副交感神経の一種で、人間の内臓の働きをコントロールしていると言われています。
これがコーヒーによって刺激されることで、スムーズな排便につながるという説があるのです。

便秘に効く成分②コーヒーオリゴ糖

コーヒーオリゴ糖とは、コーヒーに含まれるオリゴ糖の一種です。
オリゴ糖は腸内で、乳酸菌を始めとする善玉菌のエサになります。
これにより善玉菌優位の腸内環境を作ることで、腸内環境の改善が期待できると言われています。

便秘解消に効果的なコーヒーの飲み方

便秘解消に効果的なコーヒーの飲み方の画像

便秘解消効果を狙ってコーヒーを飲むなら、ぜひ以下の3つのポイントを意識してみてください。
便秘解消に効果的な飲み方について解説します。

アイスよりホットで飲む

まずはコーヒーの温度についてですが、便秘対策を意識するなら、アイスよりもホットがおすすめです。
またコーヒー特有の香りも、アイスよりもホットの方が際立つため、香りによるリラックス効果も期待できます。

温かい飲み物を体に入れることで、全身の血流も良くなります
腸内の蠕動運動を促すきっかけにもなるでしょう。

コーヒー牛乳にする

普段コーヒーを飲みなれていない人が、便秘解消のためにいきなりブラックコーヒーを飲むとカフェインの刺激を感じてしまうかもしれません。
その場合はミルクを加えてコーヒー牛乳やカフェラテにすれば、カフェインの刺激もマイルドになります。

牛乳に含まれている乳糖も、便秘対策に有効な成分の一つです。
コーヒーと牛乳との割合は、好みで調整してみてくださいね。

食物繊維や乳酸菌入りのコーヒーを選ぶ

コーヒーで便秘解消したいなら、食物繊維や乳酸菌など便秘解消をサポートする成分が入ったコーヒーを選ぶのもおすすめです。

最近注目を集めているのは、さらにチャコールが配合されたコーヒー。
余分なものを吸着してくれるチャコールや食物繊維などの効果で、すっきりが期待できるコーヒーとして人気を集めています。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

便秘解消のためにコーヒーを飲むべき時間帯は?

コーヒーを飲むべき時間の画像

便秘解消を目的にコーヒーを飲むなら、「朝」を選ぶのがおすすめです。
朝は胃腸が活発に動きやすい時間帯ですが、そのためにはまず、胃腸をしっかりと起こすことが大切です。
朝にコーヒーを飲めば、その香りやカフェインによって、刺激を与えられるでしょう。

もともとコーヒーは、「朝に楽しんでいる」という方も多いのではないでしょうか。
同じ朝でも、コーヒーを飲むタイミングを「出かける直前」から「起きてすぐ」へと変更するだけでも、排便のための時間を確保しやすくなります
コーヒーを飲むタイミングについても、ぜひ意識してみてくださいね。

便秘解消目的でコーヒーを飲む時の注意点

上手に飲めば、便秘解消効果を得られるコーヒーですが、飲み方を誤るとデメリットの方が大きくなってしまう可能性も。
2つの注意点についても、ぜひ頭に入れておいてください。

過剰な飲みすぎは逆効果

便秘解消したいからといって、コーヒーの飲みすぎは逆効果です。
コーヒーに含まれるカフェインには利尿作用があり、飲めば飲むほど尿意が刺激されてしまう可能性があります。

尿として排出される水分量が増え、体が水分不足に陥れば、便秘を悪化させてしまう恐れも。
コーヒーだけを飲みすぎるのではなく、その他の飲み物と組み合わせて楽しむのがおすすめです。

またコーヒーを飲みすぎると、カフェインの過剰摂取につながってしまいます。
夜の眠りが浅くなったり、カフェインの影響で気分が悪くなったりと、悪影響も予想されますから、ぜひ「適量」を意識してください。

コーヒーは1日何杯までOK?飲みすぎに注意!

アイスコーヒーは体を冷やす可能性も

「ホットコーヒーよりもアイスコーヒーの方が好み」という方もいるでしょう。
ホットでもアイスでも、コーヒーから摂取できる成分に変わりはありません。

ただしアイスコーヒーばかりを飲んでいると、体の内側から冷えてしまう可能性も。
冷えによる内臓機能の低下を防ぐためには、ホットコーヒーの方がおすすめです。

暑い日にはアイスを楽しみつつ、基本はホットで楽しみましょう。

便秘とコーヒーのまとめ

日常的に飲むコーヒーには、便秘解消効果が期待できます。
飲むタイミングや飲み方も意識しながら、ぜひ便秘対策に取り入れてみてください。

より便秘解消効果を期待するなら、チャコールや食物繊維、乳酸菌などが含まれたコーヒーを選ぶのがおすすめです。
コーヒーを活用して、すっきりを手に入れてくださいね。

毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE

C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RELATED ARTICLES

この記事に関連する記事はこちら

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています