FEATURE

COFFEE BEANS ブラジル産コーヒー豆100%

写真

厳格な品質管理を徹底

C COFFEEのコーヒー豆は世界一のコーヒー生産量を誇るブラジルで生豆の検査から始まり、全ての工程が厳しく管理されています 。

図

■C COFFEEができるまで

  • 抜き取り検査

    高度な訓練を受け、正確に品質を評価するためのコーヒー製造関係者の国際的な資格「Qグレーダー」を有する担当者が、高い品質を保証するために、水分含量や欠陥・風味を確認する生豆の抜き取り検査を行っています。

  • カッピング

    ワインソムリエのように、感覚的な特徴を見極めることができる熟練のテイスターたちが、舌でコーヒーの味を確かめ、香りを嗅いで行う「カッピング」を複数回実施。 豆が基準を満たしているかどうかを調べる重要な工程です。

  • 冷凍濃縮

    香りの消失を最低限に抑えるための工程として冷凍濃縮を導入。まだ世界でも例が少ない製法と言われ、冷凍濃縮では凍結温度で濃縮するため、コーヒーが本来もつ香りと味わいを損なわずに済むことが特長です。