イメージ写真

JOURNAL

BEAUTY

美肌に良いビタミン5選!撮るタイミングや注意点も紹介

綺麗な肌を作るためにはビタミンは必須!と知ってはいても、必要なものをきちんと摂れているケースは少ないかもしれません。
特に食べ物だけで必要なビタミンをカバーするのは至難の業。
適宜サプリなどでも補いつつ、体内でビタミンが不足しないようにしたいものです。
今回は美肌を作るために摂っておきたいおすすめのビタミンと、豊富に含まれている食べ物もご紹介します。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

ビタミンは体内で合成できない

そもそもビタミンは人間の体の中で作れないことをご存知ですか?
体内で合成することができないため、必ず外から取り入れる必要があるのです。

またビタミンには摂りすぎても体の外に排出される「水溶性ビタミン」と体に蓄積される「脂溶性ビタミン」があり、脂溶性の場合は摂りすぎるのも良くないので注意が必要です。
そう考えるとちょっと不安になってしまいますが、基本的には食事やサプリを意識するだけで大丈夫。

美肌や健康に必須のビタミンをおさえておきましょう。

美肌に良いビタミン5選

ニキビやシミのない綺麗な肌を作るためには欠かせないビタミン。
ビタミンにはそれぞれが補いあって働くという性質もあるため、どれか一つだけを沢山摂ってもほかが足りていなければ十分にその力が発揮されない可能性もあります。

肌の健康を保つためのビタミンをバランスよく摂るのが美肌作りのためのポイントです。
ここからは美肌のために摂っておきたい5つのビタミンをご紹介します。

コラーゲン生成に必須「ビタミンC」

美肌に必要なビタミンで一番先に思い浮かぶのはビタミンCではないでしょうか。
メラニン色素の生成を抑えてシミやそばかすが出来にくくする作用があるため、白い肌を保ちたい場合には欠かせないビタミンです。

またコラーゲンの生成にもビタミンCが必要なので、ハリのある肌を保つためにも積極的に摂りたいもの。
水溶性で一度に摂っても排出されてしまうため、こまめな摂取が必要です。

【ビタミンCが豊富な食べ物】
赤ピーマン・ブロッコリー・キウイフルーツ・イチゴ・菜の花など

ビタミンCは熱に弱いため、サラダなどでそのまま食べるのがおすすめです。

脂質の代謝に関わる「ビタミンB2」

ビタミンB群も美肌を作るためには欠かせない栄養素ですが、中でも大切なのがビタミンB2とB6です。
ビタミンB2は肌や粘膜の健康を維持し、ターンオーバーを促すといわれています。
また脂質の代謝にも関わっているためダイエット中には特に摂りたいビタミンでもあります。

【ビタミンB2が豊富な食べ物】
豚レバー・うなぎ・ブリ・モロヘイヤ・納豆など

ビタミンB2は魚類に豊富に含まれていますが、うなぎやブリなどは脂肪分も多いためダイエット中はモロヘイヤや納豆、レバーがおすすめ。

肌を作る「ビタミンB6」

ワークアウトのお供にプロテインを飲んでいるなら、一緒に摂りたいのがビタミンB6です。
ビタミンB6はアミノ酸を再合成するための補酵素として働くため、摂取したタンパク質をお肌に作り変えるためには必須のビタミン。

【ビタミンB6が豊富な食べ物】
豚ヒレ肉・鶏ささみ・かつお・まぐろ・玄米・バナナなど

低脂肪の肉に多く含まれているのでダイエット中でも摂取しやすいビタミンです。
主食を玄米ご飯にするのもおすすめ。

抗酸化作用を持つ「ビタミンE」

抗酸化作用を持つビタミンEも、美肌作りに欠かせないビタミンの一つです。
年齢を重ねると発症しやすくなる疾患を予防したり、細胞膜を若々しく保ったりすることから「若返りのビタミン」とも呼ばれています。
さらに血行促進作用もあり、メラニンの排出を促すのでビタミンCと合わせて摂るのがおすすめ。

【ビタミンEが豊富な食べ物】
卵・アーモンド・アボカド・オリーブオイルなど

ビタミンEが豊富な食べ物は比較的カロリーも高いことが多いのでダイエット中は食べすぎに注意。
おやつをアーモンドにするなどの置き換えも良さそうです。

ストレスから肌を守る「ビタミンD」

美肌を作るために意外と盲点になりがちなのがビタミンDです。
ビタミンDは骨密度を高めるために必要なほか、環境的なストレスから肌を守ったり傷の修復を助ける作用もあるといわれています。
日光浴や食事から大人が十分な量を摂るのは難しいとされているので、ビタミンD配合の食品やサプリを活用するのも手です。

【ビタミンDが豊富な食べ物】
卵・しいたけ・あん肝・しらす干し・エリンギなど

しいたけやエリンギなどキノコ類に含まれているので、ダイエット中はキノコ類でカロリーを押さえながら摂るのがおすすめ。

毎日のコーヒーで理想の身体へ

ビタミンを摂るのにおすすめのタイミング

ビタミンをサプリで摂る場合、どうせなら一番効果的なタイミングで摂りたいもの。
おすすめのタイミングは吸収が良く胃腸に負担がかかりにくい「食後」です。

またビタミンBやビタミンCなどの水溶性ビタミンの場合は一度に沢山飲んでも排出されてしまうため、1日3回程度に分けて飲むのがおすすめです。

ビタミンは食べ物とサプリどっちで摂るべき?

ビタミンを摂るとき、食事とサプリどちらで摂るのが良いか悩むこともあるのでは?
食事で全てのビタミンをバランスよく摂ろうとするとどうしても食べる量が増えてカロリーオーバーしがちです。
また水溶性ビタミンはカラダの中に留めておけないため、継続して摂るのは食事だけでは難しいでしょう。

食べ物から摂るほうがカラダへの負担が少なく吸収されやすいとはいえ、ある程度はサプリやビタミンを添加した食品で補う必要がありそうです。

ビタミンをサプリメントで摂るときの注意点

サプリでビタミンを摂取するとき注意したいのは摂りすぎです。
サプリは大量に摂取すると肝臓に負担がかかってしまうため、早く効果を出したいからといって沢山飲むのはNG
過剰に摂取してもカラダに負担がかかるだけで美肌になれるわけではないため、摂取量の目安はきちんと守って取り入れていきましょう。

ビタミンを取り入れてストレスに強い美肌に

肌にも健康にも必須のビタミン。
食事だけで補えていない場合は、うまくサプリメントを使うのがおすすめです。

必要なビタミンをしっかり補給して、日差しやストレス、加齢に負けない美しい肌を作りましょう。

毎日のコーヒーでカラダを変える新習慣、C COFFEE

C COFFEEに入っているのは上質な“チャコール(炭)”を始め、美容と健康に良いものだけ。すっきりした毎日を過ごすためにいらないものだけをカラダの外に出す、シンプルで洗練されたコーヒーです。毎日のコーヒーでカラダと心のコンディションを整える。飲むたびに理想の自分に近づけてくれる、新しい習慣です。

RELATED ARTICLES

この記事に関連する記事はこちら

RECOMMEND

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読まれています